MW100にパルス入力モジュールを装着して積算する場合、演算オプション(仕様コード: /M1)は必要ですか?

MW100にパルス入力モジュールを装着した場合、パルス入力モジュール積算用の演算が使用できますので、演算オプション(仕様コード: /M1)を指定する必要はありません。ただし、積算以外の演算を併用される場合には、演算オプション(仕様コード: /M1)をご指定ください。また、流量積算の帳票(時報、日報、週報、月報)や、電力積算の積算棒グラフなどは、レポート機能(仕様コード: /M3)で実現できます。レポートデータは、テキスト形式で保存されますので、データ収集後にExcelやプログラムを組んで、任意の帳票フォームに編集することも可能です。

関連製品&ソリューション

DAQMASTER™シリーズ MW100

Webブラウザの特性を活用することで、複数箇所での情報共有を実現し、施設管理/設備監視に最適な広域分散型の遠隔監視/データ収集システムを構築できます。

トップ