PMSソリューションの導入

お客様から寄せられたPMSソリューションの導入について、よくある質問をご紹介いたします。課題解決にご活用下さい。


Q1:予算の関係から一度に導入できないので、段階的に導入したいのですが・・・。

A1:CIMVisionPMS では、共通フレームワークの採用とシームレスなデータ連携により販売管理、原価管理をはじめ、他のCIMVision製品との連携導入や段階導入が非常に容易です。


Q2:小型品は見込生産、装置品は受注生産を行っているがどちらにも対応可能でしょうか?

A2:中長期(月次・順次)と日次計画の連動による計画立案及び製番手配への対応によって、見込生産、受注生産、その混合型などの各種生産計画立案形態に対応が可能です。 また、 スケジューラと連携し、工程負荷の最適調整ができます。


Q3:今のシステムは、バッチで処理しているので、現場の状況が即座に把握できません。迅速な現場の見える化は可能でしょうか?

A3:工程毎の実績収集はもちろん、工程手順や投入手順ごとの入力にも対応していますので、製造実績や作業進捗をきめ細かく管理できます。 また、在庫推移を加味した払出予定の作成、着手予定の製造計画に対する中間品・原材料の品揃え状態が確認でき、余計な在庫の確認作業や、欠品の発生をなくします。


関連製品&ソリューション

PMSソリューション

経営視点での生産・原価管理に強いERPと生産スケジューラなど、業種にフォーカスした基幹業務ソリューションを提供します。

トップ