濁度計 TB700GとTB700Hの使い分けについて

TB700G 透過散乱形濁度計とTB700H 高感度透過散乱形濁度計の主な違いは、下表のとおりです。

項目 TB700G
透過散乱形濁度計
TB700H
高感度透過散乱形濁度計
出力レンジ 最小レンジ:0~2度
最大レンジ:0~2000度
最小レンジ:0~0.2度
最大レンジ:0~2度
ゼロ濁度フィルタ 1μm(200度以下の場合)
1μm+0.2μm(公定法対応の場合)
1μm+0.2μm
脱泡槽 一般用脱泡槽 加圧形脱泡槽
洗浄装置 自動浄水洗浄
超音波洗浄
自動ワイパ洗浄
自動浄水洗浄

TB700G 透過散乱形濁度計は、膜処理プラントを除く幅広いアプリケーションに使用できます。
TB700H 高感度透過散乱形濁度計は、浄水場のろ過水や膜処理水など低濁度測定が必要なアプリケーションに最適です。

関連製品&ソリューション

透過散乱形濁度計 TB700G

透過散乱形濁度計は、色の影響を受けない高精度測定が可能な測定方式を採用しています。浄水場の操業・管理用以外にも、各種産業における水の測定・管理用として広く使用されています。

高感度透過散乱形濁度計 TB700H

透過散乱形濁度計の特徴を生かしたまま、より高感度(最小レンジ:0-0.2度)を実現させました。

トップ