横河電機株式会社
横河ソリューションサービス株式会社

導電率検出器の種類と測定範囲

導電率検出器は、大きく分けて「電極式」と「電磁式」があります。
さらに、電極式検出器は「2電極式」と「4電極式」に分けられます。
それぞれの検出器のセル定数、最小測定レンジおよび最大測定レンジを下表に示します。

検出器の種類と測定レンジ一覧

導電率検出器の測定方式による大まかな使い分けを下記に示します。

2電極式: 一般的な導電率検出器で、水道水や工業用水などの低導電率の液体の測定に適しています。

4電極式: 汚れや分極の影響を受けにくい測定法式です。
工場排水や下水など汚れの厳しいアプリケーションに適しています。

電磁式: 電極が樹脂で覆われていて測定液に直接触れることがありません。
酸やアルカリなどの腐食性液体や汚れの厳しい液体の測定に適していますが、純水など低導電率液体の測定には不向きです。

関連製品&ソリューション

導電率検出器 SC210G

各種産業で幅広く使用されている2電極式導電率検出器です。

測定可能範囲:0~0.5 μS/cm から 0~20 mS/cm

導電率検出器 SC4AJ

半導体・食品・医薬品・電力の純水の抵抗率測定など、各種産業で幅広く使用されています。SA11 SENCOMアダプタを付けることで、デジタル通信に対応します。

測定可能範囲:0~0.5 μS/cmから0~1 mS/cm

導電率検出器 SC8SG

ボイラ灌水測定や水耕栽培での薬液測定、半導体・食品・医薬品・電力の純水の抵抗率測定などに使用されています。SA11 SENCOMアダプタを付けることで、デジタル通信に対応します。

測定可能範囲:0~0.5 μS/cmから0~1 S/cm

電磁導電率検出器 ISC40GJ , ISC40SJ

汚れ・磨耗・腐食の対策が必要なアプリケーションでも高精度で導電率を測定します。
測定可能範囲:1 μS/cm~1999 mS/cm
プロセス温度:-10~130°C

トップ