横河電機株式会社
横河ソリューションサービス株式会社

純水用ホルダ PH8HHへ導入する測定液の温度、圧力および流量

純水(導電率:0.1~50μS/cm)のpHを測定する場合は、下記のようなことに注意する必要があります。

  • 測定液が化学的に純粋であるため、大気、接続部金属イオンおよびKCl溶液の混入などによってすぐに純粋性が損なわれ、pHの値が変わってしまいます。
  • 測定液の導電率が低いため、漏れ電流により大きな電位が生じたり、外部からの誘導を受けたりして、測定誤差を生じます。また、流動状態では電極部に流動電位が発生して、S/N比が悪くなります。
  • ガラス電極のガラス膜表面のイオン交換に時間がかかるため、応答が非常に遅くなります。

これらの問題点に対処するため、横河電機では純水用専用のpH検出器PH8EHPとホルダPH8HHを用意しています。
純水用ホルダに導入する測定液温度は最大50℃、圧力は大気圧(出口側大気開放)に抑えることが必要です。また、測定液流量は、測定液の導電率によって異なります。

下図に、測定液の導電率と測定液流量の関係を示します。

純水用検出器、ホルダ使用時の測定液流量と測定液導電率

関連製品&ソリューション

ホルダ

製造工程での品質管理や排水処理管理の分析計用として、洗浄装置を付加可能なホルダです。アプリケーションに適したホルダとクリーナーの選択により、信頼性や保守性に優れた測定システム構築が可能となります。

純水用pH検出器 PH8EHP

各種ボイラや半導体プロセスで使用される純水測定に信頼性の高いpH検出器です。SA11 SENCOMスマート アダプタを装着することで、デジタル通信に対応します。

トップ