横河電機株式会社
横河ソリューションサービス株式会社

電磁導電率検出器の温度センサと組み合わせる変換器について

電磁導電率検出器に組み込まれている温度センサは、その発展の過程で「Pt1000」と「サーミスタ」2種類があります。変換器(または伝送器)のタイプにより、対応できる温度センサが異なりますので、検出器のみリプレースする場合は注意してください。

ISC450G :
「Pt1000」および「サーミスタ」のどちらにも対応できます。
工場出荷時は「Pt1000」に設定されています。

ISC202GおよびISC202SJ:
「Pt1000」および「サーミスタ」のどちらにも対応できます。
工場出荷時は「サーミスタ」に設定されています。

ISC402G :
「Pt1000」のみに対応できます。

ISC200GおよびISC200S:
「サーミスタ」のみに対応できます。

関連製品&ソリューション

電磁導電率検出器 ISC40GJ , ISC40SJ

汚れ・磨耗・腐食の対策が必要なアプリケーションでも高精度で導電率を測定します。
測定可能範囲:1 μS/cm~1999 mS/cm
プロセス温度:-10~130°C

トップ