赤外線ガス分析計の校正および校正用標準ガスについて

赤外線ガス分析計の校正は、標準ガスを接続して、ゼロ校正およびスパン校正の2点校正を行います。
校正の方法としては、手動校正と自動校正があります。
自動校正の場合は、外部に校正用標準ガスボンベおよびガス流通開閉用電磁弁が必要です。
また、IR202、IR400自動校正とは別の周期でゼロ校正が行える簡易ゼロ校正機能が用意されています。
校正用標準ガスは、下記の濃度のガスを用意してください。

ゼロガス
酸素計がない場合:N2ガス
内蔵磁気式酸素計付きの場合:N2ガス
内蔵磁気式酸素計付きの場合:ドライエアー、大気またはO2レンジの80%以上の濃度のガス(ただし、CO2測定がある場合は、ゼロガス中CO2を含まないこと)
スパンガス
O2以外のスパンガス:フルスケールの90%以上の濃度のガス
内蔵磁気式酸素計付きの場合:フルスケールの90%以上の濃度のガスまたは大気
外付ジルコニア式酸素計付きの場合:1~2%O2ガス

関連製品&ソリューション

煙道ガス濃度計 SG1000

赤外線分析計(NDIR)、酸素濃度計との組合せで、各種ボイラ、ごみ焼却などの煙道排ガス中に含まれるNOx、SO2、CO2、CO、O2 を5成分まで同時に連続測定します。低濃度でも安定的測定、前面アクセスでメンテナンスも容易。高感度で長期安定性に優れています。

赤外線ガス分析計 IR202

IR202は、非分散赤外線法(NDIR)を用いてプロセスガス中のCO2、CO、CH4、SO2、およびNO成分の濃度を測定します。O2は磁気式またはジルコニア式で測定することができます。また、長期間にわたり高い安定性も提供します。O2を含む最大4成分(またはO2測定なしの最大3成分)が同時に測定可能です。

赤外線ガス分析計 IR400

IR400は、サンプルガス中に含まれるNO、SO2、CO2、COおよびCH4の濃度を測定します。この装置はコンパクトな磁気式酸素濃度計を内蔵しています。内蔵の酸素濃度計(O2を除いた場合は最大4成分)を使用して最大5成分を同時に測定することができます。

トップ