火力発電所(貯炭場)の温度監視

概要

火力発電所の貯炭場では施設内の温度監視が必要です。

温度監視に赤外線サーモカメラを用いて施設内の温度データを測定できます。またEthernet通信によりペーパレスレコーダに温度データを記録することで異常を感知することができます。

下図は、「赤外線サーモカメラによる石炭搬送用ベルトコンベアの温度監視」の一例です。
搬送中の石炭粉塵への引火による火災事故を防ぐための温度監視が必要です。

石炭搬送用ベルトコンベアの温度監視

赤外線サーモカメラは非接触なのでベルトコンベアの表面温度,駆動部(モータ)およびカウンターウェイトなど回転部の温度も測定可能であり、広域を一度に温度測定できます。

業種

関連製品&ソリューション

ペーパレスレコーダ GX10/GX20

SMARTDAC+ GX10/GX20は、直感的なタッチパネル操作を実現した、パネル取付タイプのペーパレスレコーダです。入出力はフレキシビリティの高いモジュール構造で、さまざまな測定対象に対応します。

トップ