煙道ガス濃度計 SG1000

大気汚染防止に関わる5成分(NOx, SO2, CO2, CO, O2)のガス濃度を同時連続測定

SG1000 煙道ガス濃度計は、赤外線分析計(NDIR) 、酸素濃度計との組合せで、各種ボイラ、ごみ焼却などの煙道排ガス中に含まれるNOx、SO2、CO2、CO、O2を5成分まで同時に連続測定できます。
低濃度でも安定的測定、現場にてほとんどの部品の修理・セルの清掃が可能、メンテナンスが容易になりランニングコストを削減できます。 CO、O2 測定仕様は、ダイオキシン類の排出規制にも対応しています。
計量法型式承認取得済みです。

特長

5成分の濃度変化を一度に、リアルタイムに確認

赤外線分析計(NDIR)と専用ジルコニア式酸素濃度計または磁気式酸素濃度計との組合せで、NOx、SO2、CO2、CO、O2を5成分同時に測定が可能です。

100ppm以下の低濃度でも安定測定

±1.0%FS/週以下のゼロ点安定性(ドリフトフリー)を実現しました。

ランニングコスト削減

シングルビーム方式で調整工数を軽減、メンテナンスが容易になりました。

前面保守構造により省設置スペース

分析部、ガスサンプリングモジュールなどをユニット化し省スペースに、前面アクセスでメンテナンス性向上しました。

自己診断など信頼性を高める豊富な機能

自動校正標準装備、O2換算濃度、平均値演算、上下限警報など豊富な機能を内蔵しています。

アプリケーション・事例

主なアプリケーション

工業炉の燃焼管理や各種生産プロセスでの運転管理

活用事例

都市ごみ焼却場における排ガスの成分濃度測定
都市ごみ焼却施設の排ガス中には、高水分・高ダスト下の排ガスが含まれます。サンプリングの豊富なノウハウが活かされた「SG1000 煙道ガス濃度計」はこれら排ガスを長期に安定測定し、ランニングコストや設備備更新コストを削減します。

都市ごみ焼却設備の概略

標準仕様

測定対象 煙道排ガス中のNOx、SO2、CO、CO2の内の1~4成分,および酸素濃度
測定方式 NOx、SO2、CO、CO2:非分散形赤外線吸収法(NDIR)
酸素(O2):ジルコニア式または磁気式
測定範囲 NOx: 0~50 ppmから0~5000 ppm
SO2: 0~50 ppmから0~5000 ppm
CO: 0~50 ppmから0~5000 ppm
CO2: 0~10 vol%から0~20 vol%
O2: 0~10/0~25 vol%

測定原理

NOx, SO2, CO2, CO, O2: シングルビーム方式非分散形赤外線吸収法

シングルビーム方式非分散赤外線吸収法

本商品は試料ガスと比較ガスを交互に測ることで、安定性が向上し低濃度測定が可能となりました。

連続ゼロ点補正機能

連続ゼロ点補正機能は、試料ガスと比較ガスを周期的に測定しゼロ点ドリフト分を監視する機能です。「出力信号」と「ゼロ点ドリフト分」の差分が「濃度相当分」となるため、時間経過に伴うドリフト分を無視でき、低濃度領域でも安定した測定が可能になります。

概要:

概要

セメントは石灰質および粘土質等の原料を約1100~1500℃の高温で焼成して作られるため、多量の熱エネルギーを消費します。
そのため、焼成後の排熱で原料を予熱したり、排ガスの酸素濃度を測定して燃焼制御を行うなど、種々の省エネルギー対策が図られています。また、環境対策の面では、電気集塵機を設置して煤塵の大気放出を防ぐだけでなく、NOxやSO2などもそれぞれ濃度計を設置して管理が行われています。これらの目的に使用される分析計は、厳しい測定条件下でも長期に渡り安定に動作することが望まれます。
横河電機のプロセス分析計は、高温でダスト量の多いガスが測定対象となるキルン窯尻や仮焼炉出口でのO2+COの測定、電気集塵機出口でのダスト測定(効率管理)、煙道排ガス中のNOx+SO2+O2測定にも採用できます。

 

お客様の期待

  • セメント工場のガスの成分濃度やダストを測定したい
  • 人手をかけずランニングコストを削減したい
  • 設備更新のイニシャルコストはミニマムに抑えたい

 

各測定個所におけるサンプルの条件

  測定箇所
条件   ◆1
キルン窯尻
◆2
仮焼炉出口
◆3
SP 出口
◆4
EP 出口
◆5
煙突入口
測定成分 O2+CO+CO2 O2+CO+CO2 (O2)+CO+CO2 ダスト NOx+SO2+O2
ガス温度(℃) 1050~1200 600~850 350~400 100~130
(max200)
100~130
(max200)
ダスト量 (g/Nm3) 200 100~200 60 以下 0.1以下 0.1以下
圧力(kPa) -0.2~0.5 -3~-2 -0.2~0.5 -5~-3 1~2

ガス成分(Vol%)





 
O2 2~4 2~4 3~5 3~5 3~5
CO 0.2以下 0.2以下 0.2以下 0.2以下 0.2以下
CO2 23~26 23~30 23~30 23~30 23~30
H2O 9~11 9~11 9~11 10~15 10~15
N2
SO2 0.1以下 0.1以下 0.01以下 0.01以下 0.01以下
NOx 0.01以下 0.01以下 0.01以下 0.01以下 0.01以下
測定システムの主な 構成機器 水洗水冷プローブ
水エゼクタ方式サンプリング装置
IR202 赤外線ガス分析計
水洗プローブ(*1)
水エゼクタ方式
サンプリング装置
IR202 赤外線ガス分析計
(*1)ガス温度が800℃以上の場合は
水洗水冷プローブを推奨
水洗プローブ
水エゼクタ方式
サンプリング装置
IR202 赤外線ガス分析計
DT450ダストモニタ(*2)
(*2)別途発行のAN10K02H01-01を
参照してください。
SG1000煙道ガス濃度計

 

プロセス概略

セメント製造設備における分析計の設置ポイント

セメント製造設備における分析計の設置ポイント

【セメントの製造工程】 まず、石灰質原料・粘土質原料などをドライヤで乾燥した後に調合し、原料ミルで粉砕して粉末原料とします。この粉末原料を焼成工程に送り、予熱装置(サスペンションプレヒータ)および仮焼炉で予熱を加え脱炭酸し、キルンで焼成してクリンカにします。次に、キルンから出てくるクリンカをクリンカクーラで冷却したのち石膏を加え、粉砕機で粉砕してセメントを完成させます。

プロセス概略

概要:

概要

排出される大気汚染物質の低減化は地球環境の保全や生物の生命維持に必要であり、このことへの取り組みは産業界の使命ともなっています。都市ごみ焼却場においては、焼却炉を含めた燃焼設備から排出される排ガス中のNOx、SO2、CO2、CO等の濃度を測定して、有害物質の排出を少なくする努力が払われています。都市ごみ焼却施設の排ガス中には水分やダストが多く含まれており、安定な測定を妨げます。サンプリングの豊富なノウハウが活かされた「SG1000 煙道ガス濃度計」は長期の安定稼動を実証し、好評を得ています 。

 

お客様の期待

  • ごみ焼却場の排ガスの成分濃度を測定したい
  • 人手をかけずランニングコストを削減したい
  • 設備更新のイニシャルコストはミニマムに抑えたい

 

プロセス概略

一般家庭から排出される生活ごみは、収集されて焼却場で焼却処理されます。都市ごみ焼却場では不特定多数の生活生ごみを処理するため、脱硝装置・集塵装置で処理された排ガス中には、まだ微細な粉塵や HClガスなどが含まれているのが 特徴です。ダイオキシン排出に対する規制も厳しくなり、焼却施設は近年大型化(1日の処理量:600トン)してきています。2004年1月30日付けの新聞記事によれば、2000年度の家庭ごみ焼却施設数は全国で1715ヵ所あり焼却能力は約20 万トン/日とのことです。焼却されている家庭ごみは1日平均11万トンで、余力は産廃ごみの焼却に利用しようとする動きもあるようです。

都市ごみ焼却設備の概略

 

YOKOGAWA のソリューション

測定システム

  • プローブ
    加熱形プローブ(挿入長:1m)特注品
  • 煙道ガス濃度計 (NO, SO2 , O2 )
    SG1000-C-1 □□□□ ..........

加熱形プローブ構造図

フィールドデータ

  • プロセス条件
    測 定 点:集塵装置出口(煙突入口)
    温   度:200~400℃
    圧   力:-1~150kPa
    ダスト量 :≦50mg/Nm3
    水 分 量:10~30vol%

留意点

  • 測定ガスには水分が含まれています。結露によってダストが詰まるのを防ぐため、高温温調(200℃)の加熱形プローブを使用します(ワンタッチ操作で保守可能)。

都市ごみ用サンプリング装置フロー図

 

特記事項

  • 本装置は、高水分・高ダストのアプリケーション(事業用発電ボイラ・石炭燃焼ボイラ・汚泥焼却ボイラ等)へも展開できます。

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください


お問い合わせ
トップ