ページ内を移動するためのリンクです。
グローバルナビゲーションへ
本文へ
サイト情報へ
jp

横河ソリューションサービス株式会社

YOKOGAWA プライベートセミナー 「まちがいだらけのスマートファクトリーを考え直す」

~デジタルトランスフォーメーションが生む工場管理システムとは?~

YOKOGAWA プライベートセミナーについてご案内申し上げます。

本セミナーでは、これまでお客様やパートナーと取り組んだ数多くの経験をもとに、持続可能な改善のための課題抽出から解決までの考え方、手法、事例等のご紹介をいたします。ぜひご参加ください。

開催概要

日時2018年9月7日 (金) 13:40~16:30 (13:15より受付開始)
会場横河ソリューションサービス株式会社 本社
対象
  • 情報システム部門の方で、製造現場の改善に繋がるシステム導入をご検討されている責任者、担当者の方
  • 製造・生産技術部門の方で、現場の業務改善をご検討されている責任者、担当者の方
  • 品質部門の方で、トレーサビリティ対応をご検討されている責任者、担当者の方
※個人事業者、同業者の方はご遠慮いただく場合がございますのであらかじめご了承ください。
定員100名 (定員になり次第締切とさせていただきます)
参加費無料 (事前申し込み)
申込み お申込はこちら
お問合せ横河ソリューションサービス株式会社   プライベートセミナー事務局
Maill:elec-seminar@cs.jp.yokogawa.com

プログラム

時間セッション概要
13:15受付開始
13:40開会のご挨拶
14:00 基調講演: システム再構築プロジェクトの構想策定事例

ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ株式会社  村上 邦彦 様

【概要】

近年の著しいビジネス環境の変化に対応するため、多くの企業が業務改革を目的としたシステム再構築プロジェクトを立ち上げています。
ところがいつの間にかプロジェクトの目的がシステム更新のみに陥ってしまい「システムを使ってどんな業務を実現したいのか?」については考え尽くされていないことが、後々のプロジェクト失敗の大きな原因にもなっています。
本題では特に成功を左右するプロジェクト構想策定の進め方について事例をもとに、押えるべきポイントをご紹介します。

14:40休憩
14:55 講演: 工場管理者の為の 「B/S,P/L,C/F」 入門  ~全体最適なSCMをめざす在庫最適化アプローチ~

横河ソリューションサービス株式会社  佐藤 秀男

【概要】

工場管理者にとって「実需と連動した生産調整」を課題としてあげる会社は少なくありません。課題解決するには、原点回帰で生産に係わる財務の原理原則を思い出す必要があります。
在庫が企業の業績を左右することは周知の事実です。
演題にあげた財務諸表の「B/S,P/L,C/F」において在庫金額の増減が及ぼす財務インパクトを解説します。数量情報に関しては、全体最適なSCMをめざすPSI計画ならびにSCMを継続的に維持するための在庫最適化アプローチについても言及したいと思います。

15:40 講演: 価値を生みだす製造管理システム

横河ソリューションサービス株式会社  藏内 馨

【概要】

製造業のお客様において、「IoT」「M2M」を活用した「スマートファクトリー」の導入検討が活発化しております。しかし、「何をすれば良いか?どうすれば良いか?」等のお悩みが多いことも事実です。
本題では、まちがったシステム導入にならないよう、あるべき姿を事例を交えて解りやすくご紹介いたします。

16:20閉会のご挨拶
16:30デモコーナーにて個別説明(ご希望者)

※講演内容は都合により変更になる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

会場のご案内

会場: 横河ソリューションサービス株式会社 本社
    (横河電機株式会社 本社構内)
住所: 東京都武蔵野市中町2-9-32

TOP