小形電力モニタ UPM100/UPM101

省エネ解析を強力にサポート。積算電力量など15種類の電力要素を1台で測定できる、小形タイプの電力モニタです。

440V、三相4線式にも対応し、積算電力、瞬時電力などの他に電流、電圧や力率、積算無効電力、積算皮相電力、積算回生電力、周波数を測定できます。測定した各種データは、通信によりパソコンなどへ伝送されます。 さらに、積算電力のパルス出力があります。

UPM101は、専用の5A用CTを採用することにより、既設計器に使用しているCTからの二次側電流の検出を可能にした電力モニタです。
既設のCTが使用できるため、新たにCTを取付けたり、電力線を切断する必要がなく、設置費用を低減できます。

 >> 小規模電力パッケージで簡単システム構築

特長

  • 充実の測定項目
    電力(有効、皮相、無効(オプション))
    積算電力(有効、皮相、回生、無効(オプション))
    任意積算有効電力
    電圧:瞬時値、最大値、最小値
    電流:瞬時値、最大値
    力率(オプション)
    周波数

  • 幅広い測定範囲
    電力単位はWからMW(メガワット)まで

  • 電力積算パルス出力が2点
    有効電力と回生電力または無効電力(オプション)

  • 通信機能の充実
    RS-485通信(標準搭載)
    通信プロトコルは、MODBUS、パソコンリンク、UPM01プロトコル(積算分解能Wh選択時のみ有効)
    920MHz無線通信(UPM100のみオプション)

  • 専用の5A用CT付属(UPM101のみ)

仕様

測定項目 電力 有効電力、皮相電力、無効電力(オプション)、積算有効電力、任意積算電力、積算皮相電力、積算回生電力、積算無効電力(オプション)
電圧 実効値(各線間)、最大値、最小値
電流 実効値(各相)、最大値
その他 周波数(オプション)*1
相および線式 単相2線、単相3線、三相3線、三相4線
入力電圧 定格 220、440、127、277V AC
許容 定格電圧の1.2倍(連続)、1.5倍(10秒)
入力電流 定格 UPM100:1A、5A AC
UPM101:5A AC(付属CT1次側電流)
許容 定格電流の1.2倍(連続)、2倍(10秒)、10倍(3秒)
精度定格 積算電力量 UPM100:読み値の±1%(定格入力時)
UPM101:読み値の±2%(定格入力時)
実効値 UPM100:フルスケールの±1.0%(JIS C 1111 1.0級相当)
UPM101:フルスケールの±2.0%
力率 定格値の2%
オプション出力 積算パルス出力 2点(有効電力、回生電力または無効電力)
通信方式 RS485通信 通信プロトコル パソコンリンク(SUN付、SUMなし)、MODBUS(ASCII、RTU)、UPM01プロトコル(積算分解能Wh選択時のみ有効)
通信配線方法 マルチドロップ
伝送距離 最大1200m
伝送速度 19200、9600、2400bps
最大接続台数 31台/シリアルポート
920MHz
無線通信*2
無線規格 IEEE 802.15.4g 準拠、ARIB STD-T108 適合
注)日本国電波法/技術基準適合と無線通信規格以外には対応していません。
通信プロトコル MODBUS(RTU)
伝送距離 見通し直線距離:最大1000m(使用環境により異なります)
伝送速度 19200bps(固定)
通信形態 メッシュ/マルチホップ(最大ホップ数:16)
マルチホップ:
各ユニット間の通信品質により、自動的に最適な通信経路を選択する機能。
通信距離の延長や電波品質向上に対応可能。
電力収集パッケージ SMARTDAC+GM(→ 小規模電力監視パッケージ)、PR970
供給電源 85~264V AC 45~65Hz
電源消費電力 最大7VA(表示付、200V AC)
外形/質量 106 x 100 x 60mm、約400g

*1 オプションとして力率の選択できます。
*2 UPM100のみオプションとして920MHz無線通信の選択ができます。

【サポート情報】レコーダ・コントローラ製品の改正 RoHS 指令(2011/65/EU)対応一覧

レコーダ・コントローラ製品のRoHS 指令(2011/65/EU)対応の一覧を示します。

可能です。 定格2次電流を1Aか5Aで選定してください。 UPM100自身の消費VAは0.2VAですので、配線分を含め、CTの定格負担を確認ください。
UPM101は、既設CTの2次側ケーブルへ付属の専用小型CTをクランプして使用できます。既設CTの2次側定格電流は、5Aであることをご確認ください。なお、UPM100、PR300の場合は、既設CTの2次側配...
UPM100とUPM101の違いは何ですか?
(ns-faq-power-12032-select-ja)
UPM100は、工場内における産業用機械などの皮相電力、有効電力、無効電力、各相の実効電圧・電流の瞬時値、積算有効電力、積算無効電力、積算回生電力、積算皮相電力および力率瞬時...
使用できません。相および線式に合わせた型式の製品をご使用ください。
積算電力値が最大積算値を超えた場合、自動で0Whになり再度積算を実施していきます。
CT比、VT比等の初期設定が必要です。表示機能なしの機種は、RS-485通信経由による設定になります。設定用ソフトウェアがホームページからダウンロードできます。(RS232C/RS485変換器ML2若...
有効電力量、無効電力量等の積算電力データは計器電源がOFFしてもデータは保持されます。
RS485通信関連のパラメータは前面のディップスイッチで設定を行います。 それ以外のパラメータ(VT比やCT比など)は、RS485通信経由で行います。 設定用のソフトは下記のものが利用可能...
有効電力を確認してください。有効電力がマイナスになっていたり、極端に小さい場合は、下記チェックポイントを確認してください。有効電力がマイナスの時は電力を回生する状態で...
低圧、高圧測定の場合、D種接地、特別高圧測定の場合、A種接地です。 (横河製電力モニタと組合せてご使用の場合。なお変流器CTWシリーズは低圧用です。)
VT比、CT比とは何ですか?
(ns-faq-power-12008-term-ja)
一般に高電圧、高電流の交流信号を測定するには、VT(変圧器)、CT(変流器)を用います。一次側/二次側の定格電圧、定格電流の比がVT比、CT比になります。たとえば、定格一次電流/定格二...
電力モニタは1台につき、通常CTを1個~3個使用します。 単相2線式=1個、単相3線式=2個、三相3線式=2個、三相4線式=3個のCTが必要です。
電力モニタはCT比、VT比の設定が必要です。(電力モニタPR300の場合は、相および線式や電圧レンジなどの設定もあらかじめ必要です。) しかし、設定をしても測定値が実際とかけ離れてい...
電力モニタUPM01、UPM02、UPM03の代替には電力モニタUPM100、UPM101を推奨します。小形電力モニタ UPM100製品情報小形電力モニタ UPM101製品情報...

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください


お問い合わせ
トップ