溶存酸素検出器 DO30G

溶存酸素検出器DO30Gは、下水処理場、排水処理汚泥処理場、飲料水処理場などの水処理プラントでの使用に適しています。また、河川モニタリング、摂餌保護、養殖など水質が重要な分野でも有効です。

DO30G は安定した特性を長時間持続するガルバニックセル式の溶存酸素検出器です。半日程度の初期電解時間で、安定状態となります。
電解液の劣化や隔膜の汚れによる影響が少ない構造なので、長時間の使用に耐えられます。測定液中の気泡による影響を受けにくい特長もあります。したがって、多くのプロセスで良好な測定が可能です。

特長

  • 初期電解時間が短かく、メンテナンス後(膜・内部液交換)の安定性に優れた溶存酸素センサ
  • 特殊内部液の使用により、初期電解時間が短かく、長期間安定な測定を実現
  • 隔膜は、カートリッジタイプで、誰でも簡単に交換可能
  • 膜厚は50 μmで破れにくく、かつ気泡の影響を低減

 

測定原理

ガルバニセル方式

PB350G / PB360Gフローティングボール

DO30用のフロート形ホルダは、プロセスによる汚れを最小限に抑える設計となっています。センサーのまわりの真ちゅうリングによって隔膜の点検を容易に行うことができ、また藻類が堆積しないようになっているため、浄化システムは不要です。保守・メンテナンスはきわめて簡単で、定期的な検査と校正だけで十分です。

特長

  • 据付けが容易
  • 校正が簡単
  • 隔膜劣化をチェックするセンサー診断付き

 

PH8HG / DOX8HS浸漬アダプタ

潜漬形ホルダは0.5~2.0mの長さに対応し、DO30Gをタンク、開放形容器、および排水管に取り付けられるよう設計されています。フランジ取付けにも対応しています。固形物が多い用途では、付加仕様としてジェット洗浄器の使用をおすすめしています。洗浄器を用いると連続測定期間が延長され、保守・メンテナンスが容易になります。

特長

  • 浸水深度可変
  • フランジ取付可能
  • 洗浄器付き(付加仕様)
  • 隔膜劣化をチェックするセンサー診断

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください


お問い合わせ
トップ