データ収集システム統合ソフトウェア DAQWORX

「DAQWORX」は、当社製レコーダ/データ収集機器を中心に、計装装置や測定器などと組み合わせたデータ収集・監視システムをノンプログラミングで実現できる、「データ収集システム統合ソフトウェア」です。
複数のソフトウェアで構成され、既存のDAQWORXデータ収集システムに高付加価値のソフトウェアを付加することで、簡単に測定帯域とアプリケーション領域の拡大を実現できます。

製品概要

統合パッケージ

レコーダ、ロガー、制御機器、計測器などを統合

  • DAQLOGGER*

製品専用パッケージ

ハードウェア固有の力を最大限に引き出す

  • DAQ32Plus(DARWINシリーズ専用)*
  • MXLOGGER(DAQMASTER MX100専用)*
  • DAQEXPLORER(DAQSTATION® DX/CX、MVAdvanced/MobileCorder MV専用)

共通ビューア

  • DataBrowser*

* DAQLOGGER、DAQ32Plus、MXLOGGER、DataBrowserは販売終了となりました。
 後継機種は、データロギングソフトウェア GA10となります。

Daqstation® DX/CX、MVAdvanced/MobileCorder MV専用モニタリングソフトウエア

ネットワーク上のDX/CX/MVをマネージメントするための統合デスクトップ環境を提供します。(DX100P/DX200Pを除く)

GUIを使った簡単オペレーション

DX/CX/MVシリーズからPCへの測定データファイル転送やネットワーク経由での設定は、アイコンをクリックしたりドラッグ&ドロップするだけの簡単操作でおこなえます。

システム構成

システム構成

デスクトップ

ネットワーク上でご使用のPCと同じセグメント内に接続されているDX/CX/MVを自動的に検索/表示します。

  • ネットワーク上にあるDX/CX/MVのサーチおよびマウント
  • データモニタ/データビューア/設定ソフトウェアの起動
  • メモリスタート/ストップ/トリガ (DXAdvanced/MVAdvancedのバッチ機能使用時はメモリスタートの際にバッチ情報の入力が可能、またDXAdvanced R3以降のマルチバッチ機能使用時はバッチごとのメモリスタート/ストップが可能)
  • 表示画面のスナップショット表示
  • 内部メモリおよび外部記憶メディアのファイルリスト表示
  • 自動ファイル転送(間隔指定、時刻指定)
  • マニュアルファイル転送(ドラッグ&ドロップ)
  • スナップショット画像の自動印刷

デスクトップ

データモニタソフトウェア

ネットワーク上のDX/CX/MVの測定データをトレンド表示、サーキュラトレンド表示、ディジタル値表示またはメータ表示などのさまざまなフォーマットでモニタリングできます。

  1. トレンドモニタ
  2. サーキュラモニタ
  3. ディジタルモニタ
  4. アラームモニタ
  5. カラーグラフモニタ
  6. メータモニタ

データモニタソフトウエア

注意:
DAQLOGGER Clientのリモートモニタ、DAQ32Plusのリモートモニタ、DAQ32Plus Clientのリモートモニタ、およびDAQEXPLORERのデータモニタは、同一のPC上で同時に使用できません。

設定ソフトウェア

測定チャネルや演算チャネルに関する設定や、画面表示に関する設定などのデータをDX/CX/MVに送受信したり、パーソナルコンピュータのハードディスクなどに保存することができます。*1

*1: DXAdvanced R3以降のカスタムディスプレイ機能のための画面構築や編集はできません。

設定ソフトウェア

設定ソフトウェア

プログラムパターン設定

制御・計測ステーションCX1000/CX2000に対しては、内蔵制御ループのプログラム運転用パターンをグラフィカルなインターフェースで作成、設定することができます。

プログラムパターン設定

データビューアソフトウェア

DX/CX/MVが生成した以下の3種類のファイルのデータをトレンド表示/ディジタル表示/サーキュラ表示/一覧表示したり、印刷することができます。

データビューアソフトウェア

 

高付加価値ソフトウェアとの組み合わせ

アドバンスモニタ(ユーザ作成画面)

AddObserver・AddObserver Runtimeとの組み合わせにより、ユーザ作成画面による快適なリアルタイム監視ができます。

【サポート情報】PCソフトウエア・対応機種⼀覧表

各種PCソフトウェアがサポートされている対応機種の一覧表です。

対応Windows OSを教えてください。
(ns-faq-daqworx-13056-other-ja)
最新版の対応OSは、次のページでご確認いただけます。 DAQWORX ダウンロードページ ※要ログイン ...
Windows XP SP2では、Windowsファイアウォールの機能が既定で有効になっており、ソフトウェアの起動時や操作時に、このようなダイアログが表示される場合があります。名前欄がご使用中のソフトウェア名、発行元欄が「Yokogawa Electric Corporation」であることを確認して、[ブロックを解除する]ボタンをクリックしてください。なお、いったん[ブロックする]を選択してしまいますとソフトウェアの動作が遮断されますので、解除にはWindowsファイアウォールの設定変更が必要...
1. 解凍されたフォルダがインストールしようとしているPCのハードディスク内に有るか、ご確認ください。(サーバからインストールはできません) 2. 解凍されたフォルダ"DAQWORX_Rx.xx.xx"の直下にあるsetup.exeを起動しているか、ご確認ください。(x.xx.xxはバージョンを表す数字です。)...
DAQWORXのインストーラに、まずアップグレードのライセンス番号を入力します。次に旧バージョンのライセンス番号を入力します。WX1000 DAQWORXインストール&オペレーションガイド 「ソフトウエアをアップグレードする」をご参照ください。...
DAQWORXは、複数のソフトウェアで構成されています。 そのうち、MXLOGGERおよびDAQEXPLORERはWindows 10に対応しています。 その他のソフトウェアはWindows 8.1までとなります。 詳細は、以下のWEBサイトをご確認ください。DAQWORX データ収集システム統合ソフトウェア...
まず アップグレードのライセンス番号を入力し、次に 旧バージョンのライセンス番号を入力してください。 旧ライセンス番号が数字ブロック3つの組み合わせの場合、テキスト入力ボックスの2ブロック目を空欄にして、旧ライセンス番号を入力してください。 詳細は、IM WX1000-01 「WX1000 DAQWORXインストール&オペレーションガイド」 "ソフトウエアをアップグレードする"をご覧ください。...
NI(ナショナルインスツルメンツ)社製のものをお使いください。
最新版(R11.06以降)は、IPアドレス設定プログラムの動作がWindowsファイアウォールに制限されるようになりました。お手数おかけしますが、Windowsファイアウォール機能を無効にするか、DAQWORXインストール&オペレーションガイドの付録の説明に沿って、DAQ32PlusランチャプログラムをWindowsファイアウォールの例外に追加登録してください。...
表示データファイルの場合、1回の記録で最小値と最大値が記録されます。トレンド表示ではこの最小値と最大値を縦線で結び表示しますので、太いトレンド線になります。
Windows Vista上でDAQWORXを"\Program Files"以下のフォルダにインストールすると、正常動作できません。 新規インストール時は、"\Program Files"とは違うフォルダを指定してインストールしてください(初期値は"\DAQWORX"以下です)。 また、既にWindows 2000/XPにて"\Program Files"以下にインストールしていた場合は、WindowsをVista...
DAQWORXには通信を行っているプログラムがあり、Windowsファイアウォールが原因で動作しない場合があります。 Windowsファイアウォールが原因でプログラムが動作しない場合、Windowsファイアウォールを無効にするか、以下の資料を参照していただき、Windowsファイアウォールのプログラムの許可の設定を行ってください。 ただし、うまく動作しない場合、Windowsファイアウォールの影響だけとは限りません。Windowsファイアウォール設定の操作を行う前に以下の確認をしてください。 p...
米国エネルギー政策法(Energy Policy Act)の施行により、米国およびカナダでは、2007年より夏時間の実施期間が変更になりました。これにより、2006年以前と2007年以降では、3月のおわり3週間の時刻と11月のはじめ1週間の計4週間の時刻に、1時間の差が発生しています。しかし、Windowsの内部では2006年以前の実施期間と2007年以降の実施期間とを共存させることができないため、この4週間の時刻の取り扱いは、以下のようになります。 Windows Vista上では2006年以...
収集パフォーマンスは、接続台数や収集チャネル数のほか、通信速度やパソコンのスペックにも大きく左右されますので、一概には言えません。ご質問のシリアル通信の場合は通信速度が大きく影響し、パソコンの RS-232CポートにRS-232/422コンバータを接続して9600bpsで通信させる場合で30チャネル/台程度の機器×4台程度が目安になります。例えば、5台以上のμR1000/μR1800を1秒周期で収集したいなどの場合は、パソコンに複数のCOMポートを用意し、4台ごとに別々のRS-422に接続してく...
パソコンとDX100が直結で接続する場合はクロスケーブルが1本となります。 また、パソコンとDX100の間にハブがある場合はストレートケーブルが2本必要となります。
接続可能です。 WT1800は、GateWT for GA10(無償)を介して接続してください。 WT1800Eのコマンドタイプを変更できる場合は、WT1800互換に変更し、GateWT for GA10(無償)を介して接続してください。 WT1800Eのコマンドタイプを変更しない場合は、Modbusで接続してください。ユーザーズマニュアル「Modbus通信機器を登録する」を、ご参照ください。...
はい、Modbus機種定義ファイル作成ツールにて定義ファイルを作成して接続してください。 Modbus機種定義ファイルの作成については、GA10ユーザーズマニュアルをご参照ください。...
接続できません。GA10CLをご購入ください。
カタログ
取扱説明書
一般仕様書
ソフトウェア
技術情報

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください


お問い合わせ
トップ