厨房機器の評価試験

リンナイ株式会社 技術センター様

厨房機器の評価試験にPCベース高速データアクイジションユニット MX100をお使いいただいています。

リンナイ株式会社 技術センターは、本社のある愛知県名古屋市から車で1時間ほどの愛知県丹羽郡大口町にあります。リンナイ株式会社は、ガステーブルなどの厨房機器や給湯機器、空調機器などでも有名な熱機器のトップメーカです。

今回、取材を受けていただいた野間様は開発本部技術管理部に、都合様は開発本部商品開発部厨房機器試験室に所属されています。厨房機器試験室では、テーブルコンロ、ビルトインコンロ、オーブン、食器洗い乾燥機、炊飯器、業務用コンロの開発をされており、厨房機器の性能評価には、PCベース高速データアクイジションユニット MX100を採用いただいています。

PCベース高速データアクイジションユニット MX100

「厨房機器の安全性評価の一つとして器体過熱試験という項目があり、コンロなどの器具を温度測定用木壁面に設置し、1時間運転して、木壁面や 器具の機構部などが、適正温度を保っているか、規格の温度を超えないかということを試験しています。壁面に銅板の付いた熱電対を張り詰め、約660点の温度計測にMX100を活用しています。」(都合氏)
PCベース高速データアクイジションユニット MX100は、最大1600チャネルまでのデータ収集に対応でき、標準装備されているイーサネットで、柔軟なネットワークデータ収集システムを構築していただけます。

 「MX100の採用にあたっては、測定データの高信頼性、もう一つは長期間データ収集したときの耐久性や耐環境性の高さを評価して採用に至りました。測定する環境温度は0℃付近まで下がるのですが、MX100は周囲温度の変化にも影響されず、安定した温度測定ができており、この点が他社製品よりも優れていると考えています。また、ノイズの影響も考慮された設計思想であることも高く評価しています。」(野間氏)
MX100は長期間データ収集を前提に設計されており、周囲温度の変化が伴う設置環境に於きましても安定した、信頼性の高いデータ収集環境を構築できます。

MX100
MX100で約660点の温度計測を実施

「作業性についても高く評価しています。入力モジュールや端子プレートが着脱式で熱電対の取り外しも容易にできるので、定期点検時など非常に便利です。」(野間氏)
MX100はモジュール構成による柔軟な拡張性を持ち、自由な設計で測定環境に適したデータロギングシステムを構築できます。

収集したデータは、パソコン上でMXLOGGER(別売)を活用し、リアルタイムモニタリングを実現しています。MXLOGGERでは、高速100ms/最大1200chまでのデータ収集システムを短期間で構築していただけます。

リアルタイムモニタリングしているPCの画面
リアルタイムモニタリングしているPCの画面

 

お客様紹介

リンナイ株式会社
http://www.rinnai.co.jp/

開発本部 技術管理部 庶務管理室 設備管理チーム 技術主査 野間様 開発本部 技術管理部
庶務管理室 設備管理チーム
技術主査 野間様
開発本部 厨房商品開発部 厨房機器開発室 技術主事 都合様 開発本部 厨房商品開発部
厨房機器開発室
技術主事 都合様

リンナイ株式会社の製品

ビルトイン コンロ RSK-N78W6GC1TS5-A
ビルトイン コンロ
RSK-N78W6GC1TS5-A

ビルトイン コンロ RSK-SS78W5GA13AX-ST
ビルトイン コンロ
RSK-SS78W5GA13AX-ST

ガステーブル ハオN620VGA(SL)
ガステーブル ハオN620VGA(SL)

 

※ここに掲載している内容は、2006年12月取材時のものです。
※掲載記事および写真の無断転載を禁じます。

関連製品&ソリューション

DAQMASTER™シリーズ MX100

モジュール構成による柔軟な機能拡張性、イーサネットによる高速通信(100Base-TX)と 省配線、配線距離に制約されない設計自由度で、測定環境に最適なデータロギングシステムを構築できます。

DAQWORX

DAQWORXは、当社のほとんどのレコーダ、データロガー、温度調節計、計測器類に使用できるデータロギングソフトウェアです。

トップ