北米で使用していますが、時刻が1時間ずれて表示されます。

米国エネルギー政策法(Energy Policy Act)の施行により、米国およびカナダでは、2007年より夏時間の実施期間が変更になりました。これにより、2006年以前と2007年以降では、3月のおわり3週間の時刻と11月のはじめ1週間の計4週間の時刻に、1時間の差が発生しています。しかし、Windowsの内部では2006年以前の実施期間と2007年以降の実施期間とを共存させることができないため、この4週間の時刻の取り扱いは、以下のようになります。

  • Windows Vista上では2006年以前のDAQWORXのデータであっても、すべて2007年以降の実施期間に基づいて表示されます。
  • Windows 2000/XPの場合は、標準状態ではすべて2006年以前の実施期間に基づいて表示され、更新プログラムを適用した場合は、すべて2007年以降の実施期間に基づいて表示されます。
    例えば、2005年3月下旬のDAQWORXの記録データをWindows Vista上のDAQWORXで表示させると、当時は冬時間であったにも関わらず夏時間として扱われ、時刻が1時間遅く表示されます。
この影響を受けるのは、パソコンのタイムゾーン設定を米国もしくはカナダに設定した場合に限ります。なおメキシコは変更の対象外ですので、これまでメキシコ内で米国のタイムゾーンを使用されていた方は、メキシコのタイムゾーンに変更する必要があります。

関連製品&ソリューション

DAQWORX

DAQWORXは、当社のほとんどのレコーダ、データロガー、温度調節計、計測器類に使用できるデータロギングソフトウェアです。

トップ