JUXTA Mシリーズディジタル警報設定器MVHK/MVRK/MVTK

プラグイン形Mシリーズの警報設定器は、見やすい大型のLEDアクティブディスプレイを備え、警報動作の信頼性に優れています。

JUXTA Mシリーズディジタル警報設定器MVHK/MVRK/MVTKMVHKは、直流電圧または直流電流信号を入力とするプラグイン形のディジタル警報設定器です。
MVRKは、測温抵抗体信号を入力とするプラグイン形の測温抵抗体入力ディジタル警報設定器です。
MVTKは、熱電対信号を入力とするプラグイン形の熱電対入力ディジタル警報設定器です。

  • アクティブディスプレイ
    測定値や警報の種類の変化、異常個所が一目で分かるようになっています。
  • 警報出力信号
    2点警報(リレーc接点[1a、1b]、2点)または4点警報(リレーa接点、4点)を選択することができます。
  • 見やすい大型 LED 表示器を標準装備
  • エコモードで低消費電力運転が可能(通常運転 約 0.5W,1VA)
  • 優れた操作性
    前面パネルに配置された操作キーで入力レンジや各種パラメータの設定変更が可能
  • モニタ出力(1 〜 5V DC,4 〜 20mA DC,または RS-485 通信)を装備可能

【即納対応: 即日出荷サービス Quick JUXTA】

当日の午前11時までにご注文頂くと、当日出荷(Quick JUXTA One Day)または3日目に出荷(Quick JUXTA Three Days)するサービスです。出荷可能台数や対応機種コード等の詳細については、弊社営業もくしく最寄りの弊社代理店までお問い合わせください。

機種一覧

名称 形名 即納対応
ディジタル警報設定器 直流入力形 MVHK
測温抵抗体入力形 MVRK  
熱電対入力形 MVTK  

【サポート情報】レコーダ・コントローラ製品の改正 RoHS 指令(2011/65/EU)対応一覧

レコーダ・コントローラ製品のRoHS 指令(2011/65/EU)対応の一覧を示します。

信号変換器 JUXTAシリーズのご紹介

信号変換器とは、計測・制御におけるフィールドの各種センサ(熱電対、測温抵抗体、伝送器、流量計、ロードセル、ポテンショメータなど)や空気式計器など計装設備のアナログ信号(4-20mADC、1-5VDCなど)、および、RS-232C、RS-485、接点などのデジタル信号を、上位システムが取り込み可能な信号に変換する機器です。
信号変換器JUXTAでは、制御盤に組み込むDINレール対応、プラグインタイプなどそれぞれの設置環境に応じた変換器を各種ご用意しております。

信号変換器:分類から探す

制御盤に組み込むDINレール対応、プラグインタイプなどそれぞれの設置環境に応じた変換器を各種ご用意しております。

概要:

概要

Mシリーズ 演算器MXT(XJJM.511)のフリープログラムを使用した雨量パルス積算演算器をご紹介します。
XJJM.511のハードウェアは3入力絶縁1出力形の演算器です。入力はアナログ入力1点、デジタル入力2点、出力はアナログ出力1点です。

  • 雨量計の単位雨量パルスを積算して、アナログ出力(例:1-5VDC)します。
  • 雨量積算値が「0」カウントで0%を「100」カウントで100%を出力します。
  • 雨量積算値が100%に達したとき100%を1秒間出力し、積算値を0%に戻します。
  • 雨量積算の最大値はJHT200等で変更可能です。

信号変換器(演算器)を用いた雨量計測

入出力

第1入力(X1):不使用
第2入力(X2):雨量計パルス信号(DRY接点、0.5mm/P)
第3入力(X3):リセット信号(DRY接点、ON=リセット)
第1出力(Y1):積算アナログ出力フリープログラムの編集

プログラムとパラメータ例

プログラムとパラメータ例

フリープログラムの編集

フリープログラムは、VJ77またはJHT200などを使用して編集できます。
VJ77は、マイコン搭載形JUXTAの各種パラメータや演算器のプログラムをパソコンから設定するためのソフトウェアです。

 

概要:

流体の混合など二つの流量計の出力加算計測に演算器MXT(XJJM.507)のフリープログラムを使用した接点入力乗加算演算器をご紹介いたします。 下図は各種フィールド機器と上位システムの接続例です。

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください


お問い合わせ
トップ