TB400Gの断水時の出力の状態と対応について

測定槽への通水が停止されると、一般には気泡が発生しやすくなり、出力が突変したり 上昇傾向になったりします。
夜間などに定常的に断水する場合は、出力をホールドすることをお奨めします。
再通水後は、指示が安定してから(1時間程度)、出力のホールドを解除してください。

関連製品&ソリューション

表面散乱形濁度計 TB400G

表面散乱形濁度計は、セル窓の汚れによる測定誤差がありません。また、前面からのアクセスで、保守メンテナンスが容易です。浄水場・放流水の濁度測定に最適です。

トップ