労働安全衛生

YOKOGAWAグループは、「労働安全衛生は経営の基盤である」という認識の下に、YOKOGAWAグループで働くすべての人々の、安全の確保、健康の保持増進を推し進め、快適な職場を提供していきます。YOKOGAWAグループでは、労働安全衛生マネジメントシステム(OHSMS*1)を導入し、労働安全衛生に関わる活動水準の継続的な向上とリスクの低減を推進しています。リスクアセスメントの実施による潜在的なリスクの除去・低減活動、グループ会社を対象とした内部監査による活動の評価・見直しを定期的に行うことで、労働安全衛生水準の段階的な向上を図っています。さらに、ヒヤリハット・ニアミスの分析と対策、安全衛生パトロールなど、従来からの活動を融合させ、仕組みの有効性を高めています。

*1. Occupational Health and Safety Management System
 

YOKOGAWAグループ労働安全衛生方針

YOKOGAWAグループは「労働安全衛生は経営の基盤である」という認識の下に、YOKOGAWAグループで働くすべての人々の、安全の確保、健康の保持増進を推し進め、快適な職場を提供していきます。

  • 労働安全衛生マネジメントシステムを確立し、役割・権限・責任を明確にして、労働安全衛生マネジメント活動を推進します。
  • 法規制等を遵守するとともに、必要な自主基準を設け、労働安全衛生の向上に努めます。
  • 労働安全衛生に関わるリスクアセスメントを実施し、リスクの除去・低減に努めます。
  • YOKOGAWAグループで働くすべての人々並びにお客様、株主、地域社会、取引先等との良好なコミュニケーションを促進します。
  • YOKOGAWAグループで働くすべての人々に、労働安全衛生を確保するための必要な教育・訓練を実施します。
  • 定期的に監査を実施し、労働安全衛生システムを継続的に向上させます。

労働安全衛生マネジメント体制
労働安全衛生マネジメント体制

労働安全衛生マネジメントシステム(OHSMS)の運用

YOKOGAWAグループは、「労働安全衛生は経営の基盤である」という認識に基づき、グループで働くすべての人々の安全確保と、健康の保持・増進のためにOHSMSを運用しています。

定期的に、リスクアセスメントの実施による潜在的なリスクの除去・低減活動、グループ会社を対象とした内部監査による活動の評価・見直しを行うことで、労働安全衛生水準の段階的な向上を図っています。さらに、ヒヤリハット・ニアミスの分析と対策、安全衛生パトロールなど、従来からの活動を融合させ、仕組みの有効性を高めています。

YOKOGAWA グループにおける労働安全衛生の目標

  • 労働災害の撲滅・低減
    YOKOGAWAグループで働くすべての人々の安全を確保し、健康を保持増進する。
  • 労働安全衛生マネジメントシステム(OHSMS)の確立・維持・向上
    (1)PDCAの実行と情報共有により、労働安全衛生活動の継続的な向上を図る。
    (2)すべてのグループ会社でリスクアセスメントを実施し、リスクの除去・低減を図る。
    (3)内部監査の実施により、労働安全衛生レベルの維持・向上を図る。
  • 法規制等の遵守
    労働安全衛生に関わる法律、規則、条例等を遵守する。
  • 労働安全衛生活動の実施
    (1)安全の確保、健康の保持・増進を図る活動
    (2)交通安全意識高揚のための活動
    (3)労働安全衛生教育
    (4)防火・防災訓練
  • 労働安全衛生情報の開示
    労働安全衛生に関する取り組みや成果を開示し、YOKOGAWAグループで働く人々並びに社会とのコミュニケーションを図る。

労働安全衛生教育・訓練

YOKOGAWAグループ全体の活動水準を維持・向上、労働災害の撲滅を目的に、国内グループ会社の全従業員を対象としたeラーニング、活動の責任者や事務局、新任者などを対象とした教育、安全衛生委員会での学習会、およびお客様のプラントや工場などにおける作業時の安全確保に関する研修も行っています。また、各グループ会社でも救急救命訓練や通勤車事故対応演習などを実施しています。

救命講習の様子(横河電機株式会社)
救命講習の様子(横河電機株式会社)

労働災害の撲滅・低減

YOKOGAWAグループでは、四半期ごとに国内外グループ会社の労働災害実績を集計・分析し、労働災害の撲滅・低減、活動内容の改善に取り組んでいます。YOKOGAWAグループで発生した労働災害については、イントラネットで情報を公開し、グループ内に水平展開することにより、同種や類似の災害の再発防止に役立てています。

休業災害発生率
休業災害発生率=休業災害件数÷延べ実労働時間数×100万

労働災害発生率
労働災害発生率=(休業災害件数+不休災害件数)÷延べ実労働時間x100万

 

交通安全活動

横河電機は、交通安全の推進、事故防止のため、地域の自治体や警察署などの協力を得て、各種交通安全講習会を開催しています。業務や通勤で自動車または自転車を運転する社員に対して、受講を義務付けています。

自動車の運転については、交通ルールの順守を図るだけでなく、地域で開催されるセーフティドライバーコンテストへの参加、相互啓発による安全意識の高揚にも取り組んでいます。地球環境への負荷軽減につながる「エコドライブ」も導入しています。

自転車安全利用講習会
自転車安全利用講習会

健康経営


健康経営優良法人認定ロゴマーク

横河電機は、社員の健康維持・増進に関する施策として、場所や時間にとらわれない働き方や働きやすいオフィス環境の整備、労働時間管理、健康開発プログラムなどに取り組んできました。
2016年9月には、社員の健康に関する各種の取り組みを健康経営の観点からさらに加速していくため、健康経営に関するグループ共通の基本方針として「健康宣言」を制定しました。

健康宣言
「YOKOGAWAは、心身の健康の維持・増進に自ら努める社員を支援し、いきいきと活力のある職場を作り、より豊かな人間社会の実現に貢献できる会社を目指します。」

従来からの健康維持・増進施策に「健康宣言」という支柱を得た当社の取り組みは、経済産業省と日本健康会議が、健康保険組合と連携して優良な健康経営を実践している大規模法人に対して与える「健康経営優良法人2018」(ホワイト500)の認定を、2017年に引き続き2年連続で受けることができました。
今後も健康経営の推進体制を整え、定量的・定性的に評価して改善に取り組むとともに、グループ各社に活動を広げ、グループ全体での生産性の向上、社員のモチベーション向上、医療費の削減などの実現を目指してまいります。

*「健康経営」はNPO法人健康経営研究会の登録商標です。

社員支援プログラム(EAP)

健康で充実した会社生活を送るためにEAPを推進

社員が健康障害やライフステージの変化によって本来の能力を十分に発揮できない状態を回避し、継続して高いパフォーマンスを発揮できるように社員支援プログラム(Employee Assistance Program:EAP)を導入しています。YOKOGAWA EAPにおいては、現状にあった制度の見直しを行いながら働きやすい環境を整えて、ストレスなどのケアを考えたメンタルとキャリアの両面から社員をサポートし、社員が健康で充実した会社生活が送れるよう努めています。

EAPの主な活動

周知活動 Eメールやホームページを活用して関連情報を提供し、メンタルヘルスに関する理解の促進に取り組んでいます。
メンタルヘルス研修 新人研修・新任マネージャー研修などを実施し、予防・早期発見に努めています。
ストレス調査 ストレス調査の結果を基に職場のストレス要因を把握し、その予防・対処・解消方法などを支援し、快適な職場づくりを目指して職場と一体となった活動を展開しています。
復職支援 メンタルヘルス不調者、休職者、復職者のケアおよびよりスムーズな職場復帰と再発防止に向けて、段階に応じて本人・職場への適切な支援ができるよう、体制を整備し取り組んでいます。
健康開発
(健康増進策)
社員一人ひとりの心身の健康度アップを目的に生活習慣、とりわけ運動習慣の改善を柱とした「健康開発(健康増進策)」を実施しています。運動によって身体的疾患だけでなくメンタル系疾患の予防にも有効とされおり、社員自身がコンディションを確認しセルフケアすることで健康増進を図ることを支援するものです。
相談対応 社内・社外の相談体制を確立し、メンタルヘルスのみならず人間関係やキャリアに関する悩み、セクハラ、パワハラ、差別(LGBT含む)など、あらゆる相談に応じています。
トップ