これまでの歩み

YOKOGAWAグループでは創業の精神「社会への貢献」のもと、さまざまな取り組みを行ってきました。ここではサステナビリティに関するこれまでの主な取組みを最近のトピックスを中心に紹介します。

2018年

9月 「YOKOGAWAサステナビリティブック」発刊
5月 2030年に向けたサステナビリティ中期目標を設定
2017年 10月 CDP「気候変動」「ウォーター」の2分野で、リーダシップレベル(A-)に認定
6月 ESG評価に基づくFTSE4Good、MSCI ESG Leaders Indexesなどの構成銘柄に初選定
8月 2050年に向けたサステナビリティ目標を設定
5月 WBCSD(持続可能な発展のための世界経済人会議)に参加
2月 横河電機が「健康経営優良法人2017」に認定
2016年 9月 女性活躍推進法に基づく優良企業認定マーク「えるぼし」の最高位を取得

2015年

9月 創立100周年を迎える
5月 YOKOGAWAコーポレート・ガバナンス・ガイドラインを制定
2009年 1月 国連グローバル・コンパクトに参加
2008年 4月 CSR専任部門の設置
2007年 6月 「CSRレポート2007」発刊
2006年 9月 「社会・環境報告書2006」発刊
2002年 6月 YOKOGAWAグループ企業行動規範を制定
2001年 3月 YOKOGAWAグループ環境マネジメント基本規程を制定
1999年 11月 環境ラベル(タイプⅡ)導入
1999年 9月 「環境報告書1999」発刊、環境会計を導入・開示
1998年 2月 本社工場、ISO14001認証取得
1997年 7月 甲府事業所(現横河マニュファクチャリング甲府工場)ISO14001認証取得
1994年 1月 横河電機企業行動規範を制定
1993年 7月 環境ボランタリープラン制定
1993年 2月 地球環境委員会発足、環境担当役員決定
1991年 4月 地球環境保全推進室の新設
1971年   公害防止組織設置
トップ