環境目標と実績

環境方針 2018年度 自己
評価
2019年度目標
取り組み目標 実績
継続的な環境改善活動の推進 各部門は、業務に密着した環境改善活動に取り組み、地球環境保全を実践する 各社・各部門は、生産ラインの改善などによる業務改善によるテーマを実践し、環境負荷の低減を実現 各部門は、業務に密着した環境改善活動に取り組み、地球環境保全を実践する
資源循環型経営の推進 温室効果ガス(GHG)排出量
グループで、前年度比 売上原単位で、1%削減
目標:20.67 t-CO2e/億円

前年度比0.5%削減
20.78 t-CO2e/億円
x 温室効果ガス(GHG)排出量
グループで、前年度比 売上原単位で、1%削減
GHG(エネルギーCO2以外)については、把握および関連設備の管理を徹底する フロンが使用されている機器について、把握および管理徹底。 GHG(エネルギーCO2以外)については、把握および関連設備の管理を徹底する
廃棄物発生量
グループで、前年度比 売上原単位、2%削減
目標:1.16 ton/億円

1.29 ton/億円
生産量の増加および設備メンテナンスに伴う廃棄物の増加により目標未達成
x 廃棄物発生量
グループで、前年度比 売上原単位で、2%削減
水使用量
・各個社は、水使用状況を把握する
・生産拠点は、水資源の効率的利用を強化する

・生産用水の使用状況を解析し、効率的利用を推進
・流量(燃料)試験室の冷却水温度調整に使用されている水量について、装置ベンダーと共同で分析を実施
水使用量
・各個社は、水使用状況を把握する
・生産拠点は、水資源の効率的利用を強化する
再生可能エネルギーの拡大 <2019年度目標追加>
2030年のサステナビリティ目標(エネルギー使用量削減・温室効果ガス排出量削減)に向けて、再生可能エネルギーの導入を進める。
環境汚染物質の削減 各個社は、化学物質使用状況を把握する 生産関連の化学物質使用量を把握・削減施策の実践 各個社は、化学物質使用状況を把握する
低トルエン・キシレン塗料への代替使用推進
環境調和型製品の創出 資材調達から製造、流通、使用、廃棄までの環境影響を考慮した製品を開発、生産し、環境負荷の少ない製品を創出する ・RoHS2への対応
・アセスメント基準適用製品10機種登録、設計審査スケジュール通り実施
資材調達から製造、流通、使用、廃棄までの環境影響を考慮した製品を開発、生産し、環境負荷の少ない製品を創出する
環境ソリューションの提供 環境調和型製品の販売拡大 計画通り実施 環境調和型製品の販売拡大
社会への環境貢献 自然保護活動・社会活動・地域活動などを通して社会貢献活動を図る ・グリーンボランティアイベントの実施
・各地域の清掃活動、社会貢献活動を実施
・甲府事業所見学によるYOKOGAWAの環境活動や環境インフラ製品の紹介
自然保護活動・社会活動・地域活動などを通して社会貢献活動を図る
トップ