生物多様性保全

地球上には多種多様な生物の繋がりがあり、緊密なバランスを保ちながら維持されています。また、すべての生命はひとつひとつに個性があり、直接的・間接的に支えあって生きています。生物多様性は、地球上の生命の豊かさをあらわす一つの指標であると同時に、我々人間に対して様々な恩恵をもたらしてくれます。私たちの暮らし・経済・産業も、これらの恵みに支えられています。

2010年、COP10(生物多様性条約第10回締約国会議)において、2020年までに国際社会が生物多様性の分野で達成すべき個別目標(愛知目標*1)が策定されました。この目標の達成には、国・政府だけではなく地方自治体や研究機関、企業、市民団体などあらゆる層が活動することが求められています。

YOKOGAWAは、グループ環境方針で生物多様性の課題に取り組むことを定め、また、愛知目標を踏まえて生物多様性の保全活動を推進しています。2016年4月には、横河電機本社において、グループ社員のボランティアが運営する生物多様性に関する活動「YOKOGAWAグリーンボランティア」をスタートし、社員への生物多様性保全に関する啓蒙活動や、地域の行政やNPOと連携し、市民向けイベント等を開催してきました。その後、2017年8月に、以下に示すYOKOGAWAグループにおける生物多様性方針および行動指針を策定しました。今後は、生物多様性保全の取り組みをグループ各社に展開し、推進していきます。


生物多様性方針

生物多様性は社会の持続可能性の基盤です。
YOKOGAWAはステークホルダーの皆様とともに、地域性に配慮して生物多様性保全の取り組みを推進します。あらゆる事業活動に伴う負の影響を低減し、生物多様性の改善に取り組むとともに、地域社会のよりよい環境づくりに貢献します。

行動指針

  • 地域と連携し、地域の価値を向上
    行政やNPOと連携した取り組みを通じて、地域の価値を再認識するとともに、地域の価値を向上させる。
  • 社員に教育機会を提供し、啓蒙を図る
    生物多様性に関する社員向けのセミナーやイベント等を通じて、社員への啓蒙を図る。
  • 事業所における生物多様性保全に配慮
    事業所内の緑地管理など生態系に配慮し事業所を運営する。

YOKOGAWAグリーンボランティア

横河電機は、生物多様性保全の活動として、YOKOGAWAグループ社員のボランティアが運営する「YOKOGAWAグリーンボランティア」を、2016年4月にスタートしました。

2017年度は、生物多様性についての啓蒙や保全活動として、地域の生き物の観察会、身近な植物の豆知識セミナーなどのイベントを社内で開催しました。また、地域社会との連携を重視し、武蔵野市やNPOの協力を得て、本社周辺の玉川上水で近隣の小学生とその保護者を対象とした自然観察会を行いました。年間でセミナーやイベントを計12回実施し、延べ約300名の参加者がありました。

横河電機本社は、武蔵野市の中心部に位置しており、井の頭恩賜公園や玉川上水、小金井公園など、豊かな自然に囲まれています。2017年に武蔵野市で策定された生物多様性基本方針では、これらの大規模な公園を中心とした生態系ネットワークや、事業者による積極的な環境活動が武蔵野市の生物多様性の強みとしてあげられています。今後も自治体やNPO等の地域社会と協力し、豊かな自然や歴史・文化などの地域の価値を再発見する活動や、地域の生物多様性の保全活動を推進していきます。

井之頭公園での生き物観察の様子
井之頭公園での生き物観察の様子
(夜の生き物観察会イベント)

本社構内の樹木に設置された樹名板
本社構内の樹木に設置された樹名板
(樹名板付けイベント)

玉川上水沿いの紅葉を観察
玉川上水沿いの紅葉を観察
(落ち葉アルバムづくりイベント)

親子でピクチャースタンドづくり
親子でピクチャースタンドづくり
(武蔵野市民向けイベント)

武蔵野市の大木保護活動

横河電機

本社敷地にある保存樹木
本社敷地にある保存樹木

横河電機本社がある武蔵野市では、街にある大木約2,000本を保存樹木として管理・保護する活動「大木・シンボルツリー2000計画」を1994年から継続して行っています。横河電機の本社敷地にある大木は、約50本が保存樹木として指定され保護されています。

天竜川環境ピクニックへの参加

横河電機 駒ヶ根事業所

天竜川河川敷でのゴミ拾いの様子
天竜川河川敷でのゴミ拾いの様子

(財)長野県テクノ財団が主催する長野県天竜川沿いの清掃活動に駒ヶ根事業所の社員とその家族、計13名が参加しました。(2017年5月)

ごみ分別の意義や大切さを考えると共に天竜川の現状を体感し、循環型社会を目指す「環境美化キャンペーン」として開催されているイベントです。

ボルネオ支援自動販売機の設置

横河ソリューションサービス  立川事業所/半導体サービスセンター

ボルネオ支援自動販売機
ボルネオ支援自動販売機

立川事業所にボルネオ支援自動販売機を設置しています。この自動販売機で飲料を購入した売上の一部が、特定非営利活動法人ボルネオ保全トラスト・ジャパンに寄付され、ボルネオの熱帯雨林と野生動物を守る活動に役立てられています。

トップ