ページ内を移動するためのリンクです。
グローバルナビゲーションへ
本文へ
サイト情報へ

GLOBAL TOP

CLOSE

次世代工場ネットワークセキュリティソリューション

次世代工場ネットワークセキュリティソリューション

IIoT時代に備え、最先端のIT技術とYOKOGAWAのノウハウを融合させた「安心・安全・高品質・堅牢」な次世代工場ネットワークセキュリティソリューションを提供いたします。

 

つながる時代の工場ネットワークにおけるチャレンジ

世界中の工場で、生産性、安全性、保全効率の向上を図るために、企業及び工場内のITインフラを、これまでの社内だけを対象としてきたクローズドなものから、 社外のシステムとも幅広く柔軟につながるコネクテッドなものへと変え、そこから新たな価値を創出しようとするIndustrial IoT (IIoT)の流れが加速してきています。
「IIoTでのつながる、つなげる」は、さまざまな「モノ」がネットワークに接続され、データ通信を行うことを意味します。
新たな価値が創出される一方で、ネットワーク環境にはネットワーク構成の迅速な変更やデータ量の増大にも柔軟に対応できる仕組み、より高いセキュリティの運用が求められます。現状の工場IT基盤の実情を考慮すると取り組まなければならないチャレンジがあり、多くのお客様が悩みを抱えています。

 

  • セキュリティの確保
    「つながり」から生じる新たな脅威への対応
  • ネットワーク負荷への対応
    「つながり」から生じる大量データへの対応
  • 迅速なITサービスの展開
    新たな「つながり」に必要なサービス拡張
  • 人財の確保
    「つながり」を維持・発展させるIT人財の確保

 

ソリューション内容と特長

SDN (Software-Defined Networking) 技術を用いることで、お客様のご要望に、シンプルかつ柔軟に対応し、「工場ITインフラの次の姿」を実現します。

 

SDNとは?

ネットワークをソフトウェアで動的に制御する概念です。従来ネットワークとは異なり、通信機器や配線を物理的に統合し、アプリケーションごとに仮想ネットワークをソフトウェアで自在に構築できるため、以下のメリットがあります。

 

  • ネットワークの集中制御、構築、改造を簡単に実現
  • 運用・管理コストの削減
  • ネットワークのセキュリティ強化

 

SDN

SDN技術導入後にネットワークセキュリティ運用管理サービスを提供することで、IIoT時代に備えた高いネットワークセキュリティの運用を実現します。

     

  • 工場内の通信状態および通信の健全性の監視
    • オンラインでネットワークやサーバの死活状態・通信状態を監視します。
    • 収集したデータの解析を行い、故障予兆時(パフォーマンス低下等)にはお客様に通知を行います。
  • 健全性レポーティング
    • 収集したデータの解析結果を定期レポートとして報告します。
    • 定期的な健全性レポーティングにより、ネットワーク上を流れる通信トラフィックの見える化を実現し、ネットワークセキュリティの状況変化を的確に把握できます。
  • ヘルプデスク機能(インシデント・レスポンス)
    • 電話・メールベースでの問い合わせ対応を行います。
  • サイバーセキュリティ対応
    • ウイルス検知時の駆除対応、ネットワーク・セキュリティチューニング(遮断、セキュリティレベル変更等)を行います。
    • ネットワーク階層化とアクセス制御により、ウイルス感染時の被害拡大を抑制し、不要な通信を遮断します。

 

導入効果

  • ネットワークセキュリティの確保
    よりセキュアなIIoT化に対応したネットワークを構築することにより、インターネット越しや工場をまたぐデータのやり取りを安全に行うことができます。
  • 容易なネットワークの改善・拡張
    お客様の工場環境や運用方法に応じて、大きな投資を行うことなく迅速で柔軟に改善・拡張できます。
  • YOKOGAWAによる安心・安全な運用管理
    お客様に代わって専門知識と豊富な経験を有するYOKOGAWAがネットワークセキュリティ管理を行うことで、煩わしい運用管理に関する手間と時間を削減できます。

 

本ソリューション導入におけるYOKOGAWAのアプローチ

生産現場を知るYOKOGAWAのノウハウを用い、以下のステップで既設ネットワークを含むIT基盤の現状調査、設計および導入から運用/保守までを行います。

 

1. 現状調査

現状のネットワーク構成および接続状態を調査し、現状システム調査報告書を作成します。

  • システムのネットワーク配線状況および各システムの位置付けを確認します。(ご担当者様とのヒアリングと現地設備確認)
  • ネットワーク配線およびSwitch/HUB等の接続状態を確認します。
  • 各システムの位置付けおよび、全ての端末情報を確認します。
  • 端末の通信先・通信元を調査し、どのような通信が行われているかを確認します。

2. 設計

お客様ネットワーク構成における「現状」を調査したうえで「あるべき姿」をデザインし、設計書および導入計画書を作成します。

  • 生産現場を知るYOKOGAWAのノウハウに基づいて、国際標準規格に沿ったセキュアネットワークな設計を行います。
  • お客様の工場の環境・用途に合わせた最適な設計を行います。
  • 生産現場を知るYOKOGAWAのノウハウに基づいて、最適な導入計画を策定します。
  • お客様と打ち合わせのうえ、策定した導入計画をレビューし、導入計画を決定します。

導入

3. 導入

導入計画書に基づき、ITとOTの専門知識と経験を有するエキスパートによる導入を行います。

4. 健全性確認

導入後の通信の健全性状態を確認します。

5. 運用/保守

  • 運用トレーニング、ネットワークセキュリティ運用管理サービスの提供を開始いたします。
  • 工場内の通信状態および通信の健全性の監視、健全性レポーティング、ヘルプデスク機能、サイバーセキュリティ対応を行います。

 

目指す運用:近未来の工場ITインフラ管理

"もしも"が起きないための予防保全、それでも起きてしまった場合の早期解決、二度と起こさないためのデータ解析。 YOKOGAWAの見守りサービスにより、お客様の工場ITインフラの健全性維持をトータルにサポートします。

近未来の工場ITインフラ管理

 

プレスリリース

4月5日発表

ページのトップへ

TOP