横河電機株式会社
横河ソリューションサービス株式会社

ライフ

YOKOGAWAは、サステナビリティ目標「Three goals」の中のWell-being(すべての人の豊かな生活)の実現に貢献することを目指し、 「ライフ事業」を立ち上げ活動しています。
この度、今後の事業の発展や目指す方向性、事業範囲の明確化を図る目的で、「ライフ事業ビジョン」を策定しました。
本ビジョンには、ライフサイエンス関連の研究領域、バイオテック、医薬/食品の生産プロセスにおいて、観察/計測した情報をより高度に連携し、 その解析結果を活用した制御を自律的に行い、ヒトのインテリジェンスを有効活用できるプラットフォームを提供すること。 そして、お客様と共に BIA(Bio Industrial Autonomy) の世界を実現していきたいという思いを込めています。

 

ライフイノベーション事業

 

ライフサイエンス

計測や解析の技術の発展に貢献することで研究者の皆様の抱える課題を解決し、サイエンスに専念できる世界を実現します。

バイオプロセス

リアルタイムモニタリングと予測制御の技術を用いて、仮想空間で様々な実験シミュレーションが行える「デジタルツイン」の世界を実現します。

医薬生産

全ての生産活動から得られる情報を解析・コントロールするとともに作業者の安全に配慮し原料品質、設備劣化、技術伝承、製造環境整備の課題解決を実現します。

食品生産

需要予測に基づいた、最適で高効率な自動操業に加え、おいしさも含めた品質の追求をお手伝いし、人手を介さずに成長していく自律した操業を実現します。

ライフライン・上下水道

最新のIndustrial IoT技術と新たな運用アイディアを組み合わせ、ライフライン事業における“市民・自治体・企業を繋ぐソリューションサービスプロバイダ”としてライフライン事業の様々な課題に取り組んでまいります。

  • 1細胞解析ソリューション

    共焦点スキャナで細胞を観察しながら目的とする細胞の位置情報を取得、細胞成分を正確に採取した後に、1細胞質量分析法や1細胞遺伝子解析法等を用いて高感度に分析する装置の開発に取り組んでいます。

    さらに見る
  • 環境モニタリングシステム

    OpreX Environmental Monitoring System は、医薬品製造・品質管理・保管等の環境モニタリングを目的として、温度・湿度・室間差圧をはじめとした管理データの測定・記録・長期保存を行います。

    さらに見る
  • ライフライン・上下水道

    国内外のライフライン事業を取り巻く社会環境は、人口問題、災害の変容、財政問題等大きく変化しています。YOKOGAWAは最新のIndustrial IoT技術と新たな運用アイディアを組み合わせ、ライフライン事業における“市民・自治体・企業を繋ぐソリューションサービスプロバイダ”としてライフライン事業の様々な課題に取り組んでまいります。

    さらに見る

詳細

ライフ事業の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への取り組みについて

YOKOGAWAは、「すべての人の豊かな生活(Well-being)」の実現に貢献することを目指し、「ライフ事業」を立ち上げました。本事業は、従来から医薬・食品産業向けに展開しているライフサイエンスや生産ソリューションの既存事業に加え、開発中の新技術・製品を起点として事業を拡大し、基礎研究から物流・サービスまでお客様のバリューチェーン全体での生産性革命を実現し、人々の安全で豊かな生活を支えています。

当社はライフサイエンス分野で30年以上の実績があり、全世界で3,000台以上の販売実績があるスピニングディスク方式共焦点スキャナユニットCSUをコアコンピタンスとし、ライブセルイメージング、ハイコンテントスクリーニングシステム、1細胞解析装置などの販売し、最先端のライフサイエンス研究を支えています。また、生産ソリューション分野でも、原薬・製剤・バイオ領域において、グローバルで1,000を超える製造・生産・品質管理システムや制御システムの導入実績があります。

YOKOGAWAは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対応として、感染拡大防止のためのさまざまな対策を講じながら、お客様への影響を最低限にとどめるよう努めています。また、国内外のアカデミア・研究機関と連携して、新薬・ワクチンの早期開発に向けた研究支援を行っています。今後一日も早い終息に向け、私たちが今できること考え、お客様やビジネスパートナーの皆様と連携して取り組んでまいります。

ご不明な点やサポートが必要な場合には、当社営業・サービス担当者にお問い合わせいただくか、以下のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

 Events & Topics

2021/9/17

第80回日本癌学会学術総会に出展します

会期:2021年9月30日(木)~10月2日(土)
会場:パシフィコ横浜 会議センター・展示ホールA・B(学術総会)
             パシフィコ横浜ノース G401+G402 (市民公開講座)
      一部オンライン開催(一部セッションをオンデマンド配信予定(10月18日(月)~11月12日(金))
      大会ホームページ:第80回日本癌学会学術総会 

横河電機ブース
ブース番号:2-11
出展品目:超低侵襲スマートインジェクターSingle Cellome Unit SU10
                   共焦点定量イメージサイトメーター CellVoyager CQ1

関連発表
シングルセル解析ソリューションについてピッチセミナーを行います。

セミナー名:第80回日本癌学会学術総会ピッチセミナー
日時:9月30日(木)16:20-16:30
場所:パシフィコ横浜展示ホールA・B

2021/9/6

第30回日本バイオイメージング学会学術集会に出展します

会期:9/9(木)-9/10(金)
会場:オンライン(参加登録は受付終了しました。)
大会ホームページ:第30回日本バイオイメージング学会学術集会

出展品目:共焦点スキャナユニットCSU
関連発表:超解像ライブセルイメージングと2光子技術(プロトタイプ)のご紹介
日時:9月9日(木)12:50-13:10
 
共焦点スキャナユニットCSUの超解像オプションや照明均一化オプション、またより深部の観察に適した2光子プロトタイプモデルをご紹介します。
下記の時間に企業ブースを設けていますので、ご参加の折はぜひ弊社ブースへお立ち寄りください。
 
オンラインブース開設時間:
9 月9 日(木) 11:30〜12:30、15:30〜16:30
9 月10 日(金) 10:30〜11:30、14:30〜15:30

2021/6/25

第73回日本細胞生物学会大会に出展します

会期:6/29(火)-7/2(金)
会場:オンライン ※参加申し込みは既に受付を終了しています。
大会ホームページ:第73回日本細胞生物学会大会

出展品目:
・【新製品】超低侵襲スマートインジェクターSingle Cellome Unit SU10
 先端径が数十ナノメートルのガラスピペット(ナノピペット)により、狙った細胞へ低侵襲で
 穿刺することができる新しいコンポーネントシステムをご紹介します。
・共焦点スキャナユニットCSU
 超解像オプションや照明均一化オプション、またより深部の観察に適した2光子プロトタイプモデルをご紹介します。
・ハイコンテントアナリシスCellVoyager
 培養環境からの搬送、ハイコンテントスクリーニングシステムCV8000・CQ1での4D画像を取得、
 画像解析ソフトCellPathfinderでの特徴量の抽出・チャート表示までを自動で行うことができます。
 お客様のご要望に合わせて必要な機器を選択・ご提案できる、トータルソリューションをご紹介します。

また、本大会の企業展示と合わせて、製品担当者と対話できるZoomミーティングを開設しています。
こちらは登録不要でどなたでもご参加いただくことが可能です。
出展品目についてご質問、ご説明をご希望の方は是非お気軽に下記リンクよりお問い合わせください。

横河電機特設ページはこちら (特設ページ内にZoomミーティングへのリンクがございます。)

2021/6/11

日本ゲノム編集学会第6回大会に出展します
会期:6/16(水)-18(金)
会場:オンライン
大会ホームページ:日本ゲノム編集学会第6回大会

出展品目: 超低侵襲スマートインジェクター Single CellomeTM Unit SU10
概要:   超低侵襲スマートインジェクターSU10は様々な物質を低侵襲で選択的に細胞内に自動注入します。
      CRISPR-Cas9などのゲノム編集ツールを特定の細胞核に直接注入することで、既存の手法に比べて
      格段に高い編集効率を実現します。
関連発表: 東京理科大学 理工学部 鎌倉研究室によるSU10を用いたゲノム編集の研究成果が発表されます。
      演題:【P-7A】低侵襲インジェクションユニットSU10を用いたヒト細胞核への選択的CRISPR/Cas9 デリバリーとゲノム編集
      日時:6月17日(木)12:50-13:30

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

2021/4/12

CPhI Japan 国際医薬品開発展 2021に出展します
会期:2021年4月14日(水)~16日(金)
会場:東京ビッグサイト ブース:西2ホール F-16
URL:CPhI Japan 国際医薬品開発展 2021 公式サイト

出展品目: 
【新製品】アドバンストコントロールバイオリアクターシステム BR1000
フローイメージング顕微鏡 FlowCam
1細胞解析ソリューション Single Cellome UnitTM SU10
ハイコンテントアナリシス CellVoyager
医薬品ソリューション スマートファクトリー

出展社プレゼンテーション:4月16日(金)【1C-18】13:45-14:15 西1ホール 1C会場
アドバンストコントロールバイオリアクターシステム(BR1000)のご紹介
概要  バイオリアクターでの細胞培養状態をサンプリングせずに、
    独自開発したインラインソフトセンサ―により計測し、
    制御することで、自動培養を実現しました。
    皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

2021/2/5

第6回デザイン生命工学研究会 ピッチイベントに参加します
会期:2021年3月5日(金)
会場:オンライン開催(Zoom)
参加費:無料
URL:第6回デザイン工学研究会のご案内

ご紹介予定製品: 
 ◆1細胞解析ソリューション Single Cellome UnitTM SU10
11:00-12:00のピッチイベント内で新製品SU10をご紹介します。
1細胞レベルでのナノインジェクションを可能にする装置です。
既存の細胞内導入方法でお困りの方など、ぜひご参加ください。

2021/1/8

アドバンストコントロールバイオリアクターシステム BR1000を発売開始しました
アドバンストコントロールバイオリアクターシステム BR1000は、高精度なリアルタイムモニタリングと高度制御により
ラボスケールの動物細胞培養を自動化します。

製品紹介ページ:アドバンストコントロールバイオリアクターシステム BR1000

2020/11/9

第43回日本分子生物学会年会 オンライン展示会に出展します
会期:2020年12月2日(水)~4日(金)
     バーチャル展示は2ヶ月間公開予定
URL:日本分子生物学会年会案内ページ

出展予定製品: 
 ◆1細胞解析ソリューション Single Cellome UnitTM SU10
 ◆1細胞解析ソリューション シングルセルマニピュレータ(開発中)

共催セミナー:2020年12月3日(木)12:00-12:20
 1細胞解析の世界を切り拓く 新たなソリューション
 概要  超低侵襲で安定した高速自動インジェクションを可能にする新製品SU10
     および細胞の位置情報や形態情報を保持したまま全自動で1細胞の
     単離や細胞内成分の吸引が可能な技術(開発中)をご紹介します。
 

2020/11/2

フローイメージング顕微鏡FlowCamを販売開始しました

FlowCamは、液体中の粒子の画像を高解像度で撮影し、画像解析、付属のソフトウェアVisualSpreadsheetで、個々の粒子画像から40以上の特徴量を測定します。
フローイメージング顕微鏡を用いることで、様々な新しいアプリケーションに対応できます。

製品紹介ページ:フローイメージング顕微鏡FlowCam

2020/9/4

第79回 日本癌学会学術総会 バーチャル展示会

学術総会:2020年10月1日(木)-3日(土)
バーチャル展示会:2020年10月1日(木)31日(土)
URL:癌学会学術総会案内ページ https://site2.convention.co.jp/jca2020/

出展機種:1細胞解析ソリューション Single Cellome UniteTM SU10
     1細胞解析ソリューション シングルセルマニピュレータ(開発中)
     バイオ抗体薬生産ソリューション(開発中)
     共焦点スキャナユニット CSU
     共焦点定量イメージサイトメーター CQ1
     ハイスループット細胞機能探索システム CellVoyager CV8000
     ハイコンテント解析ソフトウェア CellPathfinder

2020/8/21

Bioprocessing Summit 2020 Virtualに出展します。

開発中のアドバンストコントロール細胞培養システムをご紹介します。ご参加を心よりお待ちしております。なお、英語のみでの対応となりますのでご了承ください。

会期:2020年8月24-28日(EST) 会場:オンライン開催
Bioprocessing Summit 公式サイト(英語)

2020/8/20

Discovering Potential Covid-19 Therapies using High Content Screening
HCAによるCOVID-19治療薬の探索:横河HCAシステムCQ1を用いた既存薬のスクリーニングの実例紹介

日付: 2020年8月27日 AM1時

サマリー
本ウェビナーでは、抗ウイルス感染メカニズムの解明、及びCOVID-19治療薬をスクリーニングする目的で、ミシガン大 Jonathan Sexton教授により確立された、SARS-CoV-2の感染を細胞画像解析によりハイスループットでスクリーニングする方法に関して議論します。本スクリーニング法の感染細胞の形態学的なプロファイリングにより、SARS-CoV-2感染に対する治療法の可能性が明示され、さらにCOVID-19の感染経過をさらに悪化させてしまう可能性のある薬剤を同定しています。

本ウェビナーでは下記を中心に議論します。
 Sexton 研での機械学習アプローチによるウイルス感染スクリーニング測定基準の確立により抗ウイルス効果とそのメカニズムを予測できる感染細胞の特徴を正確に見出すことができる
 いくつかのFDA認可薬と治験薬は特異的な抗ウイルス作用があることが上記スクリーニング法により見出された
 ラクトフェリン(Lactoferrin)はいかにしてウイルスの宿主細胞への侵入と複製を阻害し、宿主細胞の抗ウイルス反応を増幅させ、さらにレムデシビル(remdesivir) と ヒドロキシクロロキン(hydroxychloroquine)の薬効を高めるのか

スピーカー
Jonny Sexton
Assistant Professor, Internal Medicine, Division of Gastroenterology and Hepatology
Assistant Professor, College of Pharmacy, Medicinal Chemistry
Faculty Lead, Michigan Institute for Clinical & Health Research, MICHR, Drug Repurposing

申し込みリンク(英語サイト)

2020/6/23

Chambridge HEALTHTECH Institute社のWebinarに参加します。
日本時間深夜の開催ではありますが、ぜひご参加ください。なお、本セミナーはすべて英語で実施します。
ご紹介内容:Integration of soft-sensor technologies with CHO-cell predictive models for improved bioreactor automation & process control

会期:2020年7月29日 会場:オンライン開催
公式HPリンク Chambridge HEALTHTECH Institute(英語サイト)

2020/6/8

Bio Digital 2020にてパートナリングイベントに参加および企業セミナーを行います。
ご紹介内容:アドバンスドコントロール細胞培養システムについて

会期:2020年6月8-12日 会場:オンライン開催
公式HPリンク Bio Digital 2020 紹介サイト(英語サイト)

ライフサイエンスに関する最新情報を定期的に配信しています。
是非フォローをお願いいたします。

 

Yokogawa Life Science

•Twitter @Yokogawa_LS
•Facebook Yokogawa Life Science
•LinkedIn Yokogawa Life Science
•YouTube Life Science Yokogawa

 

横河電機株式会社公式アカウントリスト

Social Media Account List

関連情報

概要:

アウトソーシングパートナーとしてさらなる信頼を確保するため、米国 FDA 21 CFR Part11、厚生労働省 ER/ES 指針に対応する電子記録の要件を満たすシステムを導入しました。

業種:
概要:

横河はインドにある製糖工場の自動化システムを、システムの互換性と費用対効果を考慮し、導入させて頂きました。

業種:
概要:

エボニック・テクノケミー社(ドッセンハイム、ドイツ)は、医薬品の原薬や中間体を製造するプラントを操業する受託合成のスペシャリストです。

業種:
概要:

Mitr Phol Group(以下Mitr Phol社)は、タイをはじめとするアジア最大の製糖、バイオエネルギー、エタノール製造会社です。またMitr Phol Groupは製糖会社の中で世界第3位に位置しています。 タイを始め、中国、ラオス、オーストラリアに拠点を置き、製糖、エタノール、バイオマスエネルギー、木材代替資源、農業関連の物流等を主要な事業としています。

業種:
概要:

横河電機は2020年10月より、医薬・医療機器業界向けの環境モニタリングシステム 「OpreX Environmental Monitoring System」の提供を開始した。国内外同時発売となったOpreX EMSは、規制対応や業務上のリスク分散、ユーザビリティの高さなど顧客ニーズに立脚したものであるが、その開発経緯や特長を担当者に聞くと、同社が掲げる 事業ビジョンに合致した新たなソリューションであることがうかがえた。

業種:

ドキュメント&ダウンロード

動画

概要:

SMARTDAC+の拡張セキュリティ機能オプション(/AS)を装備することにより、米国FDA 21 CFR Part 11(電子記録および電子署名に関する規制)の厳格な要件に対応します。
また、PIC/SとWHO, MHRA, FDAで言及されているALCOA+に則ったデータインテグリティにも対応します。

概要:

このたび、ライフ事業のビジョンを策定しました。
このビジョンには、ライフサイエンス関連の研究領域、バイオテック、医薬/食品の生産プロセス、水循環において、観察/計測した情報をより高度に連携し、その解析結果を活用した制御を自律的に行い、ヒトのインテリジェンスを有効活用できるプラットフォームを提供すること。
そして、お客様と共に、BIA(Bio Industrial Autonomy) の世界を実現していきたいという思いを込めています。

概要:

Werum社のMES "PAS-X"とYOKOGAWAのDCS "CENTUM VP" の連携標準化についてご紹介します。

概要:

計測や解析の技術の発展に貢献することで研究者の皆様の抱える課題を解決し、サイエンスに専念できる世界を実現します。

概要:

リアルタイムモニタリングと予測制御の技術を用いて、仮想空間で様々な実験シミュレーションが行える「デジタルツイン」の世界を実現します。

概要:

全ての生産活動から得られる情報を解析・コントロールするとともに作業者の安全に配慮し原料品質、設備劣化、技術伝承、製造環境整備の課題解決を実現します。

概要:

需要予測に基づいた、最適で高効率な自動操業に加え、おいしさも含めた品質の追求をお手伝いし、人手を介さずに成長していく自律した操業を実現します。

概要:

環境モニタリングシステムの導入により、高い安全性を保つ品質管理が可能な細胞保存施設の環境を構築しました。

ニュース

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください

お問い合わせ

トップ