ライフイノベーション

YOKOGAWAは、「すべての人の豊かな生活( Well‐being)」の実現に貢献することを目指し、2018年4月に新たに「ライフイノベーション事業」を立ち上げました。
本事業は、従来から医薬品・食品産業向けに展開しているライフサイエンスや生産ソリューションの既存事業に加え、開発中の新技術・製品を起点として事業を拡大し、基礎研究から物流・サービスまでバリューチェーン全体での生産性革命を実現し、人々の安全で豊かな生活を支えます。

ライフイノベーション事業

 

ライフサイエンス

細胞内部を3Dで観察を行う共焦点スキャナユニット(CSUシリーズ)や、培養細胞の評価実験を自動で行うハイコンテントスクリーニングシステム(CellVoyagerシリーズ)を提供し、ライブセルイメージング分野で、世界中の最先端研究を支えています。

  • 共焦点スキャナユニット
  • ハイコンテントスクリーニングシステム

 

開発中の新技術・製品

YOKOGAWAでは、「バイオ」「エネルギー」「マテリアル」の3つのテーマを、今後の注力領域と定義しています。ライフイノベーション事業では、バイオ領域において、「細胞」や「生物」をキーに製品開発を行っています。

  • バイオ抗体薬生産ソリューション
  • 1細胞解析ソリューション
  • 微生物コンタミ管理ソリューション
  • 再生医療向け統合品質管理ソリューション

 

生産ソリューション

お客様とともに現場で培ってきたノウハウをもとに、医薬品・食品業種を中心に、生産現場で使用するフィールド機器から制御システム、生産・製造管理システム、基幹業務に至るまで、総合的なソリューションを提供し、お客様の生産性向上に貢献します。

  • 医薬品ソリューション
  • 食品ソリューション
  • ライフサイエンス分野で30年の実績、最先端のソリューションでお客様の課題解決にお応えします。

  • バイオ医薬品を生産する細胞培養プロセスにおいて、新たなセンサーと予測制御技術を提供し、生産性(品質・収量)の向上に貢献します。

  • 共焦点スキャナで細胞を観察しながら目的とする細胞の位置情報を取得、細胞成分を正確に採取した後に、1細胞質量分析法や1細胞遺伝子解析法等を用いて高感度に分析する装置の開発に取り組んでいます。

  • 長年にわたり培ってきた高感度蛍光計測技術と、新たに開発中のラベリングレス遺伝子検査デバイスにより、食品などへの微生物混入を迅速に判定することを目指しています。

  • 製造3要素(製造工程・品質試験・製造環境)に関わる情報を集約してリンクする、統合品質管理システムの構築を目指しています。

  • 原薬・製剤・バイオ領域への1000を超えるシステムの導入実績を礎に、医薬品産業の発展に貢献しています。

  • 日々の改善サイクルに加え、IIoTを活用して不良を出さない、徹底したロス削減に向けた環境づくりを支援いたします。

持続可能な開発目標 Sustainable Development Goals(SDGs)

2015年9月、国連では今後15年かけて私たちの地球を守り、よりよき将来を実現するための計画「アジェンダ2030」が採択されました。この計画は、全世界が「持続可能な開発目標(SDGs)」を掲げて取り組み、『誰も取り残されない』社会を実現しようという壮大なチャレンジです。SDGsに盛り込まれている17の目標と169のターゲットの中には、貧困、健康、教育、気候変動、環境劣化など、企業にとって関連のある広範な課題が取りあげられています。

持続可能な開発目標

 

Well-being の実現

YOKOGAWAはSDGsの方向性にあわせ、2050年に向けて「気候変動への対応(Net-zero Emissions)」「資源循環と効率化(Circular Economy)」「すべての人の豊かな生活(Well‐being)」というサステナビリティ目標(Three goals)を策定しました。その中の「すべての人の豊かな生活(Well‐being)」の実現に貢献することを目指し、2018年4月に新たな事業としてライフイノベーション事業本部を立ち上げ、人々の安全で豊かな生活を支えることを目指し、活動しています。

Well-being の実現

 

環境の変化と課題

  • 世界人口増加と先進国の高齢化などで事業環境が大きく変化
  • 地球規模の社会課題対応、ゲノム技術やデジタル技術の進展に伴うバイオテクノロジー活用が拡大
  • 人々の健康・食・医療への意識変化や安全性要求などの高まり

環境の変化と課題

 

ライフイノベーション事業

  • 従来から医薬品・食品産業向けに展開しているライフサイエンスや生産ソリューションの既存事業に加え、開発中の新技術・製品を起点として事業を拡大します
  • 基礎研究から物流・サービスまでバリューチェーン全体での生産性革命を実現し、人々の安全で豊かな生活を支えます

第1回ファーマラボEXPO出展のご案内

東京ビッグサイトにて開催される第1回ファーマラボEXPOにおいて、展示・企業セミナーを行います。
本展示会では、医薬品の研究・開発にフォーカスした製品・ソリューションを中心に、実機も多数展示いたします。
皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。

開催概要

会期 2019年7月3-5日 10:00 - 18:00 (5日は17:00 終了)
会場 東京ビッグサイト 青海展示棟 アクセス図
小間番号 A17-4
参加費用 ファーマラボExpo招待券をお持ちの場合、入場料が無料となります(通常:5,000円)
来場をご希望の方はにお送りいたしますので、右記より申し込みください 招待券申し込みフォーム

出展製品

出展製品

横河電機招待状はこちらからダウンロードできます 横河電機招待状

企業セミナー

日時 7月3日(水) 14:20 - 14:50
会場 セミナー会場 A-3
題目 横河電機のアドバンスドコントロール細胞培養システム
演者 横河電機株式会社 ライフイノベーション事業本部 新事業企画リーダー 下田 聡一郎
内容 PAT技術を搭載したバイオリアクタを紹介します。2つのインラインセンサと予測制御ユニットで最適な培養制御を実現します。

 

日時 7月5日(金) 14:20 - 14:50
会場 セミナー会場 A-3
題目 ライブセルHCAソリューション「CellVoyager」のご紹介
演者 横河電機株式会社 ライフイノベーション事業本部 アプリケーションスペシャリスト 遠藤 利朗
内容 搬送からライブセル撮像、4D解析、データ管理まで、HCAをトータルに支えるYOKOGAWAの最先端ソリューションについて、
多くの活用事例を交えてご紹介します。


■同時開催のインターフェックスジャパン(南展示棟1F S9-34)にも出展しております。ぜひお立ち寄りください。
 インターフェックスジャパン出展内容

■公式サイト 第1回ファーマラボEXPO

ライフサイエンスに関する最新情報を定期的に配信しています。
是非フォローをお願いいたします。

Yokogawa Life Science

•Twitter @Yokogawa_LS
•Facebook Yokogawa Life Science
•LinkedIn Yokogawa Life Science

横河電機株式会社公式アカウントリスト

Social Media Account List

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください


お問い合わせ
トップ