会社沿革

1915年 建築家・工学博士横河民輔が、横河一郎、青木晋の参加を得て、東京府渋谷町に電気計器の研究所を設立
1917年 電気計器を発売。日本の電気計器国産化の先駆けとなる
1920年 株式会社組織とし、(株)横河電機製作所と称す
1933年 航空計器、流量・温度・圧力等の自動調整装置の研究・製造を開始
1948年 株式を一般に公開
1950年 日本初の電子管式自動平衡計器を完成
1955年 フォックスボロー社(米国)と工業計器に関する技術援助契約を締結
1957年 北米営業所 Yokogawa Electric Works, Inc.を設立
1964年 工業用分析計市場に本格進出
1969年 渦流量計を完成し、製造・販売を開始
1974年 シンガポール工場 Yokogawa Electric Singapore Pte. Ltd.を設立
オランダにヨーロッパ営業所 Yokogawa Electric (Europe) B.V.を設立
1975年 世界初の分散形制御システム、総合計装制御システム「CENTUM」発表
1983年 (株)北辰電機製作所と合併、横河北辰電機(株)に社名変更
1985年 中国の西安儀表廠と合弁で、計装システムの設計・販売会社、西儀横河控制系統有限公司を設立
1986年 CI(コーポレート・アイデンティティ)実施、横河電機(株)に社名変更
1988年 高周波測定器分野へ本格参入
1990年 バーレーンにYokogawa Middle East E.C.設立
1996年 共焦点レーザ顕微鏡スキャナを発売、バイオテクノロジー分野に参入
2002年 安藤電気(株)を100%出資のグループ会社とする
2008年 新薬開発を支援するバイオテストシステム開発、創薬支援システム市場に本格参入
2010年 測定器ビジネスを横河メータ&インスツルメンツ(株)に統合
2013年 国内制御事業の販売、エンジニアリング、サービスを担う、横河ソリューションサービス(株)発足
2015年 中期経営計画「Transformation 2017」を発表
2016年 KBC Advanced Technologies plcを買収
2018年 中期経営計画「Transformation 2020」を発表
トップ