ソフトウェア

 BSP (Board Support Package)

BSP(Board Support Package)は、リアルタイムOS CPUモジュールでLinuxやVxWorksなどの各システムを動作させるためのボードサポートパッケージ(ソフトウェア部品)です。本パッケージに含まれるドライバやライブラリを使用することで、e-RT3 CPU ハードウェアおよび豊富なI/O モジュール群にアクセスできます。

 

ドライバパッケージ

ユーティリティモジュールを使用するために必要なソフトウェアを提供します。

 

Linterランタイムライセンス

Linterランタイムライセンスは、Linux対応CPUモジュール(F3RP61-2*)あるいはVxWorks対応CPUモジュール(F3RP62-2*)でLinterデータベースアプリケーションを使用するための使用許諾です。本ライセンスは、CPUモジュール1台につき1ライセンス必要です。Linterは株式会社ブライセンのデータベースソフトウェアです。

F3RP7*シリーズ

BSP SFRD12-JDW 【F3RP71用】 Linux BSP
SFRD12-JDW/L90 【F3RP71用】 Linux BSP, テクニカルサポート付き(3アカウント)

 

F3RP6*シリーズ

BSP SFRD11-JCW 【F3RP61用】 Linux BSP, 1年間のテクニカルサポート含む*2
SFRD21-JCW 【F3RP62用】 VxWorks BSP, 1年間のテクニカルサポート含む*2
Linterランタイムライセンス*1 SFRL12-JPW Linux (SFRD11-JCW/F3RP61-2*対応) 
SFRL22-JPW VxWorks (SFRD21-JCW/F3RP62-2*対応)
ドライバパッケージ SFUM11-JWV*3 CANインタフェースモジュール用ドライバパッケージ
SFUM13-JW**3*4 多チャネルRS通信モジュール用ドライバパッケージ

*1 : 株式会社ブライセンの組込みデータベースLinter開発キット(Linter Enbedded SDK for e-RT3)が別途必要です。
*2 : 2年目以降にテクニカルサポートが必要な場合は別途購入の必要あり
*3 : VxWorks BSP(SFRD21)購入者は、ユーザ専用ページより無償ダウンロード
*4 : Linux BSP(SFRD11)購入者は、ユーザ専用ページより無償ダウンロード

F3RP71用Linux BSP(SFRD12-JDW)

Linux BSPは,e-RT3のLinux対応CPUモジュール(形名F3RP71)で動作するアプリケーション開発に使用するボードサポートパッケージ(ソフトウェア部品)です。
Xilinxが無償配布するeclipseプラットフォームの統合開発環境Xilinx SDKに,本ソフトウェアをインストールして使用します。

 

機能

  • I/Oモジュールアクセス
    各種I/Oモジュールを操作するAPIを提供します。
     
  • CPUモジュールアクセス
    マルチCPU構成でe-RT3 CPUモジュール/シーケンスCPUモジュールを操作するAPIや,CPUモジュール間の同期処理に使用するシグナル通知の機能を提供します。
     
  • PLCデバイスアクセス
    PLCデバイスは,シーケンスCPUモジュール内のデータ構造をエミュレートする機能です。F3RP71が提供するパソコンリンクコマンド(弊社仕様)によるプログラマブル表示器接続用のサービスや,フィールドバスネットワークFL-netへの接続,およびマルチCPU構成時の共有デバイスの仕組みを実現しています。これらのPLCデバイスを操作するAPIを提供します。
     
  • システム管理
    Linux CPUモジュールに搭載されたメンテナンスLEDやMODEスイッチ等のデバイスを操作するAPIや,システムログを記録する仕組みを提供します。システムログはLinux BSPが提供するAPIのエラーも自動的に記録します。
     
  • RAS
    システムの異常を調査/監視するためのAPIや,異常時にアラームを受け取る仕組みを提供します。電源電圧の瞬停検知機能やCPUの温度異常をアラームとして受け取れます。
     
  • WDT
    ソフトウェアWDTの機能とその操作用APIを提供します。アプリケーションが正常に動作していることを監視できます。
     
  • カスタムユーザランドの提供
    LinuxのオープンソースソフトウェアをパッケージしたLinux対応CPUモジュール用のユーザランドを提供します。オープンソースソフトウェアのカスタマイズやパッケージの取捨選択ができます。Webサーバ,プリンタ出力,データベース(組み込みライブラリ/サーバ/クライアント)等,アプリケーションの幅を広げる多くのオープンソースソフトウェアを提供します。
     
  • Linuxカーネルのソースコードの配布
    Linux対応CPUモジュールにプリインストールされているLinuxカーネルのソースコードを提供します。Linuxのカスタマイズを行ってLinux対応CPUモジュールを動作させることができます。

 

注意事項

  • 本製品に含まれるオープンソースソフトウェアは,弊社が各ソフトウェアのライセンスに従って再配布しているものです。お客様がご使用の際には各ソフトウェアのライセンス内容をご確認の上,使用許諾の範囲でお使いください。
  • 弊社改変部分を含めて,オープンソースソフトウェア部分の保証は各ソフトウェアのライセンスに従います。 例えばGPLであれば無保証となります。再配布しているオープンソースソフトウェアに関して,弊社が保証するものではありません。

 

動作環境

  仕様
開発パソコン
オペレーティングシステム
Windows 7 Professional (32-bit and 64-bit), English/Japanese
Red Hat Enterprise Workstation 6 (32-bit and 64-bit)
SUSE Linux Enterprise 11 (32-bit and 64-bit)
CentOS 6.7*1
統合開発環境開発環境 Xilinx SDK 2013.4
対応CPUモジュール F3RP71-1R
F3RP71-2L

*1 : GNOMEデスクトップ環境の一部の機能が使用できません。

F3RP61用 Linux BSP(SFRD11-JCW)

F3RP61-2*用 Linux BSP は,RTOS-CPU モジュールでLinux システムを動作させるためのボードサポートパッケージ(ソフトウェア部品)です。本パッケージに含まれるドライバやライブラリを使用することで,e-RT3 CPU ハードウェアおよび豊富なI/O モジュール群にアクセスできます。また,リアルタイムLinux(PREEMPT_RT)に対応したKernel,ユーザランド,クロス開発ツールが含まれているため,Linuxが動作するPC を別途用意することで直ぐに開発を始められます。

 

機能

  • e-RT3/FA-M3 I/O モジュールアクセス
    e-RT3/FA-M3 の各種I/O モジュールへのアクセスドライバです。
     
  • FA-M3シーケンスCPU モジュールアクセス
    FA-M3のシーケンスCPU モジュールへのアクセスドライバです。
     
  • 表示器接続サービス
    パソコンリンクコマンド(弊社仕様)による表示器接続サービスです。Ethernet/RS-232Cポート経由,パソコンリンクモジュール/Ethernetインタフェースモジュール経由での接続に対応しています。表示器以外のパソコンソフトなどともパソコンリンクコマンドで通信できます。
     
  • PLCデバイス対応
    PLC用の表示器を簡単に接続するための機能です。シーケンスCPUのデバイス相当をメモリ上に割付けてアクセス可能にします。
     
  • WideField2,WideField3接続サービス
    シーケンスCPUモジュールとのマルチCPU構成時に,Ethernetポート経由でシーケンスCPUへアクセスできます。(RTOS-CPUモジュール自身へのアクセスは行えません)
     
  • FL-netサービス
    FL-netインタフェースモジュールを使用して,PLC間ネットワークを構成できます。
     
  • シグナル送受信
    マルチCPU構成に他のCPUモジュールに対して,データを含む割込み通知を行えます。(シーケンスCPUモジュールでのシグナル命令に相当します)
     
  • RS-232C通信
    F3RP61に装備されているシリアル通信ポートを使用する場合のアクセスドライバです。
     
  • Ethernet通信
    F3RP61に装備されている10BASE-T/100BASE-TXを使用する場合のアクセスドライバです。
     
  • CFカードアクセス
    CFカードを使用する場合のアクセスドライバです。
     
  • IEEE1394アクセス
    F3RP61に装備されているIEEE1394aを使用する場合のアクセスドライバです。使用するには機器に合わせたプロトコルを別途実装する必要があります。
     
  • PCIアクセス
    F3RP61に装備されているPCIを使用する場合のアクセスドライバです。ユーティリティ・モジュールとの通信に使用します。
     

注意事項

  • 本製品に含まれるオープンソースソフトウェアは,弊社が各ソフトウェアのライセンスに従って再配布しているものです。
    お客様がご使用の際には各ソフトウェアのライセンス内容をご確認の上,使用許諾の範囲でお使いください。
  • 弊社改変部分を含めて,オープンソースソフトウェア部分の保証は各ソフトウェアのライセンスに従います。
    例えばGPL であれば無保証となります。本製品に同梱しておりますが,弊社が保証するものではありません。

 

動作環境

  仕様
開発環境*1 以下のアイテムを本パッケージに同梱
  • F3RP61-2□をサポートしたカーネル
    (kernel.org Linux2.6.26.8+patch2.6.26.8-rt16 ベース)
  • 特定の configuration でビルドしたプレビルドカーネル
  • ユーザランド(tiny/std/ext/dev の4 種類+旧製品互換1 種を予め用意)
  • e-RT3 用ドライバモジュール
  • クロス開発ツール
  • ブートローダ*2
  • 各種パッケージ(rpm/srpm)
※開発には別途RedHat系ディストリビューションLinux(Fedoraなど)が動作するPCあるいは仮想PC環境が必要
対応CPUモジュール F3RP61-2R
F3RP61-2L

*1:オープンソースソフトウェア(上記開発環境に含まれる全てのソフトウェア)は,そのライセンスに従ってお客様の責任の下でご使用ください。
*2:F3RP61 はブートローダが組み込まれた状態で出荷されます。

F3RP62用 VxWorks BSP(SFRD21-JCW)

F3RP62用 VxWorks BSPは、RTOS-CPUモジュールでVxWorksシステムを動作させるためのボードサポートパッケージ(ソフトウェア部品)です。
VxWorks(リアルタイムOS)の開発環境であるWorkbenchに本ソフトウェアを追加することにより、F3RP62で動作するためのVxWorksシステムの構築が可能になります。

 

機能

  • 表示器接続サービス
    パソコンリンクコマンド(弊社仕様)による表示器接続サービスです。Ethernet/RS-232Cポート経由、パソコンリンクモジュール/Ethernetインタフェースモジュール経由での接続に対応しています。表示器以外のパソコンソフトなどともパソコンリンクコマンドで通信可能です。
     
  • PLCデバイス対応
    シーケンスCPUの内部デバイスなどをシミュレートします。PLC用の表示器を簡単に接続するための支援機能です。
     
  • WideField2,WideField3接続サービス
    シーケンスCPUモジュールとのマルチCPU構成時に、自Ethernetポート経由でシーケンスCPUへのアクセスを行うことができます。
    (RTOS-CPUモジュール自身へのアクセスは行えません)
     
  • IEEE1394アクセス
    F3RP62に装備されているIEEE1394aを使用する場合のアクセスドライバです。使用するには別途プロトコルの実装が必要です。
     
  • PCIアクセス
    F3RP62に装備されているPCIを使用する場合のアクセスドライバです。ユーティリティ・モジュールとの通信に使用します。
     
  • Kernel Configuration対応
    主なドライバとサービスは、Workbench/VxWorksのKernel Configuration 機能によりプログラムレスで組込み可能です。

 

動作環境

  仕様
開発環境 WorkbenchTM 開発環境
Windows7 対応 :Workbench3.3/VxWorks6.4*1
WindowsXP 対応:Workbench2.6/VxWorks6.4*1
対応CPUモジュール F3RP62-2R/L1
F3RP62-2L/L1

*1 : ウインドリバー株式会社より購入。WorkbenchTM開発環境のOSへの対応状況は、ウインドリバー株式会社へお問い合せください。

CANインタフェースモジュールドライバ

CANインタフェースモジュール ドライバ・ソフトウェアパッケージ(CAN プロトコル版)は,e-RT3 2.0専用ユーティリティモジュールのドライバ,および通信ライブラリを含んだソフトウェアパッケージです。
CANインタフェースモジュール(形名:F3UM11-0N / F3UM12-0N)を使用するために必要なソフトウェアを提供します。

 

機能

  • Wind River CAN APIをサポート
    リアルタイムOSのVxWorksには,CAN用に開発されたWind River CAN APIが用意されています。本パッケージで提供するドライバは,このWind River CAN APIに対応しているので,Wind River社より提供されるマニュアル/サンプルコードがそのまま利用できます。
     
  • ユーザアプリケーション用MS LED / NS LED 操作ライブラリの提供
    ユーザアプリケーションでMS LED / NS LED の点灯,消灯が可能です。アプリケーション開発においてCAN通信プログラムの通信状態を外部に伝える手段として使用すれば,メンテナンスやデバッグで有効に利用できます。

 

注意事項

本ドライバ・ソフトウェアパッケージのインストールだけでは,上記機能を利用することはできません。
必ずCANインタフェースモジュール(F3UM11-0N / F3UM12-0N)と合わせてご使用ください。
 

動作環境

  仕様
モジュール F3UM11-0N, F3UM12-0N
開発環境 Wind River Workbench 2.6,および3.3 / VxWorks 6.4*1
供給メディア サポートページからのダウンロード
(RTOS CPUモジュールVxWorks BSPの年間パスポート購入者へWeb無償配布)
対応CPUモジュール F3RP62-2R/L1, F3RP62-2L/L1
対応BSP SFRD21-JCW R1.07以降

*1 : ウインドリバー株式会社または同社代理店より購入。WorkbenchTM 開発環境およびVxWorksリアルタイムオペレーティングシステムの詳細は,ウインドリバー株式会社または同社代理店へお問い合わせください。

多チャネルRS 通信モジュールドライバ

SFUM13-JW* は,多チャネルRS通信モジュール用のドライバパッケージです。
本ドライバパッケージと多チャネルRS通信モジュールを使用することで,複数のシリアルポートを使用したシリアル通信アプリケーションを構築することが可能です。

 

機能

  • データ送信/受信
    データの送受信が行えます。データ送信では,ブレーク信号の送信も可能です。
    データ受信では,行単位またはキャラクタ単位の設定が行えます。送受信のFIFO バッファの状態も参照可能です。
     
  • 各種設定
    ソフトウェアから通信速度,キャラクタ長,ストップビット,パリティの設定可能です。
     
  • フロー制御
    DTR・DSR制御線を操作することにより,ハードウェアフロー制御が行えます。

 

注意事項

本ドライバパッケージは,SFRD21-JCW(R1.02以降)/SFRD11-JCW(R2.01 以降)にアドオンする形で作成されています。本ドライバパッケージ単体でのインストールでは,上記機能は利用できません。なお,ご利用の際には必ず,多チャネルRS通信モジュール(F3UM13-2N)が必要となります。
 

動作環境

  SFUM13-JWV(VxWorks対応) SFUM13-JWL(Linux対応)
モジュール F3UM13-2N
開発環境 WorkbenchTM 開発環境(Workbench 3.3/VxWorks 6.4)*1 Linux 開発環境(RedHat 系)*2
供給メディア サポートページからのダウンロード
(RTOS CPUモジュールVxWorks BSPの年間パスポート購入者へWeb無償配布)
対応CPUモジュール F3RP62-2R/L1 / F3RP62-2L/L1 F3RP61-2R/F3RP61-2L
対応BSP SFRD21-JCW R1.02 以降*3 SFRD11-JCW R2.01 以降*4

*1 : ウインドリバー株式会社または同社代理店より購入。WorkbenchTM 開発環境およびVxWorks リアルタイムオペレーティングシステムの詳細は,ウインドリバー株式会社または同社代理店へお問い合わせください。
*2 : 動作確認済みディストリビューションはRedHat 系のFedora12 です。
*3 : 本ドライバパッケージが対応しているBSPはSFRD21-JCWのR1.02以降です。
*4 : 本ドライバパッケージが対応しているBSP はSFRD11-JCW のR2.01 以降です。

BSPやドライバパッケージなどのソフトウェアは、会員制サイトPartner Portalよりダウンロードいただけます。(要ユーザ登録)

⇒ e-RT3ユーザサポート(Partner Portal) 

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください


お問い合わせ
トップ