空気分離装置のエンジニアリング -STARDOM計装システム-

大陽日酸株式会社 logo
ダウンロード (362 KB)

空気分離装置のエンジニアリング -STARDOM計装システム-

鉄鋼や化学工業、エレクトロニクスなど多くの産業に酸素、窒素、アルゴンをはじめさまざまな産業ガスを安定供給する大陽日酸株式会社。
今回は、空気分離装置の制御を行うSTARDOMをご紹介します。

ユーザ紹介

大陽日酸株式会社は、明治43年、酸素ガスの製造販売会社として創立されました。プラント事業では、1935年(昭和10年)、わが国で初めて空気分離装置の国産化に成功し、以来、空気分離装置のトップメーカとして数々の実績を誇り、世界各国にも輸出を行い、高い評価を得ています。
また、独立行政法人科学技術振興機構の委託開発事業により、空気分離装置の技術を応用し、世界初の酸素蒸留による酸素同位体18O分離装置の実用化に成功しました。2004年より「Water-18O」の商品名で世界へ向け販売を開始しました。
最先端のガン診断方法として注目されている、PET検査(陽電子放射断層撮影)造影剤の重要な原料であるWater-18Oを、本装置では世界最高濃縮度で生産することができます。

所在地 : 〒210-0861 神奈川県川崎市川崎区小島町6-2

太陽日酸株式会社 STARDOM事例

 

空気分離装置とは

空気分離装置とは、大気中の空気を原料に窒素/酸素/アルゴンなど高濃度の単体気体(主要工業ガス)を精製する装置です。
空気からCO2や湿気などを取り除いた後に冷却液化し、液化空気に含まれるガスの沸点 (液体から気体に変わる温度)の違いを利用し、液化窒素/酸素/アルゴン等に分離します。
これらの気体は主に製鉄所/半導体工場の生産ライン/製造プラントなどで使用されます。大量に使用されるお客様には、ガスの供給センターを工場に隣接設置し、常に安定した供給を行っています。
そのため、生産ライン/製造プラントが稼動している間、空気分離装置は24時間365日”絶対に止まらない”信頼性の高さが求められます。

太陽日酸株式会社 STARDOM事例

導入の背景と狙い

安定操業とエンジニアリングの効率アップが現状の課題でした。
空気分離装置は止まることが許されない装置のため、信頼性の高い計装システムを検討する必要があります。空気分離装置の計装にはDCSのもつ高度制御機能を必要とする大きなプラントもありますが、中小規模プラントでDCSレベルの高度制御機能を必要としないものも数多くあります。簡易的なPLC計装でもなく、DCSでもなく、ちょうどその中間のレベルで簡単にプロセス制御を行える計装システムを探していました。
さらに空気分離装置は納める装置ごとにプロセスフローが少しずつ異なり、その都度、設計変更・エンジニアリングが必要となるため、いかに効率よくシステム構築できるかということが常に求められています。
このような背景があり、システムの検討を始めました。

太陽日酸株式会社 STARDOM事例
中央監視室
VDS操業画面

太陽日酸株式会社 STARDOM事例
制御盤内
自律型コントローラFCN

STARDOMを選んだ訳

今回、数ある計装システムの中からSTARDOM計装を導入した経緯としては下記の4点が挙げられます。

  • エンジニアリング手法がIEC61131-3規格に準拠しているため、国内外を問わず構築手法をエンジニアが理解しやすく、保守に至るまで弊社で容易に行うことができること。
  • ソフト・エンジニアリングツールのロジックデザイナは、高機能部品(アプリケーションポートフォリオ)が充実しており、容易に高度な制御機能構築が可能であり、また、弊社独自のノウハウも簡単に部品化できるため、エンジニアリング標準化が可能であること。
  • 安定操業のための、システムの二重化構成(コントローラの電源・CPU・ネットワークの二重化)が可能であること。
  • オペレーション機能にはWebブラウザが採用されており、遠隔監視にも容易に対応可能であること。

以上のように、現状の課題である安定操業、エンジニアリングの効率化という問題点が改善され、満足するシステムであるということがSTARDOM計装を選んだ決め手となりました。

太陽日酸株式会社 STARDOM事例

導入システム

空気分離装置のプロセスの概要は以下のようになります。

太陽日酸株式会社 STARDOM事例

空気分離装置に組み込まれる標準的なSTARDOMシステム構成例です。

太陽日酸株式会社 STARDOM事例

導入の結果と今後の展開

大陽日酸株式会社
オンサイト・プラント事業本部
プラントエンジニアリングセンター 設計部 P&I課

太陽日酸株式会社 STARDOM事例
課長 池田 雅博 様

太陽日酸株式会社 STARDOM事例
嶋村 功 様

今回の装置では、STARDOM計装を導入したことにより、試運転の調整、現場でのループチェックの時間が大幅に削減されました。試運転の時は細かい修正作業が発生します。IEC61131-3規格の開発言語を用い自分で制御ループを構築しているので、自分で制御ロジックの修正ができる、そしてInternet Explorerの入ったパソコンがあれば、簡単にWebで操業画面のチェックが行えます。現場に持ち込んだ汎用パソコンでループチェックができる!この時、Webの良さ・便利さを感じました。
さらに、STARDOMの導入目的であった安定操業と自動操業を達成し、大変満足しています。
今後は、STARDOM計装のソフト構築経験を生かし、技術者全員のエンジニアリング能力をレベルアップしていきたいと考えます。

会社概要

住 所 〒142-8558 東京都品川区小山1-3-26 東洋Bldg.
設 立 明治43年
2004年(平成16年)10月1日 大陽日酸株式会社 誕生
事業内容 産業ガス、医療関連、エレクトロニクス関連、プラントエンジニアリング、LPガス
URL http://www.tn-sanso.co.jp/jp/index.html

関連製品&ソリューション

PLC計装システム

高信頼の二重化システムからタッチオペレーションパネルを用いた現場での操作監視まで、お客様の用途や規模に合わせて各種PLC計装システムをご選択いただけます。

生産システム構築ソフトウェア VDS

各種I/O機器からのデータ収集・保存、高精細なグラフィック画面による操業といった従来の機能に加え、先進のアーキテクチャにより生産ラインの稼働状況を的確に把握でき、安定した操業を実現するWeb ベースのSCADAソフトウェアです。

自律型コントローラ FCN-500

「高信頼」「機器統合」「ネットワーク」「エンジニアリング」「運用・保守」の5つのコアコンピタンスを引き継ぎ、さらに「より速く、より強く、よりスマートに」をコンセプトに進化した二重化システムを実現した最新コントローラです。

中小規模向け計装システム(STARDOM)

中小規模向け計装システム STARDOMはコントローラやHMI等のオープンなコンポーネント群を、ネットワーク上で統合する計装システムです。柔軟性あるエンジニアリング環境により 高信頼の二重化システムからタッチオペレーションパネルを用いた現場での操作監視まで、各種PLC計装システムを実現します。

トップ