工場の電力使用量把握と無駄の発見、そして自社ショールームでの InfoEnergy 活用法

株式会社ガスター logo

工場の電力使用量把握と無駄の発見、そして自社ショールームでのInfoEnergy活用法

株式会社ガスター様は、工場全体の電力使用量の把握と無駄を見つけるためにInfoEnergyを導入されました。
その後、さらに活用の幅を広げ、自社ショールームの製品販売ツールとしてInfoEnergyを導入し、活用されています。
今回は、ガス器具製造工場からショールームまで幅広く活躍するInfoEnergyをご紹介します。

ユーザ紹介

ガスターは「お湯のある快適な暮らし」を提供するガス給湯器の総合メーカーです。昭和34年に関東ガス器具として創立。 バランス型ふろがまを発表し、住宅公団に納入を開始しました。

給湯事業、TES事業、住宅設備商品事業、空調事業の4事業部を柱とし、その生産を支える大和本社工場では、毎日の快適な住空間の創造工場として、品質向上に向けた製品づくり、環境保全に配慮した製品づくりを心がけ、常に最新の技術とノウハウで暮らしの豊かさをサポートしています。

近年は、地球温暖化防止に貢献するCO2排出量が少なく効率の良い給湯器の開発・製造に注力し、省エネ給湯機器「エコジョーズ(高効率型給湯器)」 の普及に努めています。

所在地 : 〒242-8577 神奈川県大和市深見台 3-4

株式会社ガスター ショールーム 株式会社ガスター ショールーム

InfoEnergy導入の背景と現場施工例 [工場編]

株式会社ガスター 佐藤 芳則 様 萩森 玲三 様 橋本 純 様
株式会社ガスター [2008年11月18日 インタビュー]
生産技術部 工機グループ
設備管理チーム
佐藤 芳則 様
[工場編]
  空調営業本部
東部営業所
所長 萩森 玲三 様
[ショールーム編]
  生産技術部 工機グループ
設備管理チーム
リーダー 橋本 純 様
[工場編]

2年前に工場全体の受配電設備の改修があり、そのタイミングでInfoEnergyの導入をしました。

計測をスタートして工場内の製造ラインごとの電力使用量が見えるようになりました。 実際に測り、データを見て気付かされることがたくさんありました。正直、「こんなに使っているのか・・・」と驚きました。電力使用量が多いことはある程度想像はしていましたが、想像以上でした。省エネの取り組みの第1歩として「まず測る」ことの大切さを実感しました。

InfoEnergyを導入する前は「無駄な電気を削減しましょう!」、「こまめに電源を切りましょう!」と訴えても、なかなか実行に移してもらうことができませんでした。導入後に、InfoEnergyの日報・月報データを各生産ラインのチームごとに見てもらいました。

自分の働いているラインが具体的にどれだけ電気を使っているのかを目の当たりにすると、納得していただくことができ、やはり、「削減しよう!」と意識が変わりますね。作業が終わり帰るときなど、皆さんが自主的にブレーカの電源まできちんと落として帰ってくれるようになりました。まずは機器の待機電力が削減でき、InfoEnergyを導入したことによる大きな削減効果となりました。

工場側 InfoEnergy設置状況

工場側 InfoEnergy設置状況

InfoEnergy (FCN)

InfoEnergy (FCN)

工場側 受配電盤

工場側 受配電盤

受配電盤内設置電力モニタ(UPM)

受配電盤内設置電力モニタ(UPM)

InfoEnergy導入の背景と現場施工例 [ショールーム編]

ガスターの空調事業部では、ガスヒートポンプエアコン(以下、GHPと記載)を取り扱っており、販売・施工・メンテナンスまでの一貫したサービスを行っています。

GHPは、弊社のショールーム[ガスタジオWings]において展示を行っています。
GHPは、ガスエンジンでコンプレッサを回す余力で、電力を発電しています。発電した電力はショールームでも使用しています。GHPをお客様に紹介するときは、電気エアコンとCO2排出量を比較計算しています。 GHPの方がCO2排出量が少なく、対環境性が良いのですが、ショールームで具体的な数値で見る方法がないか?と考えていました。

同じ発電ということで、太陽光発電システムはどうなっているのだろう?と調べたところ、数値を見ることのできるツールが製品と一緒に付いてくるということがわかりました。これをGHPにも流用できないかと見積もりを取ったところ、とても購入の難しい金額となってしまいました。

また振り出しに戻ってしまい、1から検討していたところ、弊社の生産技術部で工場に導入したInfoEnergyという製品があると聞き、それではどうだろうと思い、話を聞いてみました。

発電量や消費電力量などの数値を簡単にCO2換算表示できることがわかり、これならば、GHPの良さをわかってもらえる!ということでショールームにInfoEnergyを導入することになりました。

現場施工例と今後の展開 [ショールーム編]

ショールームへのInfoEnergy設置は、導入すると決まってからすぐに工事を始め、 グラフィック画面の作成、FCJの設置・配線工事など、完成までを非常に短期間で行うことができました。

短期間で行うことができた理由は、画面の作成から配線工事に至るまでの全工程において、ガスター社で行えたことがとても大きいと思います。今回は、グラフィック画面作成は初めて作成したにもかかわらず、3~4日間で完成しました。InfoEnergyはソフトの作り直しが簡単なことと、測定数の設定などが簡単にできることがいいですね。画面の仕様変更などを専門の方にお願いすると、期間も費用もかかります。そうなると今回のように短期間で行うことはできなかったと思います。

また、ショールームの設備品などの購入は予算の捻出に苦労しますので、すべてが自分で行えるとなれば、短期間でしかも低コストで実現できるのでとても助かります。

ショールーム側 InfoEnergy設置状況

ショールーム側 InfoEnergy設置状況

InfoEnergyの画面を、さらに大型モニタに表示。GHPの発電量をリアルタイムに表示し、ショールームの来場者にアピール!

InfoEnergyの画面を、さらに大型モニタに表示。
GHPの発電量をリアルタイムに表示し、
ショールームの来場者にアピール!

ショールーム屋外設置のGHP

ショールーム屋外設置のGHP

GHP発電量&建物消費電力量表示 CO2排出量での表示画面

GHP発電量&建物消費電力量表示  CO2排出量での表示画面

運用をスタートしてから便利だなと感じるのは、自分のパソコンからもInfoEnergyの画面へアクセスができますので、世田谷のオフィスから大和市のショールームのデータも見ています。GHPの稼働/停止も行っています。

今後の展開としては、グラフィック画面において、電気の流れが動画で見えるようにしたいと思っています。また、屋外にWebカメラを設置して、カメラの映像をInfoEnergyの画面に表示していきたいと考えています。ショールームの外にGHPの本体があるので、雨の日などはお客様を外にお連れするのではなく、InfoEnergyの画面上で外の様子をご覧いただくようにしていきたいと考えています。

今後もさまざまなアイデアを取り込み、InfoEnergyを活用し、製品の販売活動に貢献していきたいと思います。

導入システム

以下は、InfoEnergyの導入システムです。

株式会社ガスター システム構成図


株式会社ガスター システム構成図

会社概要

株式会社ガスター

住所 〒242-8577 神奈川県大和市深見台 3-4
設立 1959年(昭和34年)8月17日
資本金 24億5千万
事業内容 ガスふろ釜・給湯機器、空調機器、住宅設備機器、TES事業
URL http://www.gastar.co.jp/

関連製品&ソリューション

省エネ支援システム InfoEnergy

InfoEnergyは、省エネ活動を支援する、段階的に投資可能な分散型EMS(エネルギーマネジメントシステム)です。現場に分散した自律型コントローラにEMS機能を搭載、これらの情報をWebブラウザで統括監視することができるほか、設備の管理や省エネ制御まで可能です。

自律型コントローラ FCN-500

「高信頼」「機器統合」「ネットワーク」「エンジニアリング」「運用・保守」の5つのコアコンピタンスを引き継ぎ、さらに「より速く、より強く、よりスマートに」をコンセプトに進化した二重化システムを実現した最新コントローラです。

中小規模向け計装システム(STARDOM)

中小規模向け計装システム STARDOMはコントローラやHMI等のオープンなコンポーネント群を、ネットワーク上で統合する計装システムです。柔軟性あるエンジニアリング環境により 高信頼の二重化システムからタッチオペレーションパネルを用いた現場での操作監視まで、各種PLC計装システムを実現します。

トップ