残留塩素計 RC400G

上水道をはじめ各種の用水処理系における塩素処理は、給水中に生息する微生物、菌類、藻類,貝類などを死滅させ、その用水の用途に適した水質を得ることが目的です。しかし、過剰の塩素投入は、上水道では塩素臭の水、工業用水では配管の腐食、放流水では河川への有害物の放出などの弊害を生じる原因になります。そのため塩素投入時に残留塩素計によって塩素濃度を測定し、監視・制御することが重要です。

RC400G残留塩素計は、浄水場のすべてのプロセス管理、工場・工業用水設備の管理(冷却水・飲料水)、大型ボイラの水質管理に適しています。回転電極式ポーラログラフ法を採用、また試薬を使い分けることにより、残留塩素(遊離塩素+結合塩素)と遊離塩素を分離して測定することが可能です。

特長

変換器

  • 校正はワンタッチで簡単
  • 校正時に自動的に検出器自己診断(ゼロ点・スロープ・応答性)
  • 出力レンジはスパンがは0~1 mg/lから0~10 mg/lまで現場で任意に設定可能、また2レンジリモート切り替えが可能
  • 出力信号は折れ線出力可能
  • 電極間加電圧/電流特性の確認が容易であり、アプリケーションに適合する設定に変更が可能

検出器

  • 回転電極/ガラスビーズ洗浄により効果的な連続自動洗浄を実現
  • 結合塩素の濃度が極めて高い測定水に対しては、結合塩素対策が可能(遊離塩素用)
  • 接触子には安全な摺動式コンタクトを採用
  • 保守が容易な(洗い易い)セル構造を実現
  • 電源やサンプルを止めずに電極部のメンテナンスが可能

サンプリング装置

  • 測定水の汚れの状態に応じて、洗浄装置の選択が可能
  • 信頼性の高い定量ポンプで試薬注入量を安定的にコントロール

 

測定原理

回転電極式ポーラログラフ法

 

アプリケーション

  • 浄水場のすべてのプロセス管理
  • 工場、工業用水設備の管理(冷却水・飲料水)
  • 大型ボイラの水質管理
測定対象 水中の遊離塩素(Free塩素)または残留塩素(Total塩素)
測定範囲 0~10 mg/l
温  度 0~50°C
pH pH3~9
導電率 制限なし
流  量 1~4 l/min  浄水用
5~10 l/min  砂炉過1筒式
10~20 l/min  砂浜過2筒式
圧  力 20~500 kPa
繰返し性 2%
直線性 ±3%
ドリフト ゼロドリフト:±1%/月以内
スパンドリフト:-5%/月以内
応答時間 90%応答時間で表示
浄水用:約3分
原水用、海水用:約4分
下水道2次処理水用:約4分
保守中、校正中、洗浄中および異常発生のとき、出力信号を直前の測定値またはあらかじめ設定した値に保持することができます。
設置場所:屋内(屋外設置には、別途防雨処理が必要です) 周囲温度:-10~55℃  (ただし、測定水および試薬が凍結する場合は、凍結対策が必要) 周囲湿度:5~95%RH (ただ...
RC400Gの校正について
(an-rc400-10-calibration)
校正は、使用開始の時および長時間の運転休止後の運転再開時に行います。 また、運転中も定期的(1ヶ月に1度程度)に校正を実施してください。 (1)校正前のならし運転 校正は、...
測定槽への通水が停止になり、測定槽内の水がなくなると、「Err13」(測定槽内液切れ)が出ます。エラーがでると、〈FAIL〉ランプが点灯し、アナログ出力はホールドできます。 このま...
良好な運転状態を保つための主な点検・保守項目と推奨周期を下表に示します。 実施周期は個々の運転条件により変わりますので、下表を目安に適切な周期で実施してください。 ...
RC400Gのレンジ切替え機能について
(an-rc400-07-range-switching)
レンジ切替えは、リモートまたはびローカルで2レンジ切替えまでできます。 リモート切替えは、リモートレンジ切替え用接点入力を使用します。
RC400Gの接点出力について
(an-rc400-08-contact-output)
保守中や異常を知らせる接点出力が2点用意されています。 接点出力M1、M2:保守中 接点出力F1、F2 :異常
RC400Gの測定水の条件について
(an-rc400-02-water-condition)
装置入口での条件 測定水温度:0~50℃ 測定水圧力:20~500 kPa 測定水流量:    1~4 L/min(浄水用の場合)    5~10 L/min(砂ろ過1筒式原水用の場合)   10~20 L/min(砂ろ過2...
RC400Gのアナログ出力について
(an-rc400-06-analog-output)
アナログ出力は、4~20mA DC(負荷抵抗550Ω以下)または1~5V DC(出力抵抗300Ω以下)1点です。 出力レンジは、測定範囲内で任意に設定可能です。
砂ろ過器洗浄用の洗浄水(水道水)の装置入口での条件と消費量は下記の通りです。 なお、消費量は流量や配管の状態、および周期や時間設定などにより異なります。 水質:浄水 圧...
測定水から発生するハロゲンガスの侵入によって、電極機構部およびポンプ駆動機構部が腐食するのを予防するため、これらを収納している容器内をエアパージします。エアパージ用の...
遊離塩素(Free塩素)測定の場合、測定液中に結合塩素が混入している場合は、遊離塩素に反応して流れる拡散電流に、結合塩素に反応して流れる拡散電流が重畳するため、出力は遊離塩...
JIS K 0101「工業用水試験方法」および日本水道協会「上水試験方法」では、残留塩素の定量法として手分析によるDPD比色法と滴定法(DPD法、ヨウ素法、電流法)が定められています。 し...
残留塩素とは?
(an-chlorine-01)
日本水道協会「上水試験方法」では、残留塩素を次のように定義しています。 「残留塩素とは、塩素処理の結果、水中に残留している有効塩素をいう。 次亜塩素酸、次亜塩素酸イオン...
FC400G無試薬形遊離塩素計は、主として浄水プロセスのろ過工程以降の水、および配水の遊離塩素を測定するのに適しています。試薬を使わない方式なので、保守費用が少なくて済みます...

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください


お問い合わせ
トップ