横河電機株式会社
横河ソリューションサービス株式会社

無試薬形遊離塩素計 FC800D, FLXA402T

浄水、配水の遊離塩素測定用 無試薬形タイプ

上水配水中の給水栓における遊離塩素は、水道法施行規則により0.1mg/l 以上存在するように定められています。
検出器 FC800Dと変換器 FLXA402Tで構成される無試薬形遊離塩素計は、浄水、配水、給水栓中の遊離塩素濃度管理に適しており、浄水場の他、配水管ネットワーク上のポンプ場、配水場、学校や公民館などの公共施設の測定箇所でご利用いただけます。

検出器 FC800Dは、従来機種で実績のある回転金電極式ポーラログラフ法を採用、検出器のデジタル化に伴いにより効率的な施設運営をサポートいたします。また、メンテナンス性の大幅な改善や、診断パラメータによる保守周期の提案によって予期せぬ製品故障による稼働停止を未然に防ぐなど、OPEX削減にも貢献いたします。

無試薬形遊離塩素検出器 FC800D 導入のメリット

 

汚れに強くメンテナンス性が大幅にアップした FC800D

汚れをよせつけない、回転電極+ビーズ連続洗浄

  • 測定中、電極はビーズの中で回転し続けることにより、連続的に自動洗浄を行っています。結果、汚れに強く、かつ長期的に安定した測定を実現します。

調整レスでらくらく交換、保守工数を削減

  • 新製品には調整が必要な部品はありません。また、部品点数も減らし、保守工数の削減を実現しました。
  • ブラシとスリップリングは、ワンタッチで装着可能な摺動コンタクトになりました。
  • モータは直動式なのでアクセス容易に、ギアヘッド、ベルト不要の構造です。
ビーズ洗浄方式

 

ストレスを感じさせないメンテナンス性の濁度/残塩用液分析計 FLXA402T

複数の検出器を接続可能

  • 1台で最大2本まで検出器を同時接続できます。
  • 検出器は、無試薬形遊離塩素検出器、濁度検出器の他、pH、導電率から選択可能です。

予期せぬ稼働停止を未然に防ぐ自己診断機能

  • モータの回転停止や液切れ検知します。
  • 検出器の状態(構成時のゼロ点・スロープ・安定性)を自己診断することで突然のトラブルを未然に防ぎ、メンテナンス時期を把握できます。

最適測定条件を容易に把握

  • 電極間加電圧/電流特性(プラトー特性)採取機能により、適用アプリケーションにおける最適測定条件を容易に把握できます。
安定した測定を実現
 

見やすいタッチスクリーン、わかりやすい操作性でマニュアル不要

  • 日本語、英語、ドイツ語、フランス語、中国語、韓国語、スペイン語、ポルトガル語の8言語に対応、慣れた言語での操作により、ストレスがありません。

見やすいタッチスクリーン、操作性がわかりやすくマニュアル不要

各種通信機能搭載

  • アナログ出力、デジタル通信 (Modbus RTUまたは Modbus TCP/IP) に対応しています。

 

構成

独自の回転電極方式で電極を清浄に保つ構造

ビーズによる連続自動洗浄により、汚れに強く安定した測定を実現

FC800D構造

  • スマートユニット: メインボード内蔵
  • 電極機構部: モータ、摺動コンタクトなど内蔵
  • ビーズケース: 洗浄用ビーズを収納
  • 流量調整用ニードル弁(FC800Dのみ)
  • 回転電極: 測定液中の塩素濃度に比例する拡散電流が流れます。また測定中、電極はビーズの中で回転し続けることにより、連続的に自動洗浄を行っています。結果、汚れに強く、かつ長期的に安定した測定を実現します。
  • 比較電極: 温度補償用のための測温抵抗体内蔵

アプリケーション

浄水、配水中、給水栓水の遊離塩素測定

  • 配水ネットワーク、ポンプ場、配水ポイント、学校および公共施設
  • 食品プロセスで飲料水を原料として使用する場合の水質管理に

例)水処理場の沈殿池と配水本管の残留塩素の管理

水処理場の沈殿池と配水本管の残留塩素の管理

詳細

無試薬形遊離塩素検出器 FC800D

測定対象 上水配水中の遊離塩素濃度(Free 塩素)
測定方式 回転電極式ポーラログラフ法
測定範囲 0~3mg/L(最小レンジ0-1 mg/L)
サンプル条件 温度 0 ~ 50℃(温度補償範囲 0 ~ 40℃)
pH 下記条件内で変動無きこと
pH 5.8 ~ 8.6(残塩値1 mg/L 以下の場合)
pH 6.5 ~ 7.5(残塩値1 mg/L を超え3 mg/L 以下の場合)
導電率 下記条件内で変動無きこと *
80 ~ 500 μS/cm( 残塩値1 mg/L以下の場合))
100 ~ 300 μS/cm(残塩値1 mg/Lを超え3 mg/L 以下の場合)
流量 0.1 ~ 2.5 L/min
圧力 1 ~ 150 kPa
SS (浮遊物質) 10 mg/L 未満
電源 100 ~ 240 V DC、50/60 Hz
デジタル通信 Modbus TCP/IP、Modbus RTU
設置 屋内(屋外での使用には雨からの保護が必要です。直射日光は避けてください。)
直線性 読み値の±5% または±0.05 mg/L のいずれか大きい方
繰返し性 読み値の±1% または±0.01 mg/L のいずれか大きい方

*導電率が上記範囲を超える場合には、加電圧設定を変更して測定する必要があります。

 

濁度/残塩用液分析計 FLXA402T

第1入力 残塩
第2入力 残塩、濁度、pH、導電率より選択可
出力信号 4-20 mA DC, 2出力または4出力より選択可
通信 RS485(Modbus RTU)または、Ethernet(Modbus TCP/IP)より選択可
自己診断機能 モータの回転停止、液切れ検知、検出器状態(校正時のゼロ点・スロープ・安定性)
画面 QVGA 液晶カラータッチパネル
8言語対応(日本語、英語、中国語、フランス語、ドイツ語、韓国語、ポルトガル語、スペイン語)

関連情報

残留塩素とは?
(an-chlorine-01)
日本水道協会「上水試験方法」では、残留塩素を次のように定義しています。 「残留塩素とは、塩素処理の結果、水中に残留している有効塩素をいう。 次亜塩素酸、次亜塩素酸イオンなどの遊離型有効塩素を遊離残留塩素、モノクロラミン、ジクロラミンなどの結合型有効塩素を結合残留塩素という。」 すなわち、遊離残留塩素と結合残留塩素の両者を合わせたものを残留塩素と呼んでいます。 また、遊離残留塩素をFree塩素、残留塩素をTotal塩素と呼ぶこともあります。 ...

ドキュメント&ダウンロード

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください

お問い合わせ

トップ