残留塩素計 RC400G

上水道をはじめ各種の用水処理系における塩素処理は、給水中に生息する微生物、菌類、藻類,貝類などを死滅させ、その用水の用途に適した水質を得ることが目的です。しかし、過剰の塩素投入は、上水道では塩素臭の水、工業用水では配管の腐食、放流水では河川への有害物の放出などの弊害を生じる原因になります。そのため塩素投入時に残留塩素計によって塩素濃度を測定し、監視・制御することが重要です。

RC400G残留塩素計は、浄水場のすべてのプロセス管理、工場・工業用水設備の管理(冷却水・飲料水)、大型ボイラの水質管理に適しています。回転電極式ポーラログラフ法を採用、また試薬を使い分けることにより、残留塩素(遊離塩素+結合塩素)と遊離塩素を分離して測定することが可能です。

特長

変換器

  • 校正はワンタッチで簡単
  • 校正時に自動的に検出器自己診断(ゼロ点・スロープ・応答性)
  • 出力レンジはスパンがは0~1 mg/lから0~10 mg/lまで現場で任意に設定可能、また2レンジリモート切り替えが可能
  • 出力信号は折れ線出力可能
  • 電極間加電圧/電流特性の確認が容易であり、アプリケーションに適合する設定に変更が可能

検出器

  • 回転電極/ガラスビーズ洗浄により効果的な連続自動洗浄を実現
  • 結合塩素の濃度が極めて高い測定水に対しては、結合塩素対策が可能(遊離塩素用)
  • 接触子には安全な摺動式コンタクトを採用
  • 保守が容易な(洗い易い)セル構造を実現
  • 電源やサンプルを止めずに電極部のメンテナンスが可能

サンプリング装置

  • 測定水の汚れの状態に応じて、洗浄装置の選択が可能
  • 信頼性の高い定量ポンプで試薬注入量を安定的にコントロール

 

測定原理

回転電極式ポーラログラフ法

 

アプリケーション

  • 浄水場のすべてのプロセス管理
  • 工場、工業用水設備の管理(冷却水・飲料水)
  • 大型ボイラの水質管理
測定対象 水中の遊離塩素(Free塩素)または残留塩素(Total塩素)
測定範囲 0~10 mg/l
温  度 0~50°C
pH pH3~9
導電率 制限なし
流  量 1~4 l/min  浄水用
5~10 l/min  砂炉過1筒式
10~20 l/min  砂浜過2筒式
圧  力 20~500 kPa
繰返し性 2%
直線性 ±3%
ドリフト ゼロドリフト:±1%/月以内
スパンドリフト:-5%/月以内
応答時間 90%応答時間で表示
浄水用:約3分
原水用、海水用:約4分
下水道2次処理水用:約4分

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください


お問い合わせ
トップ