リアルタイムOSコントローラ (e-RT3)

「日経 xTECH EXPO」 デジタルものづくり 2018

「日経 xTECH EXPO」デジタルものづくり2018に出展します。 本展示会は、製造業の意思決定者に向け、ものづくりのプロセスとバリューチェーンをデジタル技術で変革し・・・

詳細はこちら

デジタルものづくり2018

エッジコンピューティング・プラットフォーム

IIoTを構築する上で有用なエッジコンピューティング。
「e-RT3 Plus」はリアルタイム制御を必要とする様々なソリューションを実現する、IIoT時代のプラットフォームです。

詳細はこちら

エッジコンピューティング・プラットフォーム

  • e-RT3は、各種製造装置や生産設備などに組み込んで使用することを目的に開発したコントローラです。
    「ボード」と「PLC」の強みを融合した、次世代コントローラです。

  • ベースモジュールは、モジュールをセットするための台となるモジュールです。
    5~16スロット用がありますので、システム構成に合せてお選びください。

  • 電源モジュールは、各モジュールに電源を供給するモジュールです。ベースモジュール1台ごとに、電源モジュールが1台必要です。

  • フリーでオープンな「Linux」, 高いシェアを誇る「VxWorks」のリアルタイムOSに対応したモジュールを用意しています。

  • ユーティリティモジュールはPCIバスを使用しており、高パフォーマンスを生み出します。

  • 入力モジュール、出力モジュール、入出力モジュールがあります。様々なタイプを用意しておりますので、用途に合わせてご利用ください。

  • AD変換入力モジュール、DA変換出力モジュール、温度調節・PID モジュール、温度モニタモジュール、断線検出モジュールがあります。用途に合わせてご利用ください。

  • 情報系、制御系、デバイス系、高速リモートI/O、シリアル通信など、各種ネットワークをサポートしています。
    用途に合わせてご利用ください。

  • FAバスモジュールは、分散配置を必要とするシステムを構築するためのインタフェースモジュールです。

  • パルス出力形、速度指令電圧出力形、トルク制御用、MECHATROLINK-II、III対応などの位置決めモジュールがあります。用途に合わせてご利用ください。

  • リアルタイムOS CPUモジュールで各システム(Linux / VxWorks)を動作させるためのボードサポートパッケージ(BSP)です。

  • 様々な分野のスタンダードなミドルウェアの活用で、世界標準を実現します。

  • e-RT3の周辺機器です。
    e-RT3と共にお使いください。

  • お客様専用のI/Oモジュールを、お客様ご自身の手で自由に開発できます。

概要:

2015年の梶田博士のノーベル賞受賞で注目が集る素粒子物理学。2008年には小林博士、益川博士がノーベル賞を受賞しています。そのとき実証実験が行われたのが高エネルギー加速器研究機構のKEKBという施設です。
物質を構成する基本粒子クォークが6種類あれば「CP対象性の破れ」が説明できる、という小林益川理論の実証に貢献しました。この施設では20年以上も前から横河のPLCを採用いただいています。

概要:

装置の中に診断ロジックを組み込んだエッジコントローラ(e-RT3 Plus)を装着し、そこで解析処理を行うことで装置が自身の状態を判断し、整備が必要な時には自分で申告することができるようになります。
既設設備に少し手を加えるだけで異常診断できる仕組みを構築できるため、インフラ投資を抑えることができます。

概要:

検査工程において、計画~運転~解析の作業を自動化することで効率的に検査業務を行ったり、検査に関する情報をクラウドで共有することで、さまざまな場面で検査データを活用することができます。

概要:

e-RT3 Plusを生産管理システムなどのゲートウェイコントローラ(セルコントローラ)として使用することができます。
e-RT3 Plusをゲートウェイとして使用することで、脱PC・脱Windowsの堅牢なシステムを構築できます。

概要:

e-RT3 Plusにプリインストールされている"Apache2"(OSS)を使えば、e-RT3 PlusをWebサーバとして使うことができます。
Webアプリケーションを作成してe-RT3 Plusに組込めば、Ethernet接続しているPCのブラウザからWebアプリにアクセスできます。

例えば、各設備のトレンドデータをWeb上に表示するアプリを作成すれば、温度や圧力などのリアルタイムデータを遠隔監視できます。設定値を超えたらアラームを出したり、あるデータの時系列変化を見て設備の劣化診断を行ったり、といった使い方ができます。

アプリケーションノート
概要:

e-RT3のCANインタフェースモジュールを使用すると、プロトコル変換器を介さずにCANインタフェースを持つ機器と直接接続することが可能です。自動車のモータ、インバータや二次電池の性能・耐久試験を行うための評価システムの構築が容易になり、お客様の開発スピード向上に貢献します。

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください


お問い合わせ
トップ