PLCでCAN通信

概要

CAN (Controller Area Network)は、電子機器同士を接続する通信規格で、国際標準化機構(ISO)によって標準化され、自動車の電子制御装置(ECU)とモータ、インバータなどの車載装置間のバスを中心に普及し、二次電池分野でも採用が増えると言われています。 

車載装置や二次電池の性能・耐久試験では、お客様が設定した負荷パターンや温度パターン通りにコントローラから発信される指示に応じて稼働している試験対象品の温度、電圧、電流、回転数、トルクなどを測定します。

e-RT3のCANインタフェースモジュールを使用すると、プロトコル変換器を介さずにCANインタフェースを持つ機器と直接接続することが可能です。自動車のモータ、インバータや二次電池の性能・耐久試験を行うための評価システムの構築が容易になり、お客様の開発スピード向上に貢献します。

また、当社製品である計画・運転・解析支援パッケージ「TriForts™(トライフォーツ)」を組み合わせることで、試験条件の設定や稼働状態の監視も容易になります。

事例_CAN通信

 

CAN通信システムを容易に実現

プログラミング言語にC言語を採用しているPLC(プログラマブル・コントローラ)として、業界で初めてCAN通信プロトコルに対応しました。

e-RT3のCANインタフェースモジュールを使用することで、プロトコル変換器を介さずに、CANインタフェースを持つ機器とコントローラを直接接続することが可能になります。システムの構築が容易で、通信も高速になります。
また、e-RT3のCPUモジュールとCANインタフェースモジュール間をPCIバスで接続しているため、測定データを最大データ転送速度133MB/秒と高速に処理できます。

ラダー言語のPLCでCAN通信したい方は、プログラマブルコントローラ(FA-M3V)パートナー製品をご覧ください。

特長

  • ISO11898で規格されている高速CANに対応。125kbpsから1Mbpsまでの通信速度に対応しています。
  • プロトコル変換機器を介さずにコントローラと直接接続が可能です。
  • e-RT3用のドライバを用いることで、簡単にCAN通信を実現できます。
  • CAN対応製品の評価システム構築が容易になり、スマート化(小型・高速化)を実現できます。
  • プログラミングによりCAN通信対応機器の操作が可能です。

 

CAN通信システムの用途

  • 自動車関連市場および二次電池関連市場(性能・耐久試験を行う評価システム用コントローラ)
  • スマートグリッド市場(充放電を行う系統用蓄電池システム用コントローラ)
  • 計測・運転・解析支援パッケージ「TriForts」との組合せで各種工程の自動化システムの構築も可能

 

e-RT3の構成

ハードウェアはVxWorks対応のCPUモジュール(F3RP62)とCANインタフェースモジュール(F3UM11/F3UM12)が必要です。
ソフトウェアはCANインタフェースモジュールドライバパッケージ(SFUM11-JWV)が必要です。
その他、e-RT3の基本構成(ベース、電源、IO等)が必要です。製品の詳細は各製品ページでご確認ください。

 

e-RT3の構成

関連製品&ソリューション

e-RT3について

e-RT3は、各種製造装置や生産設備などに組み込んで使用することを目的に開発したコントローラです。
「ボード」と「PLC」の強みを融合した、次世代コントローラです。

リアルタイムOSコントローラ (e-RT3)

YOKOGAWAのリアルタイムOSコントローラ(e-RT3)は、各種製造装置や生産設備などに組み込まれることを目的に開発したコントローラです。
各種リアルタイムOSに対応し、お客様のソフトウェア資産を最大限に活用することができます。

トップ