横河電機株式会社
横河ソリューションサービス株式会社

ペプチド医薬品原薬製造のペプチスター株式会社に出資、業務提携契約も締結 ~フロー合成システム開発を共同で推進、ペプチド医薬品原薬の安定供給に貢献~

2020年12月1日発表

 横河電機株式会社(本社:東京都武蔵野市 代表取締役社長:奈良 寿)は、ペプチド医薬品原薬製造のペプチスター株式会社(本社:大阪府摂津市 代表取締役社長:亀山 豊)との間で、同社への出資およびペプチド医薬品原薬製造システムにおける業務提携に関する契約を締結しましたのでお知らせします。本業務提携により、両社は共同開発契約を視野にペプチドフロー合成システム開発を推進していきます。

 横河電機は、2015年からペプチド原薬生産の製造装置となるフロー合成システムの研究開発に取り組んでいます。ペプチスター社とシステムの最先端製造技術を共同開発することで、ペプチド医薬品原薬の安定供給・ペプチド医薬品創出に貢献していきます。また、当社のフロー合成システムの事業化におけるパートナーを得ることは、今後のニーズを的確にとらえた製品開発につながり、ペプチド原薬製造のデファクトスタンダードとなることが期待できます。

 さらに、ペプチド医薬品ソリューションを将来的に事業化することによって、当社が目指すライフイノベーション事業において、低分子医薬からペプチド(中分子)医薬、そしてバイオ抗体医薬まで、幅広い医薬品生産ソリューションを提供することが可能になります。

 現在の医薬品には、主として低分子医薬品(第一世代)と抗体医薬品(第二世代)があります。これらの医薬品の欠点を補完する機能をもつ中分子医薬品であるペプチド医薬品は、第三世代医薬品と呼ばれ、今後、ペプチド原薬製造の市場の拡大が予想されています。横河電機は、ペプチド医薬品の創出・生産に今後必要とされる連続フロー化学合成技術を中心に開発を進めています。

ペプチスター株式会社の概要

 ペプチスターは、ペプチドリーム株式会社、塩野義製薬株式会社、積水化学工業株式会社の3社の出資により、2017年9月に設立されました。同社は、国内に点在する各種最先端技術を戦略的に集約することで、ペプチド医薬品原薬の創出および安定的な供給体制の確立を目指しています。

  • 設立:2017年9月
  • 代表取締役社長:亀山 豊
  • 事業内容:特殊ペプチド原薬の製造受託
  • 所在地:大阪府摂津市
  • ホームページ :https://peptistarinc.com/

関連ページ

以上

本文中で使用されている会社名、団体名、商品名、サービス名およびロゴ等は、横河電機株式会社、各社および各団体の登録商標または商標です。

本件に関するお問い合わせ

トップ