中国浙江省の大型石油化学プラント建設プロジェクト向けにプロセスガスクロマトグラフ「GC8000」190台を受注

2018年3月8日発表

 横河電機株式会社(本社:東京都武蔵野市 代表取締役社長:西島 剛志)は、子会社である横河電機(中国)有限公司(本社:上海 社長:戴 煜)が、浙江(チェーチアン)石油化工有限公司から、同社が浙江省の舟山緑色石化基地で進めている石油化学プラントの第1期建設プロジェクト向けに、プロセスガスクロマトグラフ「GC8000」を受注しましたので、お知らせします。

ガスクロマトグラフ「GC8000」
ガスクロマトグラフ「GC8000」

 石油精製・石油化学会社である浙江石油化工は、浙江栄盛(ロンション)石化股分有限公司、巨化(ジュファ)集団公司、桐昆(トングン)集団股分有限公司、舟山(ショウザン)海洋総合開発投資有限公司4社の合資会社として2015年6月に設立されました。浙江石油化工が進めている石油化学プラントは、年4,000万トンの原油処理能力を備える大規模なものです。プラントは2期に分けて建設され第1期建設プロジェクトでは年2,000万トンの原油処理能力の製油所や年産140万トンのエチレンプラントなどを建設し、2018年12月から稼働する予定です。

 横河電機(中国)は一つのプロジェクト向けに納入するプロセスガスクロマトグラフ「GC8000」としてはYOKOGAWAで過去最高の190台を第1期プロジェクト向けに納入する予定です。「GC8000」は、多種の成分が混合した気体や揮発性の液体を成分ごとに分離し、各成分の濃度を測定する分析装置です。

 今回の受注にあたっては、「GC8000」の高い品質と中国の石油精製プラントや化学プラントで使用されてきた実績などが評価されました。当社は今回の受注を弾みに、「GC8000」をはじめとするプロセス分析システムの拡販とプロセス分析計システムインテグレーションビジネスを拡大し、コーポレート・ブランド・スローガンであるCo-innovating tomorrow®のもと、お客様の製品品質の向上に貢献していきます。

以上

本文中で使用されている会社名、団体名、商品名等は、各社又は各団体の登録商標または商標です。

本件に関するお問い合わせ

関連製品&ソリューション

プロセスガスクロマトグラフ GC8000

優れた操作性を持つ12インチの大型カラータッチパネルや、幅広いアプリケーションに対応するフレキシブルなマルチオーブン構造など、測定効率の向上に重点をおいて開発した新世代のプロセスガスクロマトグラフです。
新たに開発したGCモジュールにより、1台で複数同時分析を可能にしました。

トップ