オマーンの石油化学コンプレックス建設プロジェクト向けアナライザハウスを受注 ~プロセスガスクロマトグラフ「GC8000」75台を受注~

2017年5月29日発表

 横河電機株式会社(本社:東京都武蔵野市 代表取締役社長:西島 剛志)は、子会社である韓国横河電機が、オマーン国営石油精製・石油化学公社であるOman Oil Refineries and Petroleum Industries Company (以下ORPIC)による、オマーンのリワ・プラスチック・インダストリアル・コンプレックス建設プロジェクト向けにアナライザハウス15棟を受注しましたのでお知らせします。

ガスクロマトグラフ「GC8000」
ガスクロマトグラフ「GC8000」

 リワ・プラスチック・インダストリアル・コンプレックス建設プロジェクトは、ORPICがオマーン北部沿岸ソハールで進めている、大型石油化学プロジェクトです。YOKOGAWAは、年間処理能力約80万トンのナフサ分解装置とユーテリティ設備の設計・調達・建設業務(EPC)を請け負う、米国大手建設会社Chicago Bridge & Iron Company N.V.(CB&I)と台湾大手エンジニアリング会社CTCI Corporationのジョイントベンチャーから、プロセス分析計とサンプリング装置から成る分析システムと、それらを収納するアナライザハウス15棟を受注しました。本プロジェクトにおける分析システムの中核は、多種の成分が混合した気体や揮発性の液体を成分ごとに分離し、各成分の濃度を測定するプロセスガスクロマトグラフで、YOKOGAWAの「GC8000」が採用されました。1プロジェクト向けに納入するプロセスガスクロマトグラフ「GC8000」としては、YOKOGAWAで過去最高の75台を納入します。韓国横河電機が、アナライザハウスの生産とシステムインテグレーションを行い、エンジニアリング、納入、および試運転を含むプロジェクト全体の遂行は、アナライザハウス構築に関する経験が豊富なヨコガワ・エレクトリック・インターナショナル(所在地:シンガポール)とヨコガワ・ヨーロッパ・ソリューションズB.V.(所在地:オランダ)がプロジェクトをサポートします。アナライザハウスは、2018年第3四半期までに納入します。リワ・プラスチック・コンプレックスは、2020年第1四半期の稼働を予定しています。

 今回YOKOGAWAは、ガス分析計や液分析計に関する高度な専門知識、アナライザハウス構築に関するノウハウ、および「GC8000」が世界各地の石油精製プラントや化学プラントで使用されてきた実績が認められました。近年、石油や天然ガス、石油化学、化学などの分野では、ガスクロマトグラフを用いてガス成分を分析し、製品品質を高めたいというニーズが高まっています。当社は今回の受注を弾みに、「GC8000」をはじめとするプロセス分析システムの拡販とプロセス分析計システムインテグレーションビジネスを拡大し、お客様の製品品質の向上に貢献します。

以上

関連ページ

本件に関するお問い合わせ

関連製品&ソリューション

プロセスガスクロマトグラフ GC8000

優れた操作性を持つ12インチの大型カラータッチパネルや、幅広いアプリケーションに対応するフレキシブルなマルチオーブン構造など、測定効率の向上に重点をおいて開発した新世代のプロセスガスクロマトグラフです。
新たに開発したGCモジュールにより、1台で複数同時分析を可能にしました。

トップ