組み込みコントローラe-RT3 用「マンマシンインターフェース対応CPUモジュール」発売のお知らせ

2011年12月26日発表

 横河電機株式会社(本社:東京都武蔵野市 代表取締役社長:海堀周造)は、半導体製造装置や電子部品・電子機器組立て装置などへの組み込みコントローラe-RT3™ (イーアールティースリー)用に、「マンマシンインターフェース対応CPUモジュール」を開発、12月27日から販売を開始しますので、お知らせします。
 グラフィックユーザーインターフェース(GUI)作成用アプリケーションソフトウエアQt(キュート)※1に業界で初めて対応し、e-RT3にGUI機能を容易に付加できます。このため、モニターに直接表示できるようになり、GUI機能を担うプログラマブル表示器や汎用のコンピュータ(PC)が不要になります。

e-RT3
e-RT3

開発の背景

 半導体製造装置や電子部品・電子機器組立装置には、装置を制御する組み込みコントローラとは別に、監視操作画面などのグラフィックユーザーインターフェース(GUI)機能を担うプログラマブル表示器や汎用のコンピュータ(PC)が搭載されています。
 組み込みコントローラにGUI機能を付加すれば、装置にプログラマブル表示器やPCを搭載する必要がなくなりコストを削減することができます。そこで、組み込みコントローラへ容易にGUI機能を付加できるよう、GUIプログラムソフトとして広く利用されているQtに対応したCPUモジュール※2を開発しました。

製品の特長

  1. 組み込みコントローラとして業界初のQt(キュート)対応
    GUI機能をプログラミングするアプリケーションソフトウエアとして定評のあるQtに組み込みコントローラとして初めて対応しました。Qtに対応してユーザーインターフェース開発環境が整備されたことでモニターと接続しやすくなり、PCからの置き換えをスムーズに行えます。
  2. 安定動作と高信頼性を確保した製造工程管理用コントローラ
    マンマシンインターフェース対応CPUモジュールに今年4月に発売した組み込みデータベース機能を搭載できるので、組み込みコントローラとしてだけではなく、従来PCが担っていた製造工程管理用コントローラとしても活用できます。組み込みコントローラの長所である安定動作と高信頼性を確保した製造工程管理が可能になります。

主な市場と用途

  • 半導体製造装置、電子部品組立装置、電子機器組立装置、LCD製造装置の組み込みコントローラ
  • 半導体など各種工場のセルコントローラ(製造工程管理コントローラ)

e-RT3について

 e-RT3は、半導体製造装置などの各種装置の制御を行なう組み込みコントローラ。組み込みコントローラに使用される代表的なリアルタイムOS※3であるVxWorks®、NORTi® (iTRON)、WindowsCE®、OS-9、Linux®に対応。2004年11月にe-RT3を発売し、2007年10月には、上位機種「e-RT3 2.0」を発売。「e-RT3 2.0」は、小型な筐体に高速プロセッサ(PowerPC 533MHz)と豊富な外部インターフェースの搭載によって、装置の小型化、高性能化および高速化を実現した。

以上

※1 Qt(キュート)
Qtデベロップメントフレームワークスが開発した、C言語で書かれたGUI機能を開発するためのアプリケーションソフトウエア

※2 CPUモジュール
対応するリアルタイムOSはLinux®

※3 リアルタイムOS
リアルタイムOSは、要求時間内に目的の処理を終えることを重視したOS。パソコン用OSとは異なり、主に工作機械の制御装置に組み込まれる

関連ページ

本件に関するお問い合わせ

トップ