2002年横河技報[Vol.46 No.4]

ネットワークを活用した計測・制御機器特集号

制御計測ステーションCX1000/CX2000(PDF: 380KB / 4ページ)

  • 保 坂 勇 二 *2
  • 米 山 敏 昭 *2
  • 村 田 英 己 *1
  • 高 橋 宏 幸 *2

*1ネットワークソリューション事業部技術1部
*2ネットワークソリューション事業部技術2部

ペーパレスレコーダDAQSTATION DX100/DX200にPID制御を搭載した,制御計測ステーションCX1000/CX2000を開発した。 最大6ループの制御機能と20CHのアナログ測定入力を内蔵し,横河M&C社製ディジタル調節計Greenシリーズと通信経由で接続することにより, 更に16ループまでの制御の付加を可能とした。DXが装備する記録・監視画面・イーサネット通信機能に加え,各種制御監視画面・制御操作・ PLC通信用のラダー通信機能などを実装した。本稿ではその概要について述べる。


DAQLOGGER を中心とするPC ソフトウェア群(PDF: 272KB / 4ページ)

  • 小 渕 恵一郎 *1
  • 三 澤 豪 *1
  • 谷 詰 靖 宏 *1
  • 村 田 浩 紀 *1

*1ネットワークソリューション事業部技術2部

ペーパレスレコーダDAQSTATION DX100/DX200にPID制御を搭載した,制御計測ステーションCX1000/CX2000を開発した。 最大6ループの制御機能と20CHのアナログ測定入力を内蔵し,横河M&C社製ディジタル調節計Greenシリーズと通信経由で接続することにより, 更に16ループまでの制御の付加を可能とした。DXが装備する記録・監視画面・イーサネット通信機能に加え,各種制御監視画面・制御操作・ PLC通信用のラダー通信機能などを実装した。本稿ではその概要について述べる。


インターネットを利用したFA-M3 RのリモートOME機能(PDF: 157KB / 4ページ)

  • 松 岡 康 二 *1
  • 長谷川 聖 *2
  • 矢 作 貴 司 *1
  • 山 本 哲 也 *1

*1ネットワークソリューション事業部ITコントローラセンター技術部
*2ネットワークソリューション事業部ITコントローラセンターPMK部

近年インターネットが全世界に普及しており,インターネットを使用して情報交換が簡単に行えるようになってきた。レンジフリーコントローラFA-M3 Rは,従来Ethernetを使用したリモートOME(Remote Operation,Maintenance & Engineering)機能を提供してきたが,この度インターネット技術の一つである電子メール機能を利用した,新しい方式のリモートOMEを実現した。本報告では従来のリモートOME機能と共にこの新しい方式リモートOMEの概要と実現方法を紹介する。


レンジフリーコントローラFA-M3 Rの新機能(PDF: 32KB / 4ページ)

  • 山 本 哲 也 *1
  • 藤 本 晃 正 *1
  • 飯 塚 順 弘 *1
  • 田 中 義 雄 *1

*1ネットワークソリューション事業部ITコントローラセンター

レンジフリーコントローラFA-M3 Rは,毎年定期的なエンハンスにより新しい機能を継続的に提供しており,近年ではネットワーク機能を利用したリモートメンテナンス機能が好評である。今回さらに進化させたインターネットを利用したリモートメンテナンス機能を開発すると共に,開発効率アップ,装置のタクトタイム短縮を目指した新しい機能モジュールを開発した。インターネット機能を利用したリモートメンテナンス機能については本誌別稿で紹介するので,本稿では,それ以外の新しいモジュール,機能を紹介する。


21CFR Part11対応DAQSTATION DX100P/DX200P(PDF: 542KB / 4ページ)

  • 芳 野 康 裕 *1
  • 福 原 達 也 *2
  • 南 雲 靖 *1
  • 藤 田 保 之*3

*1ネットワークソリューション事業部技術2部
*2ネットワークソリューション事業部技術1部
*3ネットワークソリューション事業部PMK部

米国食品医薬品局FDAの規制条例21CFR Part11の要求を満たす,ペーパレスレコーダDAQSTATION DX100P/DX200PおよびそのアプリケーションソフトウェアDAQSIGNINを開発した。セキュリティ,オーディットトレイル面を大幅に強化し,米国のコンサルティング会社から適合の証明を受けるに至った。医薬品,食品業界における,品質・工程管理データの電子化を加速するものとして期待されており,既に多くの医薬品メーカでテスト運用を開始し,一部では本格採用されている。本稿では,21CFR Part11に適応するために要求される項目とDX-Pでの対応について述べると共に,リモコン入力,およびDX-P用のソフトウェアであるDAQSIGNINを紹介する。


ネットワーク温度調節計UT3000(PDF: 255KB / 4ページ)

  • 真 野 修 一 *1
  • 奈 良 浩 *1
  • 吉 田 宣 夫 *1

*1横河M&C株式会社

Ethernetに直結可能で,遠隔監視・操作,E-mailによる警報発報,定刻データ送信等の特長を持ち,多点の温度調節が可能なネットワーク温度調節計UT3000を開発した。本稿では,UT3000の特長・構成,およびEthernet のアプリケーションについて述べる。


クランプ電力計CW120/CW121(PDF: 219KB / 4ページ)

  • 河 崎 誠 *1
  • 船 木 一 夫 *1
  • 青 山 豊 *1
  • 北 島 昭 彦 *1

*1横河M&C株式会社

現場型クランプ入力式のディジタル電力計として,CW120(三相3線モデル)/CW121(三相4線モデル)と小口径電流クランププローブを開発した。省エネ効果の測定に必要な電力量測定に重点を置き,現製品CW140と同様の10kHzサンプリングで連続計測を継承しつつ,小型・低価格を実現している。また本器は,1秒間隔のデータ保存機能や,多彩なネットワークに対応可能な通信プロトコルを搭載し,より幅広い測定現場に対応できるようにした。電圧は100V系から400V系まで,電流は4種のクランププローブに対応し,CT2次側の5Aから最大1000Aまでのレンジを持っている。本稿ではその概要について述べる。


ディジタルパワーメータWT210/WT230(PDF: 350KB / 4ページ)

  • 中 西 弘 文 *1
  • 西 垣 直 也 *1
  • 橘 勝 也 *1
  • 品 川 貴 宣 *1

*1テスト&メジャメント事業部技術部

基本確度が0.2%,測定帯域がDCおよび0.5Hz~100kHzのディジタルパワーメータWT210/WT230 を開発した。従来機種のWT200/WT130の後継モデルで,WT210が単相モデル,WT230が三相モデルとなっている。従来機種の機能を継承しながら,確度向上,測定帯域拡大,入力範囲拡大等の基本性能向上を実現している。本稿では,その概要について述べる。


トップ