MLSS計 SS400G, SS300G

SS400G MLSS計は、発光部と受光部を搭載したMLSS検出部と、一目で数値が読みとれるデジタル表示のMLSS変換器及び各種ホルダで構成されています。従来の機器に比べ、扱い易い軽量コンパクト設計で、かつメンテナンスが行い易い構造となっています。

SS400G MLSS変換器は、500-20000 mg/l(ppm)と広範囲な測定範囲をカバーしています。また、マイクロプロセッサ搭載により、他のEXAシリーズと同様、多種の自己診断機能や警報接点出力などの機能が充実し、操作性も優れた変換器です。
SS300G MLSS検出器は、測定方式として透過光散乱光比較方式を採用し、光学系の配置にも考慮した設計となっています。これにより、外乱光の影響を受けにくい検出器となりました。また、付加仕様にてジェット洗浄を選択できますので、汚れのひどいアプリケーションでも連続的に安定な測定が可能です。

特長

変換器

  • 出力レンジが0-1000 mg/l から0-20000 mg/l と広範囲をカバー
  • 異なる2つのレンジが出力可能
  • 接点出力が豊富
  • 光源異常など自己診断機能が充実

検出器

  • 保守が容易な軽量・小型のプローブ形検出器
  • 光源及びディテクタの交換が原則不要
  • 外光の影響を削除できるパルス点灯方式
  • 界面での反射光の影響を受けにくい光学系の配置
  • ジェット洗浄装置を用意
  • フロート形ホルダをはじめ、アプリケーションに合った各種ホルダをラインナップ

 

測定原理

透過散乱比較方式(近赤外パルス点灯方式)

 

アプリケーション

  • 下水、工業排水などの処理プラントにおけるばっ気槽内の懸濁特質濃度(MLSS)測定に
  • 放流水の懸濁物質濃度(SS)測定に (ただし、中和反応処理施設や海水では使用できません)

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください


お問い合わせ
トップ