無試薬形遊離塩素計 FC400G

上水配水中の給水栓における遊離塩素は、水道法施行規則により0.1 mg/l 以上存在するように定められています。一方、遊離塩素が過剰に存在すると飲料水としておいしくない水となり、更に1 mg/l を越えると人体に有害であるともいわれています。水質管理において配水中の遊離塩素濃度の監視は重要な項目です。

FC400G無試薬形遊離塩素計は、浄水、配水、給水栓中の遊離塩素濃度管理に適しており、浄水場の他、配水管ネットワーク上のポンプ場、配水場、学校や公民館などの公共施設の測定箇所で使用されています。
回転金電極を用いたポーラログラフ法を採用し、遊離塩素濃度をオンライン連続測定します。

特長

変換器

  • 校正はワンタッチで簡単
  • 校正時に自動的に検出器自己診断(ゼロ点・スロープ・応答性)
  • 出力レンジは、0~1 mg/l から 0~3 mg/l まで現場で任意に設定可能
  • 出力信号は折れ線出力可能
  • 電極間加電圧/電流特性の確認が容易であり、アプリケーションに適合する設定に変更が可能

検出器

  • 回転電極/セラミックビーズ洗浄により、効果的な連続自動洗浄を実現
  • 接触子には安全な摺動式コンタクトを採用
  • 保守が容易な(洗い易い)セル構造を実現
  • 電源やサンプルを止めずに電極部のメンテナンスが可能

 

測定原理

回転電極式ポーラログラフ法 

 

アプリケーション

浄水、配水中、給水栓水の遊離塩素測定

  • ビル、マンション、共同住宅、学校、病院、公民館などの公共施設の水質管理システムに
  • 食品プロセスで飲料水を原料として使用する場合の水質管理に
測定対象 上水配水中の遊離塩素(Free塩素)
測定範囲 0~3 mg/l
温度 0~50°C
pH pH6.5~7.5
導電率 100~300 μS/cm
流量 0.1~2.5 l/min
圧力 1~150 kPa
100~750 kPa(専用サンプリング装置付きの場合)
繰返し性 2%
直線性 ±5%
ドリフト ゼロドリフト:±1%/月以内
スパンドリフト:-10%/月以内
応答時間 約2分(90%応答時間)

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください


お問い合わせ
トップ