設備保全管理システム

工場やプラントでは生産設備の高経年化や多様化、複雑化に対応するコストの増加、ベテランの減少、高齢化と次世代への技術伝承、環境問題への対応など課題が山積しています。
設備保全管理システム(CMMS)は、設備の安定稼動を最大化するために保全業務を支援し蓄積された保全データを解析することで、コストを最小化しながら効果的な保全業務を早期に実現するITシステムです。

  • eServは保全員の"考える保全"を支援します。 いつでも、どこでも、誰にでも使えてすぐに効果を実感できる、現場で働くひとりひとりが考え行動する、日本の保全スタイルを目指して作り上げたシステムです。

概要:

20年来のロングセラー商品、「蒟蒻畑」などが人気商品の株式会社マンナンライフ。製造設備の突発的な故障やライン停止の未然防止に向けた予防保全の取り組みの中でeServを2ケ月で導入。2年目を目標としていた基幹設備の予防保全を導入直後から実現しました。

業種:
概要:

大塚グループ企業の一つで、化学品の製造販売を手掛けています。eServ導入により、すべての設備情報が一元化され、生産機会損失の原因が明確になり対策の進捗まで全員でフォローできるようになりました。

業種:
概要:

水と環境に関する維持管理のパイオニアである水ing株式会社。eServを導入し、これまで施設ごととなっていた保全データの一元管理を実現。また、eServとASTERIA WARPを組み合わせたサブシステム構築により、オフライン点検や各種帳票フォームに柔軟に対応できるようになりました。

概要:

塩野義製薬株式会社では、サーバーおよびシステムの老朽化にともない約10年利用していた「設備保全管理システムeHOZEN」を、最新システムであるクラウド型eServに更新しました。

業種:

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください


お問い合わせ
トップ