横河電機株式会社
横河ソリューションサービス株式会社

エチオピアのアディスアベバ上下水道公社から上水道設備の統合管理システムを受注

2022年3月10日発表

 横河電機株式会社(本社:東京都武蔵野市 代表取締役社長:奈良 寿)は、子会社であるヨコガワ・ミドルイースト・アンド・アフリカ(本社:バーレーン 社長:重野邦正)がエチオピアの首都であるアディスアベバ市の水道事業を管轄するアディスアベバ上下水道公社(Addis Ababa Water and Sewerage Authority 以下AAWSA)より、上水道に関連する設備を統合的に監視し、管理するシステムを受注したことをお知らせします。施設の運用を最適化し、安定的に水を供給することで、確実な水へのアクセスに貢献します。

 アフリカ有数の都市であるアディスアベバ市は、急増する人口と経済成長により、水の需要が拡大を続けていますが、供給が追いついていない現状があります。社会、経済の発展のためにも、国を挙げて水に関わるさまざまな問題への取り組みを進めています。

 今回のプロジェクトにおいて、YOKOGAWAは貯水池、ポンプ場、浄水場、送配水管および関連設備を監視する複数の既存システムの改修、および新規システムの増設に加え、これらの上水設備全体を統合監視するSCADAシステムも新たに納入します。また、据え付け工事、現地の人材育成プログラム、数年間のアフターサポートといったサービスも合わせて提供し、プロジェクトの完了は2025年前半を予定しています。当社の先進的な技術がアディスアベバ市の上水道の状況をリアルタイムに可視化し、適切な管理と運用を支援することで、広域にわたる水の供給が効果的に行えるようになります。

 ヨコガワ・ミドルイースト・アンド・アフリカ社長の重野邦正は、次のように述べています。「上水道は産業や社会の基盤であり、限られた水資源が有効に利用されるようになることは、非常に重要です。エチオピアの人びとが直面している水の安定供給という課題が解決できるように、AAWSAと強く連携しながら、YOKOGAWAの技術やノウハウを積極的に活用していきます。」

※ SCADA (Supervisory Control And Data Acquisition):プロセスの監視、制御を行うシステムの一種。

以上

本文中で使用されている会社名、団体名、商品名、サービス名およびロゴ等は、横河電機株式会社、各社および各団体の登録商標または商標です。

本件に関するお問い合わせ

関連業種

  • ライフライン・上下水道

    国内外のライフライン事業を取り巻く社会環境は、人口問題、災害の変容、財政問題等大きく変化しています。
    YOKOGAWAは『測る力とつなぐ力』で、お客様の事業環境の変化と解決すべき課題に合わせた最適なソリューションを 提供し、新しい価値の創出に貢献してまいります。

    さらに見る

関連製品&ソリューション

  • 広域分散監視 SCADAソフトウェア (FAST/TOOLS)

    SCADAソフトウェア FAST/TOOLSは、IO点数が50点程度の小規模なシステムから、数百万点規模の大規模なシステム、何千kmにも渡って設備が分散しているパイプラインシステムにいたるまで、多様な規模、形態のシステムに対応可能です。

    さらに見る

トップ