横河電機株式会社
横河ソリューションサービス株式会社

セネガル国営水道公社から配水管理システムを受注

2021年10月21日発表

 横河電機株式会社(本社:東京都武蔵野市 代表取締役社長:奈良 寿)は、子会社である横河ソリューションサービス株式会社(本社:東京都武蔵野市 代表取締役社長:八橋 弘昌)が豊田通商株式会社(本社:愛知県名古屋市 代表取締役社長:貸谷 伊知郎 以下 豊田通商)とともに、セネガル国営水道公社(Societe Nationale des Eaux du Senegal)より、配水管理システム構築を受注しましたのでお知らせします。本事業は独立行政法人国際協力機構(JICA)の円借款「マメル海水淡水化事業」の一部として行われるものです。
 本事業においてセネガル・ダカール州の配水網を監視するシステムを構築することにより、都市給水の安定化とサービスの改善を図ります。同国で配水管理システムを受注するのはYOKOGAWAとして初となります。

配水管理システムと測定設備のイメージ
配水管理システムと測定設備のイメージ
拡大

 ダカールは同国の産業活動の約8割が集積しており、近年、人口が増加しています。そのため生活で使える安全な水の供給能力の向上が課題となっており、同国は水源の多様化とともに漏水の削減に取り組んでいます。

 今回横河ソリューションサービスと豊田通商が受注した配水管理システムの構築によって、配水管網や安全な水へのアクセスを改善します。横河ソリューションサービスは、ダカール市内の配水管網の約200か所に、流量および圧力データを収集するセンサを設置し、漏水などの問題のあるエリアを特定できる配水管理システムを構築します。これにより、同事業の目標である配水時の漏水などによって失われていた水の削減年間200万トン以上、約7割だった24時間給水率の100パーセント達成などに貢献していきます。

 横河ソリューションサービスをはじめとするYOKOGAWAグループは、日本の上下水道分野での豊富な実績とノウハウを生かして、新興国、開発途上国の安全な水の供給改善に貢献します。

事業概要

所在地 セネガル共和国ダカール州
契約先 セネガル国営水道公社
契約概要 ダカール配水管理システム(構築)請負
・配水管監視システム
・漏水管理システム
・DMA(配水区域)遠方監視システム
・上記設備のトレーニング
完了予定 2024年前半

以上

本文中で使用されている会社名、団体名、商品名、サービス名およびロゴ等は、各社又は各団体の登録商標または商標です。

本件に関するお問い合わせ

関連業種

  • ライフライン・上下水道

    国内外のライフライン事業を取り巻く社会環境は、人口問題、災害の変容、財政問題等大きく変化しています。<br />
    YOKOGAWAは『測る力とつなぐ力』で、お客様の事業環境の変化と解決すべき課題に合わせた最適なソリューションを 提供し、新しい価値の創出に貢献してまいります。

    さらに見る

トップ