横河電機株式会社
横河ソリューションサービス株式会社

気候変動対策とウォータースチュワードシップにおいて 権威あるAスコアを獲得 ~環境を保護し、未来世代のより豊かな社会のために引き続きリーダーシップを発揮~

2020年12月9日発表

 横河電機株式会社(本社:東京都武蔵野市 代表取締役社長:奈良 寿)は、国際環境非営利団体CDPより、気候変動対策と水セキュリティ対策の2つのテーマにおいて権威あるAリストに選定されました。評価対象となった企業は約5,800社で、ダブルAを獲得した企業はその中の数社に留まります。その中で、ダブルAを獲得したことは、当社が気候変動対策と水セキュリティ対策において、目標設定、行動、透明性の点で世界をリードしていることを意味しています。

 CDPの年次の環境情報開示と評価プロセスは、企業の環境情報開示におけるグローバルスタンダードとして広く認知されています。2020年度は、合計の運用資産106兆米ドルに達する515社の機関投資家と、4兆米ドルの調達資金を持つ約150社の企業がCDPのプラットフォームを通じた環境情報開示を求め、過去最高の約9,600社が情報を開示しました。

 CDPは、詳細で公平な評価方法を用いて、開示の包括性、環境リスクの認識と管理、高い目標の設定などの環境分野における先進的な取り組みを伴うベストプラクティスの実践などを基準に、対象企業にAからDのスコアを付与しています。

CDP 気候変動対策 Aスタンプ

CDP 水セキュリティ対策 Aスタンプ

 横河電機代表取締役社長の奈良寿は、次のように述べています。「昨年に続いて水セキュリティ対策が評価されたことに加え、今回初めて気候変動対策でもAリストに選定されたことを光栄に思います。気候変動は、近年の気象関連の自然災害の頻度やその深刻さからも明らかなように、人間社会にますます深刻な影響を及ぼしています。サステナビリティへの取り組みを通じて、今後も世界中のお客様を始めとするステークホルダーと連携し、資源不足や気候変動などの課題に取り組んでいきます。」

 日本最大の風力発電設備での制御システムの実装から、サウジアラビアの主要な送水パイプラインの監視システムの提供まで、YOKOGAWAは、未来世代のより豊かな社会のために、2050年に向けて、Net-zero emissions、Well-being、Circular economy の実現を追求していきます。

 CDP チーフ・エグゼクティブ・オフィサーのポール・シンプソン氏は、次のように述べています。
 「本年度のAリスト企業すべてにお祝い申し上げます。環境情報開示や環境行動において先駆的であることは、コロナ禍において事業をより一層際立たせる最も重要な行いの内の一つです。気候変動、森林減少、水不足に起因するビジネスリスクは甚大であり、行動を起こすことにより不作為のリスクを凌ぐことができます。民間セクターの先駆的な取り組みは、さらなる政府の取り組みを促し、延いては、ネットゼロで持続可能な経済の実現に向けた世界規模での目標設定を現実のものとします。私どものAリストは、今日の行動により、そうした将来経済で秀でる準備のできている企業を称賛するものです。」

関連ページ

※CDPについて
CDPは、環境問題に高い関心を持つ世界の機関投資家や主要購買組織の要請に基づき、企業や自治体に、気候変動対策、水資源保護、森林保全などの環境問題対策に関して情報開示を求め、また、それを通じてその対策を促すことを主たる活動としている非営利組織である。2020年度は、運用資産規模で106兆米ドルに達する515社強の機関投資家と調達規模で4兆米ドルに達する150社強の購買組織がCDPの活動に賛同している。2020年度は、世界の時価総額50%強となる9,600社強の企業がCDPを通じて環境情報開示を行った。また、これに加え、数百の自治体もCDPを通じて環境情報開示を行っている。CDPは、現在、環境問題に関して世界で最も有益な情報を提供する情報開示プラットフォームの一つとなっている。また、CDPはWe Mean Business連合の創設メンバーでもある。詳しくは、次のページを参照されたい。
https://cdp.net/ja

以上

本文中で使用されている会社名、団体名、商品名、サービス名およびロゴ等は、横河電機株式会社、各社および各団体の登録商標または商標です。

本件に関するお問い合わせ

トップ