横河電機とオランダのExRoboticsが協業 ~危険な作業環境での設備点検作業へのロボット活用を加速~

2019年10月23日発表

横河電機株式会社
ExRobotics B.V.

 横河電機株式会社(本社:東京都武蔵野市 代表取締役社長:奈良 寿)と、危険な作業環境に対応するロボット技術を開発するExRobotics B.V.社(エックスロボティクス、本社:オランダ デルフト、CEO:イワン・デワード)は、ExRoboticsの点検ロボットハードウエアとソフトウエアプラットフォームを横河電機およびその子会社がグローバルで販売・導入するライセンス契約を締結したことをお知らせします。

 ExRoboticsは、遠隔地の過酷な環境にある石油やガスの生産・処理施設など、爆発性ガスが発生する環境で使用可能なロボット技術を商品化することを目的として2017年に設立されました。通常時は無人の設備であっても定期点検作業には人間が必要であるため、ロボットの配備は作業者のフィールド訪問を最少化し、安全確保に大きく貢献するとともに、運用コスト削減にもつながります。

 このような危険な環境で動作する装置は、IECEx※1ゾーン1の防爆認定を受ける必要があります。ExRoboticsのExR-1は、その厳しい要件を商用ロボットとして初めて満たしました。さまざまなセンサーとカメラが搭載可能で、4G LTEワイヤレスネットワーク機能も備えており、安全な制御室にいるオペレータが、ノートパソコン、タブレット、またはスマートフォンから監視および操作をすることができます。このロボットはモジュールレベルで認証されているため、必要な機能に応じてカスタマイズで構成することが可能です。ガス検知と自律走行のためのオプションモジュールも備えています。

 今回の契約において、YOKOGAWAはグローバルなお客様基盤と販売・サービス網を生かして、人による点検作業を避けたい海上、陸上の石油・ガス生産設備をはじめ、大規模な精製所や化学工場に、ExR-1および今後のExRobotics新製品の導入を図ります。

ExRobotics社ExR-1点検作業ロボット
ExRoboticsのExR-1 点検作業ロボット

 ExRoboticsオペレーションディレクターのイアン・ピヤレスは、次のように述べています。「YOKOGAWAとの協業により、この新しいテクノロジーを迅速に普及させ、オペレータがより安全に働ける環境を提供できると同時に、お客様の運用コスト低減に貢献することができます」。

 横河電機ライフサイクルサービス事業部長の田野口宏は、次のように述べています。 「現場で直面している安全、環境、コストに関する課題を解決できるサービスソリューションを、お客様は求めておられます。SPRINT Robotics Collaborative※2の共同メンバーであるExRobotics社の技術的アプローチは、YOKOGAWAが目指すロボット・サービス・プラットフォームの方向性と合致しています。将来的には先進的ソリューションの共同開発も検討してまいります」。

※1 International Electrotechnical Commission System for Certification to Standards Relating to Equipment for Use in Explosive Atmospheres (IECEx System)(IEC防爆電気機器規格適合試験制度)
※2 2015年に開始された業界主導の取り組みで、プラント設備の検査とメンテナンスにおけるロボット技術の開発、可用性、および適用を促進することを目的としています。

以上

本文中で使用されている会社名、団体名、商品名、サービス名およびロゴ等は、横河電機株式会社、各社および各団体の登録商標または商標です。

本件に関するお問い合わせ

トップ