【横河計測】お客様のさまざまな圧力計測ニーズを支援するディジタル圧力計「MT300」発売のお知らせ

2019年9月5日発表

 横河計測株式会社(本社:東京都武蔵野市 社長:山崎 正晴)は、測定機器の校正、電子機器の開発・生産、プラントメンテナンスなど、幅広い用途で使用されている当社のディジタル圧力計「MT200シリーズ」の後継機種として、正確さを保証する指標に圧力測定相対確度0.01%を追加し、かつ測定確度保証期間を延長したディジタル圧力計「MT300」を、9月6日に発売しますのでお知らせします。

ディジタル圧力計「MT300」
ディジタル圧力計「MT300」

開発の背景

 製品開発や生産工程においては、各種規格に基づく測定機器管理の重要性が高まっており、測定器の正確性を維持するため、定期校正の頻度が高まっています。また、さまざまな計測ニーズにおいて、品質管理やデータの有効性検証などのために長期にわたり繰り返しデータを収集することが重要視され、取得データの適切な管理と合わせてデータ収集方法の利便性が求められています。
 当社は長年にわたり、お客様の圧力計測のさまざまなニーズに応える製品を開発してきました。このたび、新しい計測ニーズに応えるため、性能を向上し、新機能を追加したディジタル圧力計「MT300」を発売します。

新製品の特長

  1. 豊富なレンジラインアップによる幅広い用途への対応実現
     MT300ではゲージ圧モデル、絶対圧モデル、差圧モデルの3モデルをラインアップしました。1kPa(キロパスカル)微差圧から、3,500kPaゲージ圧まで、9種類のレンジによりお客様の幅広い用途にお応えします。
    ●ゲージ圧モデル:4レンジ(10kPa、200kPa、1,000kPa、3,500kPa)
    ●絶対圧モデル:1レンジ(130kPa)
    ●差圧モデル:4レンジ(1kPa、10kPa、130kPa、700kPa)
  2. 高確度・長期安定性を実現
     MT300は、従来製品と同様にYOKOGAWA独自のシリコンレゾナントセンサを搭載しており、温度変化の影響を受けにくく、高い安定性、再現性によって、高確度の測定を実現します。また、長年にわたって従来製品で蓄積したデータにより裏付けられた長期安定性能から、MT300では圧力確度保証期間を6か月から12か月に延長するとともに、保証する圧力確度として、海外向けに保証していた圧力測定相対確度を追加しました。
    ●圧力測定相対確度*1:0.01%
    ●圧力確度保証期間:12か月
    *1 YOKOGAWAの作業用計測器に対する相対値
  3. さまざまな圧力計測を支援する豊富な機能を搭載
     標準仕様の表示桁数に対し分解能を1桁上げるオプションを追加しました。より精度の高い圧力計測や校正環境全体の不確かさ低減に貢献します。また、4台までの同期測定を可能にし、作業環境の大気圧揺動を排除するなど、測定データの精度向上を実現します。
     GP-IB、USB、イーサネットのインタフェースも標準搭載し、PCとの接続性を向上。データ収集方法の利便性を上げることで、作業効率の向上と、長期にわたって有効性を高められるデータ収集の実現に貢献します。

主な市場

校正機関、民間校正事業者、自動車、家電、医療機器メーカー、プラント・メンテナンス・サービス事業者、など

用途

校正業務における校正用基準器、各種機器の開発ツールおよび生産・検査ラインにおける検査基準器、プラントの保守保全業務における現場校正ツール

以上

本文中で使用されている会社名、団体名、商品名、サービス名およびロゴ等は、横河計測株式会社、各社および各団体の登録商標または商標です。

関連ページ

本件に関するお問い合わせ

トップ