横河電機株式会社
横河ソリューションサービス株式会社

東南アジアの製造業向けに経営資源を有効活用するERPソリューションを提供開始

2019年6月13日発表

 横河電機株式会社(本社:東京都武蔵野市 代表取締役社長:奈良 寿)は、日本国内で培った知識とリソースを活用し、東南アジア諸国の製造業のお客様向けに、ERP(基幹業務システム)ソリューションのマーケティング、販売およびエンジニアリングを専門に行う組織をシンガポールにある東南アジア地域統括会社とタイの子会社に設置し、7月1日より活動を開始しますのでお知らせします。

 YOKOGAWAは40年以上にわたり、東南アジアの製造業のお客様に、制御システムやフィールド機器をはじめ、操業効率や安全性を高める各種のソリューションを提供してきました。この間、東南アジアは製造分野で国際競争における存在感を高め続け、現在ASEAN諸国には、日本の上場企業だけでも約2,500の製造施設が存在します。近年では、製造業各社は、IT(情報技術)を利用して企業全体のデータをより適切に管理し、活用し、業務を可視化することで生産の効率化や意思決定の迅速化を図っています。

 YOKOGAWAは、日本国内で長年にわたり高い信頼を得ている制御技術とともに、企業経営を支えるITソリューションを産業界のお客様に提供し、実績を重ねてきました。このたび、ERPソリューションを東南アジア向けのポートフォリオに加えることで、製造現場のセンサや制御システムから、経営層向けのビジネスプランニング支援まで、東南アジアのお客様にも提供することが可能となります。

YOKOGAWAは2019年7月より、東南アジアで下記ソリューションのコンサルティング及びエンジニアリングの提供を開始します。

  • Dynamics 365 for Finance and Operations:Microsoft社のクラウド対応ERPソリューションであり、使い勝手の良さが特長
  • mcframe:東洋ビジネスエンジニアリング株式会社のERPパッケージであり、生産管理システム向けに最適
  • FLEXSCHE:株式会社フレクシェが開発した、生産計画立案者を強力に支援する生産スケジューラー
  • eServ:当社オリジナルのクラウド対応保全管理システム

 どのソリューションも、極めて柔軟性が高く、化学、石油、ガス、エネルギー産業から食品、医薬品、自動車製造業に至るまで、さまざまな産業におけるお客様のニーズに対応することができます。

 YOKOGAWAの東南アジア地域統括拠点であるYokogawa Engineering Asiaの宮本俊成社長兼CEOは、上記ソリューションの提供開始にあたって次のように述べています。「東南アジアのお客様は、それぞれの組織におけるグローバルスタンダードに沿って、自社工場や事業運営を最適化することを求められています。日本で蓄積したITソリューション導入の知識と経験を東南アジアに提供することにより、YOKOGAWAは、お客様のビジネスを変革するための戦略的なパートナーとして同地域のお客様を支援していきたいと考えています。」

以上

本文中で使用されている会社名、団体名、商品名、サービス名およびロゴ等は、横河電機株式会社、各社および各団体の登録商標または商標です。MicrosoftとDynamicsはMicrosoft CorporationのUSA及びその他の国での登録商標または商標です。

本件に関するお問い合わせ

関連製品&ソリューション

  • ERPソリューション

    長年にわたる製造業の現場のIT化に取り組んできた経験と知見を基に日本的商習慣に対応した基幹業務ソリューションを提供します。

     *ERP: Enterprise Resources Planning 基幹業務システム

    さらに見る

トップ