横河電機株式会社
横河ソリューションサービス株式会社

ペルーのProvisur海水淡水化プロジェクト向け制御システムを受注

2019年1月29日発表

 横河電機株式会社(本社:東京都武蔵野市 代表取締役社長:西島 剛志)の子会社であるヨコガワ・アメリカ・ド・スル(本社:ブラジル サンパウロ 社長:吉川 光)のペルー支店は、Técnicas de Desalinización de Aguas, S.A.(Tedagua、テダグア)※1から、ペルーの首都リマ南部サンタマリア地区で、リマ上下水道公社※2が計画中のProvisur(プロビスール)海水淡水化プロジェクト向け制御システムを受注しましたのでお知らせします。

 Provisur海水淡水化プロジェクトは、飲料水向けとしてはペルー初となる逆浸透膜方式※3海水淡水化プラント(日量約3万5,000立方メートル)で、これによりサンタマリア地区10万人の住民に24時間の飲料水の供給が可能になります。本プロジェクトでは、配水用と下水用パイプライン(全長260km)、下水処理プラント(日量1万5,500立方メートル)およびその海底放流パイプライン(全長780m)も新設されます。下水処理された水の一部は、地域の緑化用に再利用される予定です。リマを含むペルーの海岸地域は年間を通して雨のほとんど降らない砂漠性気候のため、このプロジェクトに対し、市民からは高い期待が寄せられています。

 YOKOGAWAが納入する主なシステムは、このプロジェクトの海水淡水化プラント、下水処理プラント、配水用と下水用パイプライン、海底パイプラインを監視制御するOpreX™ Control and Safety Systemのラインアップである統合生産制御システム「CENTUM™ VP(センタム・ブイピー)」とネットワークベース生産システム「STARDOM™(スターダム)FCN-500」です。これらの製品のエンジニアリング、試運転を含むプロジェクト全体の遂行は、ヨコガワ・アメリカ・ド・スルのペルー支店が行います。納入時期は2019年4月、プラントの稼働は2019年6月の予定です。

 すべての人々に水と衛生へのアクセスと持続可能な管理を確保することは、国連持続可能な開発サミットで採択された2030年に実現すべき持続可能な開発目標(SDGs)※4のひとつにも挙げられており、上下水道の普及は世界各地で喫緊の課題となっています。YOKOGAWAは、日本の上下水道、および海外の海水淡水化プラントでの豊富な実績とノウハウを生かして、南米を始めとする世界各地の水の安定供給と環境保全に貢献してまいります。

Provisur海水淡水化プラント(完成予想図)
Provisur海水淡水化プラント(完成予想図)

※1:スペインの大手建設会社ACSのグループ会社で、海水淡水化プラントなど水部門を担う。
※2:Servicio de Agua Potable y Alcantarillado de Lima S.A (SEDAPAL)
※3:海水に圧力をかけ、特殊な膜を透過させて塩分を除去し淡水を得る方式
※4:持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)は、国際社会が2030年までに貧困を撲滅し、持続可能な社会を実現するための重要な指針として、国連持続可能な開発サミットで設定された17の目標

以上

本文中で使用されている会社名、団体名、商品名、サービス名およびロゴ等は、横河電機株式会社、各社および各団体の登録商標または商標です。

関連ページ

本件に関するお問い合わせ

関連業種

  • ライフライン・上下水道

    国内外のライフライン事業を取り巻く社会環境は、人口問題、災害の変容、財政問題等大きく変化しています。YOKOGAWAは最新のIndustrial IoT技術と新たな運用アイディアを組み合わせ、ライフライン事業における“市民・自治体・企業を繋ぐソリューションサービスプロバイダ”としてライフライン事業の様々な課題に取り組んでまいります。

    さらに見る

トップ