OpreX Control and Safety System のラインアップとして、 2台のPCによる冗長化構成を実現するプラットフォームソフトウエアを開発 ~OpreX Controlのシステム全体の高可用性実現に貢献~

2018年11月5日発表

 横河電機株式会社(本社:東京都武蔵野市 代表取締役社長:西島 剛志)は、当社のOpreX™ Controlカテゴリーのシステム全体の可用性※1を一層高めるために、OpreX Control and Safety Systemのラインアップとして、PCをはじめとする汎用コンピュータによる冗長化構成を実現するプラットフォームソフトウエアを開発しましたのでお知らせします。第一弾として、このプラットフォームソフトウエアをOPCインタフェースパッケージ「Exaopc(エグザOPC)」と運転効率向上支援パッケージ「Exapilot(エグザパイロット)」に適用し、2019年3月に発売します。

 今後当社は、PCを冗長化するプラットフォームソフトウエアを当社のOpreX Controlカテゴリーのソフトウエアパッケージに順次適用し、お客様のプラントにおいて、高可用性システムの構築に貢献します。

開発の背景

 産業インフラを支えるシステムには、システム自体が故障せずに稼働する高信頼性に加え、何らかの異常や障害が発生した場合に備え、同じ機能や役割をもつ予備のハードウエアが平常時からバックアップとして稼働し、片方が停止した場合にもう一方に即座に切り替える、冗長化構成が求められます。当社の統合生産制御システム「CENTUM™ VP」、安全計装システム「ProSafe™-RS」、ネットワークベース生産システム「STARDOM™」は、高い信頼性に加え、高い可用性を実現するために、冗長化に対応した専用ハードウエアで提供しています。一方、製造実行システム(MES)などのアプリケーションが動作する汎用コンピュータの多くは、冗長化を可能にする仕組みを備えていません。そのため、冗長化構成が必要な場合は、冗長化の仕組みを持つ専用ハードウエアを採用するか、汎用コンピュータの場合はアプリケーションに冗長化の仕組みを個別に作り込む必要がありました。
 今回当社は、汎用コンピュータ上で活用されるアプリケーションソフトウエアもリーズナブルに冗長化してシステムの可用性を高めたいというお客様のニーズに対応すべく、2台の汎用コンピュータによる冗長化を実現するプラットフォームソフトウエアを開発しました。

プラットフォームの特長

  1. プラントに適した高可用性システムを実現
    石油、石油化学、化学などのプロセス産業のプラントでは、秒単位の周期でデータ収集や制御が行われています。PCを冗長化するプラットフォームソフトウエアは、異常発生時には1秒以内でコンピュータの切り替えを実現します。また、切り替え前のデータや状態が2台のコンピュータ間で同期されているので、複数の処理を順次実行していくシーケンス制御のような機能のシステムにおいても、異常時の切り替わり前後で処理を確実に継続します。そのため、データ欠損や制御への影響は極めて小さく抑えられます。これにより、重要インフラを担うシステムの動作環境としてPCを冗長化するプラットフォームソフトウエアを適用することで、高い可用性を実現することができます。
  2. システムをオンラインのままコンピュータの交換が可能で、長期安定運用に貢献
    PCを冗長化するプラットフォームソフトウエアにより冗長化された環境では、故障や老朽化により、コンピュータの交換が必要になる際にも、システムを止めることなくオンラインでコンピュータの交換を行うことができます。また、汎用コンピュータは、定期的にモデルがアップグレードしますが、当社が動作確認した機種であれば異なるモデル同士でも冗長化構成が可能です。これにより、お客様のシステムの長期安定運用と生産性向上に貢献します。

主な市場

電力、上下水道、工業用水、半導体、食薬、鉄鋼、紙パ、石油、石油化学、化学などプロセス製造業全般

用途

2台のPCの冗長化を実現し、高可用性システムの構築を支援するプラットフォーム

OpreXとは

 OpreXとは、制御事業の包括的ブランドです。お客様との価値共創を通じて培ってきたYOKOGAWAのテクノロジーとソリューションの卓越性を表し、YOKOGAWAの全ての制御関連製品、サービスとソリューションを包含しています。OpreX Transformation、OpreX Control、OpreX Measurement、OpreX Execution、OpreX Lifecycleの5つのカテゴリーから成り立ち、PCを冗長化するプラットフォームソフトウエアはOpreX Controlの製品・ソリューション群の一つであるOpreX Control and Safety Systemに属しています。OpreX Controlは、お客様の経営、操業、業務の変革に迅速に対応し、高効率、高品質、安全で安定した操業基盤を支える高信頼の制御テクノロジーを意味します。
 YOKOGAWAはこのブランドのもと、お客様のビジネス課題解決の視点で、お客様の変革と成長を支援する統合ソリューションを提供していきます。

※1 可用性は、システムが稼働できる時間の割合のことで、稼働率で表します。システムを冗長化構成にすることで、可用性の高いシステムを構築できます。

以上

本文中で使用されている会社名、団体名、商品名、サービス名およびロゴ等は、横河電機株式会社、各社および各団体の登録商標または商標です。

本件に関するお問い合わせ

関連製品&ソリューション

高可用性テクノロジー

YOKOGAWAの高可用性テクノロジーは、2台のPCの冗長化構成により、システム全体の高可用性実現と生産性の向上に貢献します。

トップ