インド・ラージャスターン州の上下水道情報中央管理システムを受注

2018年7月27日発表

 横河電機株式会社(本社:東京都武蔵野市 代表取締役社長:西島 剛志)の子会社であるヨコガワ・インディア(本社:バンガロール 社長:Sajiv Ravindran Nath)は、ラージャスターン州政府の所有するIT会社であるRajCOMP Info Services Ltd.(ラジコンプ・インフォ・サービス、RISL)から、州都ジャイプールに設置する上下水道情報中央管理システム(WIMS)を受注しましたのでお知らせします。数百万USドルに相当するこのプロジェクトは、インド政府が掲げるスマートシティ構想の一環です。システム設置、コミッショニング(調整)は2018年11月に完了し、その後、ヨコガワ・インディアは5年間にわたりオンサイトでの24時間体制の施設管理サービスを提供します。

 ラージャスターン州はインド最大の州です。上水道システムの現在の供給量は1日当たり37万トンを上回っていますが、人口の増加とともに需要は上昇し続けており、すでに多くの地域で供給が追いつかない状況に陥っています。このため、州の公衆衛生局としては、求められる質と量の水を提供することが困難となっています。上水道に関する情報収集のほとんどは手作業か、分散したSCADAシステムによって行われており、集中管理されていません。このため、測定頻度が少ない、記録データが不正確な場合がある、中央での意思決定が適切なタイミングで行われないなどの問題がありました。

 今回のプロジェクトは、州全体の上水道網と産業・公共用廃水処理施設の両方を監視する集中システムを確立し、資源活用の最適化とサービスの改善を図ることを目的としています。当社のSCADAソフトウエア「FAST/TOOLS™(ファスト/ツールズ)」のオープンで拡張性の高いアーキテクチャを活用し、100か所に分散している既存のSCADAシステムを単一のネットワークに統合します。ヨコガワ・インディアは、水道網の配水管理と分析のためのソフトウエアの実装、および現場作業員のためのモバイルアプリケーションの開発も担当します。ジャイプールの州立データセンターにWater Information Hub(中央指令センターとデータストレージ設備)を構築し、水量とエネルギー消費に関するデータを各SCADAシステムから定期的に収集します。新しい監視システムでは、上下水道インフラの状態と配水状況をダッシュボードにリアルタイムで表示します。このダッシュボードは、目的やユーザに合わせて最適化することが可能です。また、今後、需要が増大しても、監視システムは容易に拡張することができます。

 RISLの技術部長であるAnil Singh氏は、次のように述べています。「今回のプロジェクトで、YOKOGAWAは、適切な配水管理と省エネルギー対策に加え、上下水の予測分析を実現するためのフィールドデータの統合を行います。新システムの導入により、水も電気も大幅に節約できると期待しています」。

 ヨコガワ・インディアのRaman Garg(新規ソリューション・セールス・マネジャー)は、次のように述べています。「スマートシティ構想の一環として、インド政府は99都市で持続可能な都市開発モデルを推進しています。上下水道管理という重要なプロジェクトを担えることを誇りに思います。これまでに蓄積してきたインダストリアルオートメーションの技術とITを元に、この重要な社会インフラを長期的に支えてまいります」。

 ※ SCADA(Supervisory Control And Data Acquisition):監視、制御を行うシステムの1種

以上

本文中で使用されている会社名、団体名、商品名等は、各社又は各団体の登録商標または商標です。

関連ページ

本件に関するお問い合わせ

関連業種

トップ