OpreX Asset Operations and Optimizationのラインアップとして、高度制御ソリューション「Platform for Advanced Control and Estimation R5.02」を開発・発売 ~大規模なアプリケーションに対応、プラントワイドの最適化制御を実現~

2018年7月13日発表

 横河電機株式会社(本社:東京都武蔵野市 代表取締役社長:西島 剛志)は、OpreX™ Asset Operations and Optimizationのラインアップとして高度制御ソリューション「Platform for Advanced Control and Estimation R5.02」をシェルと共同で開発、7月17日から販売を開始しますのでお知らせします。
 これは、シェルが自社のプラント操業を通して培ってきた高度制御の技術と、横河電機が制御システムサプライヤーとして培ってきたリアルタイム制御技術を生かして開発したソフトウエアパッケージで、お客様の生産性の向上を支援するものです。今回当社は、現行製品「Platform for Advanced Control and Estimation R5.01」をバージョンアップし、プラントワイドの最適化とシステムの高稼働率の維持および運転員の負荷低減を支援します。

Platform for Advanced Control and Estimation R5.02
Platform for Advanced Control and Estimation R5.02
拡大

開発の背景

 高度制御システムは、通常の制御システムでは温度、流量、圧力などのプロセス値を目標範囲に維持することが難しい生産工程において、プロセス値を目標範囲内に維持して最適値により近づけ、製品収率の向上やエネルギー使用の効率化を実現するシステムです。昨今では、石油、石油化学はもとより、化学やLNGなどのプラントにおいても、高度制御システムの導入が進み、生産性向上に貢献する技術として高度制御への注目が高まっています。
 当社の「Platform for Advanced Control and Estimation」は、多変数モデル予測制御(プロセスの動特性をモデル化し、モデルによる予測結果に基づいて多変数の制御を行うシステム)、ソフトセンサ(温度、流量、圧力などのプロセスの測定値からリアルタイムに品質を推定するシステム)、およびユーザーがカスタマイズできる各種演算式を、同一のプラットフォーム上で構築、運用できるソフトウエアパッケージです。当社はお客様の最新のニーズに対応し、継続して機能強化を図っています。今回は、プラントワイドの最適化制御を実現したいというニーズと、システム導入後も長期間にわたって高い稼働率を維持したいというニーズに対応しました。さらに、省人化や操作監視範囲の拡大によって増大している運転員の負荷を低減したいという現場の課題に対し、操作性の向上を図りました。

機能強化の特長

  1. 大規模なアプリケーションに対応、プラントワイドの最適化制御を実現
     高度制御システムは、制御対象アプリケーションの規模が大きいほど大量のデータを処理するため、高速な演算処理能力が要求されます。従来製品は、中小規模のアプリケーションに対応し、工程単位での部分最適化制御を実現してきました。今回、演算処理能力をより高速化し、工程間をまたいだ大規模なアプリケーションを構築して一括して制御できるようになり、プラントワイドの最適化制御を実現します。
     また、高度制御の対象のプロセスに影響を与える、または影響を受ける他装置やユーティリティのプロセスデータも、測定値リストとして同じ画面で監視できるようになります。これまで運転員は、生産制御システムと高度制御システムのそれぞれの画面でデータを参照して運転情報として活用していましたが、これらを同じ画面で見ながら迅速に対応できるようになります。

    測定値リスト画面
    測定値リスト画面
    拡大

  2. 操業条件の変更や設備の経年変化に対してもシステムの稼働率を維持
    高度制御システムは、導入後の操業条件の変更や設備の経年変化による高度制御の効果の低下により、動特性応答モデルにずれが生じるため、モデルの再構築が必要です。「Platform for Advanced Control and Estimation」は、過去の任意の時点における、高度制御を実施した時の予測トレンド(閉ループ予測トレンド)と実測値のトレンドを重ね合わせて比較することで、ずれを簡単に把握できます。これに加えて、自動制御を解除した場合のプラントの挙動を予測するトレンド(開ループトレンド)も表示できるようになりました。運転員は、自動制御を解除した後のプロセスの動きを前もって把握できます。
  3. 操作性の向上で効率のよい操作・監視が可能
    画面の表示履歴から、過去に表示した画面をワンタッチで表示できるようになりました。また、よく表示する画面をお気に入り登録して、見たい画面にスピーディに展開できるようになりました。

表示履歴(ドロップダウンリスト)を含む監視操作画面
表示履歴(ドロップダウンリスト)を含む監視操作画面
拡大

主な用途

石油、石油化学、化学、ガスなどの連続プロセスをもつプラントにおける高度制御

OpreXとは

 OpreXとは、制御事業の包括的ブランドです。お客様との価値共創を通じて培ってきたYOKOGAWAのテクノロジーとソリューションの卓越性を表し、YOKOGAWAの全ての制御関連製品、サービスとソリューションを包含しています。OpreX Transformation 、OpreX Control 、OpreX Measurement 、OpreX Execution 、OpreX Lifecycle の5つのカテゴリーから成り立ち、「Platform for Advanced Control and Estimation」はOpreX Transformationのソリューションの一つであるOpreX Asset Operations and Optimizationに属します。OpreX Transformationは、企業活動全体を俯瞰し、生産からサプライチェーン、リスク管理や経営までの領域を含む卓越したオペレーションを実現する包括的ソリューションを意味します。
 YOKOGAWAはこのブランドのもと、お客様のビジネス課題解決の視点で、お客様の変革と成長を支援する統合ソリューションを提供していきます。

以上

本文中で使用されている会社名、団体名、商品名等は、各社又は各団体の登録商標または商標です。

本件に関するお問い合わせ

関連製品&ソリューション

Platform for Advanced Control and Estimation(高度制御ソリューション)

高度制御ソリューションは、エネルギー消費を抑え製品収率を改善することで、運転利益を生み出します。また、経済効果だけでなく、アラームの減少、手動操作回数が減らせるといったメリットも得られます。 
Advanced Regulatory Controlモジュール、多変数モデル予測制御、ソフトセンサーやAdvanced Monitoring & Diagnosisツールをコンサルティング・エンジニアリングサービスと併せて提供し、高度制御導入期間を劇的に短縮すると共に、ロバスト性に優れた制御性能を維持し保守を容易にします。

トップ